FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

初夏へ向かう山  

 5月は前半が気温の低い日が何度かあったものの、後半は異常に暑かったです。
 雨が少なかったことで、乾燥が続きました。(29日に恵みの雨)
 
 今回は最終日の31日に歩いた仁頃山の様子から・・・
 山は既に草木がが鬱蒼と茂っていて、初夏の様相を見せていました。

 s-TG3-20190531-082644-0.jpg
 これは「ズダヤクシュ」ですが、一部は花が残り、一部は種に変化しています。花に比べて種の大きいこと!
 
 s-TG3-20190531-083336-0.jpg
 三日ほど間を空けていたら、『コケイラン』が咲いていました!! さすがにラン科の花で艶やかです。
 s-TG3-20190531-083240-0.jpg
 一足先に咲いた「アオチドリ」と似てますが、そちらは薄緑、こちらは黄金色ですよ。

 s-K70-20190531-083418-0.jpg
 白い花を付けたのは「ミヤマガマズミ」です。 普通の「ガマズミ」とは葉先を見て判断(尖っている)。
 s-TG3-20190531-083719-0.jpg
 ちょっと厚みを感じる小さな白い花たちの集合体です。

 s-TG3-20190531-084354-0.jpg
 全体が微細な毛で覆われています。葉はシダのようなギザギザつき。
 s-TG3-20190531-084550-0.jpg
 『ヤブニンジン』と言いますが、とにかく花は小さすぎてルーペが必要なくらいです。

 s-K70-20190531-090653-0.jpg
 ラン科の「アオチドリ」ですが、アチコチに増えていました。 上に掲載の「コケイラン」と比べてください。

 s-K70-20190531-092101-0.jpg
 「カラマツソウ」は中腹より上の方にも急増しています。

 s-K70-20190531-093705-0.jpg
 仁頃山でも僅かしか残らず貴重な存在となっている『エゾタンポポ』です。 
 s-K70-20190531-093718-0.jpg
 数が少なくて寂しそうに見えます。 貴重な在来種ですから、なんとか増えて欲しいですね。

 s-K70-20190531-094536-0.jpg
 八合目のすぐ上に広がった『ゴゼンタチバナ』のちょっとした群生です。
 s-TG3-20190531-094813-0.jpg
 仁頃山では早めに咲く場所。 圧倒的に量が多いのは西尾根道です。

 s-K70-20190531-100415-0.jpg
  この花はハスカップの仲間で「ケヨノミ」と言います。
 s-K70-20190531-100511-0.jpg
 花も含めびっしりと毛に覆われていますね。

 s-K70-20190531-102316-0.jpg
 「ヤマモミジ」の花は八合目ではまだ咲いています。

 s-K70-20190531-102737-0.jpg
 これは「ミヤマイボタ」の花で、一部が開花しています。
 s-TG3-20190531-102948-0.jpg
 「イボタノキ」との違いは、葉先が尖っていること。(イボタノキは葉先が丸い)

 s-TG3-20190531-110143-0.jpg
 「エゾノレイジンソウ」の花を撮っていたら...5mm足らずの丸い虫を発見しました。
 s-TG3-20190531-110227-0.jpg
 てんとう虫のよう丸い形ですが...Webで調べてもわかりませんでした。

 s-K70-20190531-110622-0.jpg
 お気に入りの花『シウリザクラ』が開花しています。 (昨年は入院もあって見られませんでした)
 s-K70-20190531-110455-0.jpg
 まぁるい筒のように小さな花が咲いていますね。

 s-K70-20190531-110757-0.jpg
 湿地の近くの道路脇に咲いた「クリンソウ」です。 湿地では他の草に埋まってよく見えません。

 s-TG3-20190531-111200-0.jpg
 山の麓では「オオカサモチ」も間もなく開花するようです。 咲きながらどんどん成長し2mほどになります。
 s-K70-20190531-111732-0.jpg
 林道を歩いて戻る途中ですが、このように「シャク」がびっしり道路脇に群生しています。

 s-K70-20190531-112224-0.jpg
 ダム湖に出ました。先に見えたのは「ナナカマド」の花でした。 秋には赤い実と赤い葉で楽しめますね。

 s-K70-20190531-112342-0.jpg
 水位がかなり下がっているダム湖を見ていたら・・・アオサギが一羽飛び立っていきました。
 富里湖にも降りてくるようですが、山中なので稀にしか来ないようです。
 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top