FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

山頂はまだ冬  

 昨日は落ち着かない天気で、雪や雨や風があって肌寒い日でした。
 今日は東北や関東で気温も低めのようですね。
 コチラは意外と晴れ間が出そうで、春も少し進むかと思っています。


 今日は、またしても仁頃山の登山から・・・

 久々に午後の時間に山へ向かいました。
 林道は雪解け水もあって凸凹で水溜りだらけ・・・ガタゴト、ジャバジャバでした。
 ちょうど気温は高めの時間帯でしたので、登山道も「わや!」
 (「わや」は方言として北海道以外でも同様の意味で使われています=
   滅茶苦茶、ダメ、台無し、弱い、乱暴なことなどの意味合い)


 s-TG3-20190408-124158-0.jpg
 時間も少ないので、管理車道入り口まで来るまで入りました。
 s-TG3-20190408-124209-0.jpg
 最初の湿地に出てきた「エゾノリュウキンカ」は、少しだけ蕾が成長したようです。あと少し・・・

 s-TG3-20190408-131545-0.jpg
 登山道はザクザクの湿った雪になっていて、踏ん張りが効きません。 アイゼンも役に立たず!!

 s-TG3-20190408-133456-0.jpg
 前日にサラッと降った雪が、斜面を綺麗に覆ってくれました。 雪の表面がザラついているのがわかります。

 s-TG3-20190408-133943-0.jpg
 九合目、青空とダケカンバが綺麗です。

 s-TG3-20190408-134417-0.jpg
 山頂手前の雪原には細かなツブツブがたくさんみえます。 朝のうちは樹氷が残っていて、それが落ちたようです。

 s-TG3-20190408-134437-0.jpg
 午後の時間でないと見られない北側斜面の木影アートです。雪の表面は全て樹氷が落ちてザラついた状態。

 s-TG3-20190408-134617-0.jpg
 山頂の温度計は0度ちょうどをさしていました。

 s-TG3-20190408-134632-0.jpg
 西側へ抜けるルート上はまだ3メートルほどの吹き溜まりに覆われています。ちょうど雪庇の下に道があります。

 s-TG3-20190408-134658-0.jpg
 ここ最近では珍しく、スッキリとした青空に白い雲・・・気持ち良いですが、気温が下がってきたようです。

 ザクザク道を滑りながら下山しました。
 s-TG3-20190408-142556-0.jpg
 登山口です。この辺りが一番雪が溶けています。 左側斜面は日当たりが良く最初に花たちが咲く場所です。
 この日現在では、まだ「フキノトウ」と「キタミフクジュソウ」しか咲いていませんでした。

 s-TG3-20190408-142609-0.jpg
 ときおり登場する鏡です(通称「笑顔練習機」)。 その前に新しいベンチができました。
 いつも登山道整備のボランティアに熱心な常連さんが、倒木を加工して作ったものです。
 
 少しずつ登山道も春の準備が進んでいます。 

 
  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top