FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

空き地の雑草も  

 昨日も変化の多い空模様でした。
 変化なく降り続く西・南日本の皆様へ、被害が広がらないよう祈ります。

 実は今、満5年を迎えた愛車を二度目の車検に出しています。
 ついでにアチコチ傷んだ場所も直してもらうので、数日は代車にて過ごすことに。
 若い時から何年も車は使っていますが、特に車検の時は日本の税制にムカつきますよね。
 
 買う時に消費税+取得税、一年毎に自動車税、車検では重量税、走っていればガソリン税、
 しかもガソリンに関しては税金を含んだガソリン代に消費税を加えて二重課税の状態です。
 更に、世界一長持ちする日本の自動車には3年、2年ごとに「車検」までありますね。
 調査によると日本の車にかかる税金は、アメリカの49倍、フランスの16倍、ドイツの3倍、イギリスの2.4倍だと!!
 
 13年乗るのが日本の平均だそうですが、その間にかかる「税金」は170万円だそうです。(180万の車を購入の場合)
 更に、その間に有料道路料金や自賠責保険、任意保険、リサイクル料金、点検整備などが「別に必要」なんですね。
 ちなみに、普通車以上の諸費用をすべて「軽自動車並み」にすると、国際水準に近づくそうです。
 今や「お金持ち」しか新車なんて買えない時代になっていますね。
 国はそれらを知っていながら放ったらかしなんです。 

 車検の度にこんなこと思うのですが、車がないと田舎では生活できないんですよね。
 しょうがないので、長く乗り続けることにしましょうか・・・シュン...(-_-)



 いつもの野山の花の話題から・・・
 今回は周辺の草地や空き地などで、可愛い(?)花たちを探してみました。

 s-TG3-20190629-091731-0.jpg
 空き地と言えば、すぐ思いつく花が数種ありますね。 とにかくどこにでも出てくる力強い花たちです。
 s-TG3-20190629-091618-0.jpg
 その一つでもある「ビロードモウズイカ」です。 荒れ地でもグングン背丈を伸ばし大きく成長して花をつけますね。

 s-TG3-20190629-091929-0.jpg
 近くの空き地ではこんな花も咲いていました。(大きなマンションを壊した跡地です)
 s-TG3-20190629-091916-0.jpg
 「セイヨウノコギリソウ」です。 白い花が多いですが、ピンクもありました。
 s-TG3-20190629-091858-0.jpg
 この花もガード下とか乾燥して日当たりの良くない場所でも見掛けます。

 s-TG3-20190629-092216-0.jpg
 普通は土手や草地に生えてくる「クサフジ」ですが、どこから種が飛んできたのやら・・・
 s-TG3-20190629-092230-0.jpg
 一旦成長して種をつけると、来年以降はドンドン増えてくるでしょうね。

 s-TG3-20190629-092428-0.jpg
 他の草地ではあまり見掛けない「エゾノミツモトソウ」が枝を広げていました。
 s-TG3-20190629-092331-0.jpg
 いかにもバラ科の花でしょう?

 s-TG3-20190629-092537-0.jpg
 これもたくさん空き地から伸びてきました。 「メマツヨイグサ」です。
 s-TG3-20190629-092601-0.jpg
 山でも見掛けますが、平地の方がより多いですね。

 s-TG3-20190629-092948-0.jpg
 これも繁殖力が強い花です。 「シロバナシナガワハギ」ですね。
 s-TG3-20190629-092900-0.jpg
 名前のように「ハギ」にはあまり似てないようにも思えます。

 s-TG3-20190630-144801-0.jpg
 パサパサの地面からでも生えてくる丈夫なアブラナ科の花「ハタザオガラシ」です。
 s-TG3-20190630-144740-0.jpg
 図体の割には小さく可愛い花を付けますね。

 s-TG3-20190629-093225-0.jpg
 空き地を出て高架下の草地へ・・・ピンクの花が目立っているのは「シモツケ」です。
 s-TG3-20190629-093259-0.jpg
 これがにた感じの穂咲きになる花が「ホザキシモツケ」ですね。

 s-TG3-20190629-093717-0.jpg
 仁頃山でもたくさん咲き始めた「ハシドイ」の白い花です。
 s-TG3-20190629-093814-0.jpg
 み方によっては白いライラックそのものかもしれません。

 さて、今度は野付牛公園の方へ・・・
 s-TG3-20190629-094440-0.jpg
 池の向こうを眺めていると、真ん中に赤いものが見えていますが??
 s-TG3-20190629-094645-0.jpg
 池を回り込んで行ってみれば、桜の一枝だけが見事に色づいていました。紅葉はまだ早いぞ!

 s-TG3-20190629-094010-0.jpg
 林の脇の土手で「ホタルブクロ」を見つけました。20-30cmほどの高さでパラパラと点在しています。
 s-TG3-20190629-093957-0.jpg
 他に花など無い松の木の下なのですが、元気に咲いていました。
 s-TG3-20190629-094250-0.jpg
 一株だけピンクのものもあります。 ホタルブクロには紫色もありましたね。

 野付牛公園には多くの松の木がありますが、中でも巨木に成長しているのは以下の二種。
 s-TG3-20190629-095059-0.jpg
 これは「ドイツトウヒ」と呼ばれる種類です。ヨーロッパトウヒとも呼ばれ30mに達するものもありますね。

 s-TG3-20190629-100302-0.jpg
 そしてご存知「カラマツ」です。普通の林ではこれほど大きなものはありません。
 看板には「モミ科」となってますが、新しい分類では「マツ科」です。 これも30mほどありそうです。

 野付牛公園はたくさんの樹木がありますが、樹齢も長く傷みも目立つようになり、
 危険ということでかなりの数が伐採されています。公園である以上はやむをえませんが、
 本当に残念です。 やがて植生も環境も変わっていく運命なのでしょうね。

 ちょっと長くなりました。 おつきあいありがとうございます。m(_ _)m



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top