FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春を彩る花たち  

 あっという間の連休??喜んだ人も、辛かった人もいたようですね。
 本来、休暇は個人と勤務先との関係で決まるもの。
 国が祝祭日を無理に増やして「休みましょう!」と言うのも、ヘンな気がしますけど、ね。

 連休後半は異常に気温が上がったものの、急に半分に下がってしまったようです。
 昨日は予想外(予報外)の雨もあって、最高気温で12度となり寒く感じました。
 明日も曇りがちで10度以下しかならない? 何とかならない?なりません!

 桜やツツジ、梅に桃にモクレンに加え、地面からもたくさんの花が咲きました。
 桜は既にたくさん掲載したので、少しだけ他の花の様子も・・・


 メインは、少しだけ登場している『カタクリ』から。。。
 s-TG3-20190504-115729-0.jpg
 北海道では旭川あたりが北限、道東では「ほぼ自生しない」とも言われているカタクリです。
 実際は僅かながらも複数の場所で見られます。 熱心な保護活動の元で広がっている地域もありますね。

 s-TG3-20190504-115507-0.jpg
 この場所を知るのは、ほんの一部の愛好者に限られています。野付ウシは一昨年知りました。
 s-K70-20190504-115451-0.jpg
 車で簡単に行ける場所でもないことで、今の所は無事なようです。(重機が通って一部がダメになったことも)
 花など気にもかけない人には、どうでも良いことなのはわかりますが、貴重な花ですから守らなきゃ。。。

 s-TG3-20190504-120815-0.jpg s-TG3-20190504-120723-0.jpg s-TG3-20190504-115803-0.jpg s-TG3-20190504-115701-0.jpg (拡大できます)
 花を咲かせるまで7-8年かかり、推定では40年ほど生きるとか。(オオウバユリという花も開花まで10年ほどかかります)


 ついでと言っては何ですが、黄色いカタクリも載せておきますね。
 s-TG3-20190506-095618-0.jpg
 こちらは北米&カナダが原産で、日本には観賞用として入っています。
 s-TG3-20190506-095603-0.jpg


 s-K70-20190505-083400-0.jpg
 黄色ついでではないですが、道端に広がっていた「イヌナズナ」の花です。
 s-K70-20190505-083429-0.jpg
 背丈はあまりないですが、黄色いアブラナ科の中では真っ先に咲く花ですね。
 s-TG3-20190505-083700-0.jpg

 s-TG3-20190506-102650-0.jpg
 桜を見に行った場所で、足元ばかり撮影していました。 この花がたくさん咲いていたので・・・
 s-TG3-20190506-101940-0.jpg
 小さな花ですが存在感はありますよね。 ご存知「ワスレナグサ」です。

 s-TG3-20190504-121822-0.jpg
 山で見た「キタコブシ」ですが、樹木の形が気に入ったので撮ってきたものです。

 最後は自宅の狭い庭で咲いたチューリップです。
 s-K70-20190506-141116-0.jpg
 この花を見つけると、つい撮りたくなりませんか? 園芸種は稀にしか撮らない野付ウシですが、つい撮影してしまいます。
 s-K70-20190506-141218-0.jpg
 

 あっという間に春を通り越し、初夏に向かう北海道です。
 花を追いかけても、個人では追いつきませんね。花のほうが開花するスピードが早いのですから。

 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top