FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

羅臼岳登山~Ⅱ  

 昨日は結果的に終日小雨が降り続きました。
 今日は「海の日」ですが、曇で20度に届きそうもなく、「海の日?」というお天気。
 NPOのお手伝いで出かけますので、今日は予約投稿にしています。

 さて、羅臼岳登山の続きになります。ようやくトンガリ山の手前まで来ました。。。。
 今回も画像が多いので、花の画像はサムネを多くしています。m(_ _)m

 51s-TG3-20190712-091453-0.jpg
 ここから山頂まで1.2kmですが、後半の岩場が時間を要します。
 52s-TG3-20190712-092418-0.jpg
 ここは野営出来る場所ですが、テント内に食品があると危険なので、鉄製のロッカーに入れるようになってます。
 53s-TG3-20190712-092427-0.jpg
 知床半島の南側「羅臼温泉」からの登山道が交わる場所です。 数面がザックをデポして出かけています。
 仕分けが面倒なので、野付ウシはそのまま山頂へ向かいました。

 54s-TG3-20190712-093605-0.jpg
 前半はハイマツの中を進むことになり、一部を除き周りが見えなくなります。
 
 55s-TG3-20190712-meakankinbai-0.jpg 56s-TG3-20190712-meakanfusuma-0.jpg 57s-TG3-20190712-iwagikyo-0.jpg 58s-TG3-20190712-ezomarubashimotsuke-0.jpg
 「メアカンキンバイ」、「メアカンフスマ」、「イワギキョウ」、「エゾノマルバシモツケ」です。

 59s-TG3-20190712-094208-0.jpg
 羅臼温泉側からの合流地点がここにもあります。
 60s-TG3-20190712-094423-0.jpg
 「岩清水」です。 名前のとおり岩から水が滲み出ていて花も集まっていました。

 60s-TG3-20190712-iwabukuro-0.jpg 61s-TG3-20190712-iwaume-0.jpg 62s-TG3-20190712-iwahige-0.jpg 63s-TG3-20190712-koezotsugazakura-0.jpg
 「イワブクロ(ツボミ)」、「イワウメ」、「イワヒゲ」、「コエゾツガザクラ」です。
 
 64s-TG3-20190712-095729-0.jpg
 大沢からは花が続いているので、歩くのも楽しいですね。(チングルマ、コエゾツガザクラ)
 65s-TG3-20190712-095526-0.jpg
 今回唯一の雪渓です。 一応簡易アイゼン持参しましたが、登山靴のみで大丈夫のようです。先行者が数人見えます。
 66s-TG3-20190712-aonotsugazakura-0.jpg
 「アオノツガザクラ」も出てきました。
 67s-TG3-20190712-101022-0.jpg
 ハイマツも終わりになりそうです。 山頂が近づいてきたようです。
 68s-Ca-20190712-101045-0.jpg
 ゆっくりと岩場を登る登山者の姿がアチコチに見えていました。
 69s-Ca-20190712-101541-0.jpg

 70s-TG3-20190712-urajironanakamado-0.jpg 71s-Ca-20190712-kibanashakunage-0.jpg 72s-Ca-20190712-101835-0.jpg 73s-Ca-20190712-suge-0.jpg
 「ウラジロナナカマド」、「キバナシャクナゲ」、「コエゾツガザクラ」が多いです。「最後は高山性のスゲ」かと。

 74s-Ca-20190712-kohiodoshi-0.jpg
 一番岩の多いところで「コヒオドシ」を見つけました。
 75s-Ca-20190712-102107-0.jpg
 もう少しで山頂の岩場へ到着します。

 76s-Ca-20190712-103040-0.jpg
 山頂手前の岩場に上り詰めると...かなりの人数が周辺にいました。
 77s-Ca-20190712-103112-0.jpg
 最後の大きな岩を渡って山頂部分へ移動。 アロハシャツみたいな兄さんがいましたよ。
 78s-Ca-20190712-103239-0.jpg
 山頂の看板があります。 到着しました! 標高差 1,430mの登山でちょうど4時間かかりました。

 79s-Ca-20190712-103055-0.jpg
 オホーツク海側です。
 80s-Ca-20190712-103124-0.jpg
 登ってきた岩場とハイマツ群。
 81s-Ca-20190712-103129-0.jpg
 知床半島先端に向かって撮ったもので、硫黄山が見えています。
 82s-Ca-20190712-103256-0.jpg
 知床半島南側には厚い雲が掛かっているようです。
 83s-Ca-20190712-103330-0.jpg
 ズームでウトロの温泉街・ウトロ漁港を撮ってみました。
 84s-Ca-20190712-103439-0.jpg
 羅臼あたりをズームすると、羅臼湖の一部が見えました。
 85s-Ca-20190712-103456-0.jpg
 半島北側に白い筋がみえたので、40倍ズームで見ると・・・知床観光船が見えました。
 86s-TG3-20190712-104627-0.jpg
 最後に半島の付け根の方角を撮りましたが、ちょっと霞んでますね。 海別岳や斜里岳が見えるはずですが・・・

 87s-TG3-20190712-104619-0.jpg
 人が多くなってきたので、軽食と水を補給してから「三角点」を確認して下山することに。
 88s-TG3-20190712-104633-0.jpg
 記念撮影の人が次々と・・・。大沢で動きが鈍っていた高齢の女性も下の岩場で見ましたが、よくぞ登ってきましたね。
 90s-TG3-20190712-105116-0.jpg
 さきほど休憩した羅臼平まで一気に下ります。
 91s-TG3-20190712-105628-0.jpg
 下りの方が慎重にしないと、落ちたり岩に挟まったりして大怪我します。
 92s-TG3-1120190712-105633-0.jpg
 仰ぎ見ると巨大な岩が二個落ちそうな場所に。見た目より大きくて、双方合わせると家一軒分くらいありますよ。

 93s-TG3-20190712-110440-0.jpg
 途中で見つけた地面を這う植物...高山では見かけますね。
 94s-TG3-20190712-112050-0.jpg
 淡々とハイマツの中を歩いて羅臼平への出口付近へ。
 95s-TG3-20190712-112953-0.jpg
 羅臼岳の全容はここで見納めになります。 また来られるでしょうか???
 水分の補給を済ませて、早々に出発!

 97s-TG3-20190712-114200-0.jpg
 大沢を下ります。ところどころ大きな段差があるので、注意が必要。
 96s-TG3-20190712-114049-0.jpg
 「エゾツツジ」がたくさんみられました。色が濃くて綺麗ですね。

 上りで見落とした花たちです。
 98s-TG3-20190712-miyama i -0 99s-TG3-20190712-114942-0.jpg 100s-TG3-20190712-shiraneninjin-0.jpg 101s-TG3-20190712-haiotogiri?-0
 「ミヤマイ(イグサ科)」と花の拡大、「シラネニンジン」(多分)、「ハイオトギリ(の仲間)」です。

 102s-TG3-20190712-ogarabana-0.jpg 103s-TG3-20190712-minekaede-0.jpg106s-TG3-20190712-132721-0.jpg
 「オガラバナ」、「ミネカエデ」、そして今回最後に目撃した花は「オオウバユリ」でした。

 104s-TG3-20190712-115553-0.jpg
 石の多い下り坂は滑りますし、体重が掛かって足腰に衝撃がきます。
 105s-TG3-20190712-121230-0.jpg
 ここから、まだ3kmほどあります。 羅臼平までの往復の距離がホント長いんですよね。
 
 107s-TG3-20190712-132146-0.jpg
 無事に登山口に戻りました。 神様ありがとね。

 下りは2時間30分ほど掛かりました(ほぼ休憩なし)・・ちょっと早すぎかな。

 結局は「およそ7時間で往復」でした。もう少しゆっくりでも良かったのですが、自宅まで戻る時間もあるのでね。
 単独登山だから7時間で済んだと思います。 同行者がいればこうはいきませんね。

 前日はよく眠れなく2-3時間の睡眠で、車で出かけて登山し、また2時間半かけて自宅に戻ったわけです。
 眠気の心配がありましたが、居眠りもなく無事に帰宅できました。

 長々とお付き合い、ありがとうございま~す。 登山記録はオシマイです。

  追って、思いついたアレコレをコメントします。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top