FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

野付牛公園早春  

 s-K70-20180427-132309-0.jpg

 昨日は夏日!でも高い気温は今日までで、この後は平常に戻りそうです。
 さて、冒頭に画像を貼りましたが、今日から1週間ほど旅に出ます。
 1週間だと多分20種前後の花が開花するはず...で残念! でもやむ無しです。(-_-)

 野付ウシは予約投稿は基本的に1日分しかしませんので、更新お休みします。
 不在時は訪問もリコメもできないので、コメントも閉じさせていただきます。
 更新開始は25日頃?と想定しています。 また遊びに来てください。


 さてさて、少しずつ春へ向かっていますが、裏手の公園を回ってきました。

 s-TG3-20190416-134221-0.jpg
 緑が無いのが寂しいですが、この数日で池の氷はすっかり消えました。
 s-TG3-20190416-134617-0.jpg
 まだ池のボートは陸揚げされたままで、GWからの営業かと思われます。


 s-K70-20190416-134332-0.jpg
 まだ少ないながらもカルガモがスイスイ泳いでいました。 間もなく続々と飛来するはずです。
 s-K70-20190416-134232-0.jpg

  
 s-TG3-20190416-134525-0.jpg
 池の回りにはエゾヤマザクラがたくさんありますが、ほんの少しだけ桜の蕾も膨らんだようです。

 人が入らない藪の中にフクジュソウの群生があります。(一度紹介済)
 時期的にフクジュソウの画像は最後になるかと思います。(多分)

 s-TG3-20190416-135627-0.jpg
 公園の一角に人が入らない藪地がありますが、春はフクジュソウだらけになります。
 s-K70-20190416-134954-0.jpg

 野生のものは本当にガッシリした感じがしますね。
 s-TG3-20190416-135355-0.jpg
 で...以前にも記載しましたが、この地域では「キタミフクジュソウ」と言われる種類が多いんですよ。
 何が違うかといえば、葉の裏に微細な毛があること、一株に1本しか花を付けないこと..等の違いです。
 s-TG3-20190416-135545-0.jpg
 葉の比較は、もっと成長しないと判断が難しいですね。

 s-TG3-20190416-135521-0.jpg
 で、特徴的な茎の部分を撮ったものです。一株から複数枝分かれして花を付けてます。
 これは通常で言う「フクジュソウ」かと思われます。
 この場所には双方の種類が混じっているようですが、「キタミフクジュソウ」は少ないようでした。

 背が伸びて葉が大きくなる頃には、花弁が落ちて種を形成するようになりますね。

 池の回りでは、GW頃から「エゾヤマザクラ」、「エゾムラサキツツジ」などが一斉に開花するはず。

 訪れす人も増え、散歩や花見で賑わうことでしょう。 

 そんな季節ですが、1週間ほど出かけてきます。

 戻った頃には花も増えていて、野付ウシも忙しくなりそうです。

 では、行って気まーーーーす。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top