FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

エゾエンゴサクのバラエティ  

 令和の初日は即位関連の話題でもちきりでしたね。
 騒ぎは少しずつ落ち着くでしょう。

 さて、野生の花たちはこれからが本番です。
 本州より数週間遅れで春を迎え、追いつこうと一気に動き出しています。

 今日は、その一つである『エゾエンゴサク』についての特集です。
 「エゾエンゴサク」はケシ科・キケマン属の花ですが、キケマンなどと違い毒がありません(山菜として食される)。
 非常に変異も多い植物で、花や葉も非常にバラエティに富んでいます。

 s-TG3-20190430-123903-0.jpg
 野付ウシが4月に撮影した画像の中から『ちょっと変わったエンゴサク』をチョイスしてみました。

 s-TG3-20190430-130316-0.jpg
 これは葉が糸状になっている通称「ホソバエンゴサク」です。
 s-K70-20190428-103758-0.jpg

 s-K70-20190428-103813-0.jpg
 似たようでも少し広めで長い葉もあります。 おまけに花の色も微妙にことなったりします。
 s-K70-20190425-144720-0.jpg
  
 
 s-K70-20190425-152805-0.jpg
 これは標準に近い葉の形ですね。色合いが青系と紫系で大きく違います。
 s-K70-20190425-152818-0.jpg


 s-K70-20190425-153029-0.jpg
 これは菊のような葉で切れ込みが多くなっていますね。
 s-K70-20190428-111302-0.jpg


 s-K70-20190428-111013-0.jpg
 葉が小さく柄が長い変りもの・・・下は葉の咲きだけ少し切れ込んだものです。
 s-TG3-20190430-130245-0.jpg
 これも葉先が微妙に異なったり、色が違ったりしています。
 s-K70-20190428-105646-0.jpg


 s-TG3-20190430-124014-0.jpg
 最後は貴重な白い花です。 エゾエンゴサクでもあまり見掛けない白花です。
 s-TG3-20190425-153008-0.jpg
 4月の数日間撮り歩いて見つけたのは、やっと3株でした。
 海外の種類には赤や濃いピンクもあるそうです。

 エゾエンゴサクは間もなく花が終わりますが、来年の春までは地中の地下茎で過ごすします。
 これを「スプリング・エフェメラル(早春植物で春の妖精)」と言います。
 そして、その花言葉は「妖精たちの秘密の舞踏会」だそうですよ。
 地中にできる塊茎はデンプンの塊であり、アイヌの人々の貴重な食べ物でした。

 今日は、変異の多い「エゾエンゴサク」のお話でした。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top