FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

7月第二週仁頃山  

 このところ不安定なお天気が続いています。
 昨日なんて最高気温で16度ですから、朝夕は寒いんですよね。
 しかも暗くて時折霧雨もあったんですよ。(山は行きましたが)

 7月もあっという間に中旬に入ってきました。
 今回は第二週最初の山となった7/8の仁頃山から・・・

 s-TG3-20190708-121050-0.jpg
 林道入口からの眺めです。この画像は帰り際に撮ったもので、登山開始時は曇りでした。

 s-TG3-20190708-101252-0.jpg
 上りで見かけたキノコたちです。上は多分「ドクベニタケ」でしょう。下は...高さ2cmほどのミニキノコでした。
 s-TG3-20190708-095637-0.jpg

 s-TG3-20190708-104432-0.jpg
 これは「アキカラマツ」ですが、こんな状態でパッと花が開かないんですよね。

 s-TG3-20190708-112621-0.jpg
 こちらは「エゾノキリンソウ」です。ようやく花らしくなってきました。
 s-TG3-20190708-112556-0.jpg

 s-TG3-20190708-113658-0.jpg
 新たに開花したのは「クルマユリ」です。 園芸用のユリみたいに大きくないですが、とても愛らしい花です。
 s-TG3-20190708-113737-0.jpg

 s-TG3-20190708-114237-0.jpg
 「イチゲフウロ」も開花しました。茎や葉が大きい割に花が小さいのも特徴でしょうね。
 s-TG3-20190708-114921-0.jpg

 s-TG3-20190708-120037-0.jpg
 これはクローバーの仲間で「テマリツメクサ」と言います。 小さな手毬のように見えますでしょうか?
 s-TG3-20190708-115851-0.jpg

 s-TG3-20190708-102633-0.jpg
 花も緑っぽいので見えにくいんですが「ウマノミツバ」と言います。 馬用のミツバです...ウソです。
 s-TG3-20190708-120655-0.jpg
 雄花と両性花が一緒になっている変わった花ですね。顕微鏡モードでもわかりづらいほど小さいんです。

 s-TG3-20190708-120513-0.jpg
 林道脇に群生していたのは「ノハラムラサキ」です。 ワスレナグサそっくりですが花がかなり小さめで、毛の付き方が違います。
 s-TG3-20190708-120530-0.jpg

 s-K70-20190708-121002-0.jpg
 ヨツバヒヨドリも少しずつ花を開いてきました。これが満開だと夏を感じますね。
 s-K70-20190708-113913-0.jpg
 「キンミズヒキ」も咲き出したようです。
 s-K70-20190708-120103-0.jpg
 「オニシモツケ」の白い花に止まる「ヒョウモンチョウ」です。
 s-K70-20190708-120006-0.jpg
 「エゾニワトコ」の花後の実が赤く染まりはじめました。 これも夏を思わせます。

 s-K70-20190708-115212-0.jpg
 最後は駐車場で見たもの・・・このチョウが止まっていたのは...車のヘッドライト部分でした。
 s-K70-20190708-ooichimonji-0.jpg
 ライトのカバーの上を移動していました。 これは『オオイチモンジ』という大型のチョウです。

 この日は昼頃から晴れました。山は青空がイチバン!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top