FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

7月初登山(仁頃山)  

 7月に入ってからず~っと曇りのお天気ばかりです。
 今日もドンヨリで午後には雨になるとか..晴れの予報は外れますが、雨は当たるかな?

 7月最初の山歩き、7月2日の仁頃山からの便りです。

 s-TG3-20190702-085153-0.jpg
 奥新道の登山道は、このところの曇や雨でしっとりとフワフワな感触です。足腰には優しいルートですよ。
 うっかり見逃しそうな小さくて淡い紫の花は「ナミキソウ」というシソ科の花。

 この先は小さなキノコたちが楽しませてくれました。
 s-TG3-20190702-090213-0.jpg
 しっかりした白っぽいキノコで食べられそうな感じですが、キシメジ科の「ユキワリ」かもしれません。
 もしそうだったら...食べたかった(優秀な食用菌だそうです)。

 s-TG3-20190702-091211-0.jpg
 今、土から出ました!という感じのキノコ...多分ドクベニタケでしょう。
 s-TG3-20190702-092014-0.jpg
 これは食不適と言われる「アシグロ」でしょう。 硬くて食べませんがキノコの出汁はよく出ます。
 s-TG3-20190702-092356-0.jpg
 これは食べられるキノコで「ハンノキイグチ」ですね。裏面が鮮やかなレモンイエローです。
 s-TG3-20190702-104248-0.jpg
 さて、コレは何だっけ??不明キノコでした。

 s-TG3-20190702-093455-0.jpg
 土に中から潜望鏡が出ています。これはキノコではなく「ギンリョウソウ」という花です。

 道草を喰いながら山頂へ到着です。 湿度が高くて前進びしょ濡れでした。
 s-TG3-20190702-100254-0.jpg
 遠くは霞んでよく見えません。誰もいなかったので汗冷えを防ぐために上半身だけ着替えました。

 s-TG3-20190702-101509-0.jpg
 山頂すぐ下に群生している「ウラジロタデ」です。葉の裏は白っぽい毛でビロードタッチです。
 s-TG3-20190702-101531-0.jpg

 s-TG3-20190702-101944-0.jpg
 九合目で目を引くのは細い茎を伸ばす「カラフトホソハコベ」のようです。背丈も花も大きめです。

 下山して車で戻る途中で撮った景色ですが・・・
 s-TG3-20190702-110940-0.jpg
 湖面に向かって左側は「富里大橋」が見えます。手前の土手にはフランスギク群生が。
 s-TG3-20190702-110949-0.jpg
 右手には管理棟とキャンプ場があります。 人が見えるのでズームしたら...釣り人でした。
 s-TG3-20190702-110913-0.jpg
 何を釣っているのかなぁ・・・それより気になるのは湖面が相当下がっていること。ココまで少ないのは異例かなぁ。

 少し走ったら「ジャガイモ畑」が広がっていて、薄紫の花が咲いていました。
 s-TG3-20190702-111850-0.jpg
 ここでは薄紫の花ばかりでした。ジャガイモの種類により真っ白な花もありますね。
 s-TG3-20190702-111932-0.jpg
 素朴ですが、魅力的な花だと思います。
 s-TG3-20190704-114503-0.jpg
 いかにも北海道の畑・・・そんな風景でした。
 s-TG3-20190704-114510-0.jpg



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top