FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

 7月10日仁頃山  

 今朝はドンヨリ空模様・・・昨夜から雨の予報でしたが、パラパラで終わってます。
 昼過ぎまで雨の予報ですが、また外れになるの?
 連休明けまで曇り一時雨の予報が続きそうです。(-_-)

 昨日は久々に仁頃山以外の山へ行ってきました。
 (詳細は追って記事をアップします)
 予定が空けば天気が悪い..天気が良い時には予定が入る・・・どうもチグハグです。
 来週もアレコレと行事が入っているので、時間的には仁頃山しか無理かなぁ。

 今日は前回の仁頃山登山(509回目)の様子から・・・

 s-TG3-20190710-085813-0.jpg
 この日も曇りで霧や霧雨もありました。登山道は霧が掛かって見通せず。

 s-TG3-20190710-081652-0.jpg
 そんな中で嬉しかったのは、葉緑素の無い植物がまた見つかったこと。 『シャクジョウソウ』と言います。
 s-TG3-20190710-081741-0.jpg
 同じ仲間の「ギンリョウソウ」は真っ白ですが、こちらは少し黄色掛かっていますね。

 s-TG3-20190710-092154-0.jpg
 林道脇では「オニシモツケ」が満開状態で、真っ白な花を付けています。
 s-TG3-20190710-093652-0.jpg
 薄暗い方がきれいに咲く「メマツヨイグサ」です。 ※花が5Cmを超える大きなものは「オオマツヨイグサ」と言います※
 s-TG3-20190710-093912-0.jpg
 背の高い草地で、更に大きく飛び出していたのは「ウド」の花でした。形が面白いですよね。
 s-TG3-20190710-094125-0.jpg
 またしても「キツリフネ」ですが、やはり今年は林道沿いに少ないような気がします。

 s-TG3-20190710-093152-0.jpg
 仁頃山周辺は「オオウバユリ」が本当にたくさん見られます。開花の時期にかなりのズレもあります。
 s-TG3-20190710-093247-0.jpg
 まだつぼみが固かったり、満開だったり、すっかり花が終わっていたり・・・日当たりとかの条件によるのでしょう。

 s-TG3-20190710-082501-0.jpg
 下りで少しだけ霧が弱くなってきました。

 s-TG3-20190710-091018-0.jpg
 で、みつけたのは俗にいう「ボリボリ」(ツバナラタケかな)です。傷みが出ていますが、この程度なら食用になります。
 他に小さめのものを複数持ち帰り、夜の味噌汁の具になっています。 ^_^;

 s-TG3-20190704-113015-0.jpg
 今年はダム湖の水が少なく、湖岸(湖底)が相当露出しています。本来なら手前の草地も水の中のはず。

 s-Ca-20190710-yamaawa-0.jpg
 そういう時には様々な植物がすぐに群落を作ったりしますね。 これは多分「ヤマアワ」かと思います。

 s-Ca-20190710-095038-0.jpg
 これも湖底だった場所に群落を作ったもの。 アブラナ科の「ヤマガラシ」でした。
 s-Ca-20190710-yamagarashi-0.jpg

 植物も動物も環境の変化に即対応するんですねぇ・・・人間より素早い。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top