FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

丸瀬布の藤棚  

 昨日は過ごしやすいお天気になりました。
 雨がたっぷり降った翌日の晴れでしたので、空気も爽やかでした。
 この先は日中は25度前後の日が多いようです。

 さて、5月の終わりは、野付ウシにしては珍しく4日も山へ行ってません。
 実は月末の3日間は自宅の内装工事(クロス張替え)をしています。
 住みながらの張替えなので、様々なものを移動したり、戻したり雑用があります。
 結局は三日間は引きこもり状態になりました。

 他に階段の手すりや屋根のペンキ塗り替えも発注済みですが、これは夏に実施の予定です。
 今の家は築40年ほどの木造2階建てですが、終の棲家になりますので、
  元気なうちに少し手直しをしておこうと思ったわけです。
 仁頃山以外の登山もまだ出来ていませんが、これは焦らずに6月になって考えようかな?



 さて、今日は北見から車で80分ほどの場所にある、『丸瀬布(まるせっぷ)』の藤園の話題です。
 北海道では規模の大きな藤園ですが、まだメジャーになり切っていない感もありますね。
 街の北側の山手にある「平和山公園」が目的地です。 ※5月28日(火)に行ってます。

 s-K70-20190528-100646-0.jpg
 開園は10時ですが、ちょうどその時間に到着。 誰もいません...藤園の説明が大きな看板に記載されています。
 ここでの「まるせっぷ藤まつり」は6月9日なのですが、既に満開状態でした。 お祭りまであと12日..持つのかな?

 s-K70-20190528-100837-0.jpg
 そのすぐ横には、たった一株だけの白いフジが咲いていました。(他には無かったようです)
 s-K70-20190528-100828-0.jpg



 s-K70-20190528-101032-0.jpg

 s-K70-20190528-101054-0.jpg

 s-K70-20190528-101351-0.jpg

 s-K70-20190528-101952-0.jpg
 ここの藤棚は近くのお寺までの1kmにわたる規模です。 イメージとしては棚から花穂が垂れ下がっていると思いましたが、
 実際は藤棚の上に咲き誇っていました。 種類によって違うのでしょうか..よくわかりません。


 s-K70-20190528-102135-0.jpg

 s-K70-20190528-102427-0.jpg

 s-K70-20190528-102442-0.jpg

 s-K70-20190528-102522-0.jpg

 s-K70-20190528-102757-0.jpg
 野付ウシ夫婦がブラブラと散策しながら歩いていると、ようやく他の車が1台、2台とやってきました。


 s-K70-20190528-102913-0.jpg

 s-K70-20190528-103058-0.jpg

 s-K70-20190528-103116-0.jpg

 s-K70-20190528-103229-0.jpg

 s-K70-20190528-103523-0.jpg
 ちょうどツツジも咲いていて、オレンジと薄紫の対比が綺麗でした。
 公園の中に木造の素敵なステージがありましたが、相当に老朽化していました。
 お祭りで使われるのでしょうね。


 s-K70-20190528-104102-0.jpg

 s-TG3-20190528-101357-0.jpg
 
 s-TG3-20190528-102207-0.jpg
 ここは「そのうちに...」と思いながら、機会を逃していましたが、ようやく見に行けました。
 
 実は、開花状況を調べましたが、Webでは無理なようなので直接電話しました。
 役場の支所になりますが、返答は「少し咲きだしてはいます...」と歯切れが悪いのです。
 二週間ほど先に「藤まつり」があるので、現在満開ですとは答えにくかったのでしょうか??
 今年は以上に暖かい日々が続き、様々な花が早咲きしていますので、多分満開だな?と確信をしたわけです。

 さて、せっかく来たので『いこいの森』を見てこようかな?
 国道を挟んで反対側の道を山奥へ向かい10kmほど走ると、「いこいの森」があります。
 土日や夏休みには有名な蒸気機関車『雨宮21号』が走っています。
 この日は平日なので、写真だけでもいいかな、と思いました。

 s-K70-20190528-111752-0.jpg
 この看板では右上に「やまびこ」温泉があります。 左側には「昆虫生態館」や「蝶の広場」があります。
 s-K70-20190528-110658-0.jpg
 第一駐車場(看板で言うと下側)に停めて、雨宮号を探しました。 先ずは駅がありました。
 s-K70-20190528-111004-0.jpg
 今日は運行していませんので、どうやら機関庫に入っているようです。 窓はありますが中がよく見えません。
 残念ですが写真も撮れませんでした。 周辺には人の姿もまったくありません。
 郷土資料館へ行くと「休館日」でした・・・笑うしかないね。

 s-K70-20190528-111125-0.jpg
 奥の方には牽引用の車両と客車が置いてありました。 客車の方は中がよくみえません。

 夏休みには大勢の家族連れで賑わうのでしょうね。
 平日に来たら? 案内も目立ったところに無く、営業しているのか休みなのかも分かりづらいですね。
 事前にしっかり調べなさい!ということでしょうか。

 そんなわけで、いこいの森は「憩えない」ままで引き返しました。

 この奥に「マウレ山荘」という隠れリゾート的な高級ホテルもありますが、
 何やら工事中でした。。。ついていないですね。
 更に更に..一番奥に『山彦の滝』がありますので、見て帰ろうと行ってみたら・・・
 「熊が出ました」との看板なので、これもUターン...

 何しに来たのかわからない状態。。。エゾハルゼミに笑われているような・・・(笑)
 s-K70-20190528-111807-0.jpg

 丸瀬布の道の駅で昼食を食べてから、自宅へ戻りましたとさ...。

 
 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。

 
 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top