FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

藻琴山の初夏  

 昨日からドンヨリ空模様のなり、気温はその前日から一気に10度下がりました。
 今日は更に下がり、最高気温は15度にも達しないかも。
 一昨日は31.6度だったのが、今日は14度?? 半分に及ばず!
 
 さてさて、その一昨日に『藻琴山1,000m』に行ってきました。
 そろそろ行ってみようかと思っていたら...ブロ友さんお二人が連続して登っていました。
 この数年は冬ばかりでしたので、初夏の藻琴山へ行ってみたわけです。

 s-TG3-20190626-105216-0.jpg
 網走方面から川湯へ抜ける「R102号」の峠にある「ハイランド小清水725」へ。(725=標高725m)
 s-TG3-20190626-085144-0.jpg
 ココの駐車場からは、わずか2kmで山頂です。 08:40頃、駐車場は車が10台前後でスカスカでした。
 s-TG3-20190626-085301-0.jpg
 駐車場からストレートに登山道へ・・・登山というよりハイキング?いえいえ、お散歩気分ですよ。

 s-TG3-20190626-085400-0.jpg
 少し登ってハイマツの間から見えた後方の様子。「ハイランド小清水」の後方は屈斜路湖ですが、わずかに霧が残っています。
 朝早めに来ていたら・・・見事な雲海だった!!かもしれませんね。

 s-TG3-20190626-085512-0.jpg
 ずっとハイマツの中(下)をくぐるように登っていきます。
 s-TG3-20190626-085847-0.jpg
 登山口からわずか300m進むと、何と八合目ではありませんか。 ラクチンですよね。

 s-TG3-20190626-090322-0.jpg
 花はあまり見られませんでした。 「ゴゼンタチバナ」ばかりが目立ちます。
 s-TG3-20190626-090328-0.jpg
 ハイマツの陰だったので開花が遅い「マイヅルソウ」が残っていました。
 s-TG3-20190626-090549-0.jpg
 山頂手前あたりまでは「ゴゼンタチバナ」のオンパレード。
 s-TG3-20190626-090705-0.jpg
 ミヤマオダマキが単発的に少しながら咲いていました。 
 s-TG3-20190626-091144-0.jpg
 ちょっとした広場にあったのは「エゾフウロ」でした。登山道では数カ所で見掛けました。
s-TG3-20190626-091450-0.jpg
 あっという間に九合目です。スタートして30分ほどです。
 s-TG3-20190626-092102-0.jpg
 ハイマツトンネルを抜けて視界も開けてきました。 屈斜路湖がよく見えますが、晴れている割にはちょっと霞んだ感じ。

 s-TG3-20190626-092153-0.jpg
 尾根筋を山頂へ向かいます。 低木の「ウスノキ」の赤が綺麗!
 s-TG3-20190626-092434-0.jpg
 秋には高揚する「ハナヒリノキ」です。
 s-TG3-20190626-092510-0.jpg
 多くの山で見かける「マルバシモツケ」の花ですね。
 s-TG3-20190626-102458-0.jpg
 「オガラバナ」(ホザキカエデ)です。仁頃山では見たことはありませんが、アチコチの山で見ますね。
 s-TG3-20190626-093354-0.jpg
 山頂まで860mです。
 s-TG3-20190626-093413-0.jpg
 二コブの左側が山頂になります。 その手前には岩の塊が見えています。

 s-K70-20190626-093713-0.jpg
 登山道での岩の塊は、ここだけです。
 s-K70-20190626-093818-0.jpg
 「屏風岩」と言います。 冬に来るとスノーシューに引っかかりそうな場所はココだけですね。
  s-K70-20190626-093737-0.jpg
 岩場の何箇所かにピンクの花が見えます。 高山に生える「エゾツツジ」ですね。
 s-K70-20190626-093835-0.jpg
 ここを超えると一気に山頂へ近づきます。

 s-TG3-20190626-094910-0.jpg
 赤で目立つのはハイマツの花・・・
 s-TG3-20190626-095034-0.jpg
 そして桜の実です。

 s-TG3-20190626-095356-0.jpg
 あっという間に山頂へ着きました。途中でのんびりしたので1時間10分ほど掛かりました。
 s-K70-20190626-095702-0.jpg
 屈斜路湖全体と右手には、先日登ったばかりの「雄阿寒岳」、その右手には雌阿寒岳も見えます。
 s-K70-20190626-095720-0.jpg
 左側に回ると斜里岳から奥の知床連山が続いていますが、こちらも少し霞んでいました。
 s-TG3-20190626-102937-0.jpg
 登山道の途中にあった看板ですが...相当年数も経ったのでしょうか色が薄れています。
 もう少し色落ちしたら「シロクマ」になっちゃいそうでした。

 お散歩気分で登れるのがいいですが、下りにすれ違った7-8名の中高年グループですが・・・
 何も持たずに普通の靴でドライブがてらに登ってきたようです。
 本格的登山の格好は不要ですが、せめて水はしっかり持ち、靴は岩場でも大丈夫なもので登ってネ。

 お散歩気分の藻琴山ハイキングでした。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top