FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

7月初旬仁頃山-Ⅱ  

 朝の段階ではまだ雲が広がっていますが・・予想は9-18時は晴れだとか?
 昨日は23度の予想が、28度になったんですよね。
 今日の予想は24度、果たしてどうなりますか・・・

 最初は先日、我が故郷での出来事を。
 s-Ca-20190707-131654-0.jpg
 故郷の山間を歩いていると、「ギャンギャン」という犬にも似た鳴き声に驚いて、声の主を探すと・・・キタキツネでした。
 パッと見た時は確か2頭いたのですが、1頭の姿はすぐ消え、この個体が移動をしたのです。
 s-Ca-20190707-131821-0.jpg
 時折、この周辺では見るのですが、この一年は見かけなかったものです。子育ての姿も見ましたね。
 この時は、逃げずに一定の距離を保ちつつ、ずーっとコチラを見ていました。
 近くに子ギツネがいて、野付ウシの注意を引くために移動したのかもしれません。

 s-Ca-20190707-132126-0.jpg
 その時に見つけたのが、コレ! 松の木(トウヒ)の巨木の根本にキノコが2つです。
 「ハナビラタケ」(マツマイタケ)です。 広葉樹に出るとマイタケになる食用菌ですね。
 s-Ca-20190707-132154-0.jpg
 帽子を被せようとしましたが、見た目より大きくて入りませんでした! これが2個・・・両腕で抱えて戻りましたよ ^_^;


 
 さて、仁頃山の花は昨日掲載しましたが、今日はキノコや昆虫等々です。
 
 s-TG3-20190706-103624-0.jpg
 まずは食用として持ち帰ったのは「キンチャヤマイグチ」です。 登山度近くで数本確保です。
 s-TG3-20190706-103356-0.jpg
 これも食用になる「ヤワナラタケ」(通称ボリボリ)です。 出て1-2日で傷んでしまうヤワなキノコです。

 妙なキノコを発見しました。倒木に生えていたキノコで、高さは10cmほど。
 s-TG3-20190706-110246-0.jpg
 市販の「エリンギ」にそっくりですよね。でもエリンギに天然物はありません。未だに不明ですが美味しそう!
 s-TG3-20190706-110338-0.jpg

 s-TG3-20190704-091947-0.jpg
 これは多分「モリノカレバタケ」というキノコかと。食べられますが、小さくひ弱なキノコなので持ち帰ったことは無し。

 s-TG3-20190706-111909-0.jpg
 これは「ウスタケ」で、以前に掲載もしました。何とも形が面白くて写欲をそそります。(食べられません)
 s-TG3-20190706-111822-0.jpg
 これは出たばかりで高さは2cmほどのものを接写したものです。

 s-TG3-20190706-111208-0.jpg s-TG3-20190706-110609-0.jpg s-TG3-20190706-105632-0.jpg s-TG3-20190706-104522-0.jpg
 食べられなくても撮影対象として、キノコはとても面白いものですね。

 s-TG3-20190706-091021-0.jpg
 霧が掛かった山では、よくこんな蜘蛛の巣を見かけます。普段は目につかない極細の糸ですね。
 s-TG3-20190706-091213-0.jpg
 それが霧で水滴をつけるので、そこらじゅうで目立ってきます。 小さな蜘蛛が作った捕獲網ですね。

 s-TG3-20190704-105340-0.jpg
 小さなハチやアブ系の虫も食料確保は大変なようです。
 s-TG3-20190704-103402-0.jpg

 s-K70-20190704-hyomoncho-0.jpg
 これは「ヒョウモンチョウ」ですね。フキの葉の上で休憩中でしょうか。今時期はアチコチで見かけます。

 最後は「カラスアゲハ」です。 なかなか止まってくれないチョウですが・・・
 s-K70-20190704-112619-0.jpg
 理想と 現実の画像です。
 s-K70-20190704-112609-0.jpg
 実は、一枚目の画像は修正したもので、本来の姿は二枚目のものです。 可愛そうに綺麗な羽の一部が破損していました。
 飛ぶ時もフラフラと安定しないようですが、必死に蜜を求めて花を渡り歩いていました。
 画像は修正できますが、このアゲハの羽は残念ながら再生できませんね。

 s-TG3-20190706-085353-0.jpg
 この日は山全体が霧に覆われていましたが、登山口には多くの車が・・・

 ゆっくり歩いてみると、花や昆虫、キノコなど、退屈することはありませんね。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top