FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

仁頃山回遊  

 寒い日々が明けた13日(月)、朝から青空も広がる良いお天気。
 朝はマイナス2度でしたが、日中は過ごしやすかったです。
 久々に複数ルートを歩こうと仁頃山へ。

 東新道から入り分岐点から東尾根道を進みました。 雪解け後は初のルートでした。
 s-TG3-20190513-090055-0.jpg
 分岐後すぐに迎えてくれたのは、ニリンソウで飾られた登山道でした。

 s-K70-20190513-090454-0.jpg
 山が緑と赤が目立っていますが、「春紅葉」と言われる原因のひとつが樹木の新芽と若葉ですね。
 s-K70-20190513-090852-0.jpg
 葉が広がるまでのお楽しみともいえますね。
 

 s-TG3-20190513-090817-0.jpg
 もう一つ、木々の葉の根元からでる「托葉」というのがありますが、ピンクのものがあるのです。
 s-K70-20190513-111806-0.jpg
 これがパラパラと登山道に落ちてくるのですが、まるで桜の花びらが落ちたように見えるんですよ。

 s-K70-20190513-091514-0.jpg s-K70-20190513-091944-0.jpg s-K70-20190513-100733-0.jpg s-TG3-20190513-095529-0.jpg
 期待していた花は見られず、スミレやヒトリシズカ、ヒメイチゲ、コキンバイなどが迎えてくれました。

 s-K70-20190513-092451-0.jpg
 2つ目の尾根を超える時に、枯れ葉の中からニョキッと伸びていたのは「アミガサタケ」(モリーユ)でした。 そっとザックへ。
 
 s-TG3-20190513-093547-0.jpg
 この橋を渡り、ようやく仁頃山本体へとりつきます。 延々と続く上り坂になりますよ。

 s-K70-20190513-102908-0.jpg
 途中で休憩中・・・ウグイスの鳴き声です。 今年はまだ撮影に成功していませんでしたが、なんとか捉えました。ホーホケキョ!

 s-TG3-20190513-101831-0.jpg
 いつもと少し違う角度からみて富里ダム湖・・・遠くには雄阿寒岳(左)と、雌阿寒岳(右)が見えています。

 s-TG3-20190513-103234-0.jpg
 途中で松の枝のようなものを発見、、シダの仲間で「ヒカゲノカズラ」です。晩夏に黄色い穂(胞子)が出ます。

 s-TG3-20190513-103312-0.jpg
 このルートの最高点「オホーツク展望台」に出ました。 この先は管理車道と合流し山頂へ出ます。
 山頂へ到着! 撮影で少しだけ道草を食いましたが、1時間50分でした。(ちょっと早すぎかも)

 下りは奥新道を降り、横断道で管理車道へ、そこからは中央道で林道まで下ります。
 s-K70-20190513-113012-0.jpg
 何ということのない木の葉が、この季節は絵になるんですよね。
 s-K70-20190513-112900-0.jpg
 空が青いとなんでも美しい!!
 s-K70-20190513-111333-0.jpg

 s-TG3-20190513-113651-0.jpg
 登山道の脇にはトド松群がビッシリ..登山道では少ない眺めです。

 s-TG3-20190513-114119-0.jpg
 中央道の登山口へ出ました。 最後もニリンソウで飾られた道でした。

 s-TG3-20190513-114149-0.jpg
 この道を進むと..奥新道の登山口へ出ます。 

 s-K70-20190513-114236-0.jpg
 実は、このニリンソウの群生の中には「ミドリニリンソウ」がたくさんあるのです。
 s-TG3-20190514-085603-0.jpg
 後日、ミドリニリンソウの特集をしますので、サンプルとして一枚だけUPしておきます。


 s-K70-20190513-114207-0.jpg
 ミドリじゃないですが、このニリンソウ...二輪どころか五輪も花を付けていますよ。欲張りですね。

 s-K70-20190513-122105-0.jpg
 今年は雪が少なかったためか、滝の勢いも例年より弱く水量も音も少ないようです。

 s-K70-20190513-121913-0.jpg
 すぐ横の水たまりにたくさんあった「エゾアカガエル」の卵がかえって、オタマジャクシになりたくさん泳いでいました。

 s-K70-20190513-123008-0.jpg
 まだ一部しか開花していませんが、「ハルザキヤマガラシ」がドッと咲き出しそうです。


 s-TG3-20190513-122522-0.jpg
 そして林道を歩いて出るところで、再度ニリンソウ群生が・・・仁頃山麓は本当にニリンソウだらけなんです。
 ここでは「オオバナノエンレイソウ」や「エゾキケマン」なども混在しているんですよ。

 4時間半ウロウロ歩き回って、仁頃山7ルートのうち一部のみ歩いた道を含めると6ルート歩きました。
 登山道&林道で11km歩いたことになります。 さすがに足が疲れましたね・・・フゥ~



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top