FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春を待つ公園  


 ◆◆ 昨日よりブログの表示に時間が掛かり過ぎる状況が現れ、改善しないので、
 とりあえず以前のテンプレに戻しました。
 再度変更あるかもしれません。ご迷惑おかけします。◆◆ 




 厳しく長い冬も終わりをむかえ、春の兆しもしっかり感じられる日々です。
 昨日は晴れのち曇り、昼の雨の後に雪が降ったりと落ち着かないお天気でした。
 第一次の選挙サンデーも終わりましたが、どこで何が変わるのでしょうか。
 投票した国民としては、しっかり見守ることも必要でしょうね。
 

 雪が降ったりしますが、決して冬に戻ることのない季節になりました。
 雪解けも進み、裏手の野付牛公園は日陰を残して、枯れ草が見える範囲も広がっています。

 カメラを持って公園内をウロウロしていると・・・何やら小さな鳥が。
 野鳥に詳しくない野付ウシには、鳴き声で判断する能力はゼロです。(わかるのはカラスくらい?)

 s-K70-20190405-094343-0.jpg

 クチバシから黒い線がシュッと入った「ゴジュウカラ」は年中見かけますね。
 s-K70-20190405-094356-0.jpg
 逆さになって木の幹などを降りてきたりするので、すぐにわかりますね。 仁頃山でもよく見かけます。
 
 s-K70-20190405-093835-0.jpg
 切り株の上でキョロキョロ見回していたのは「ヤマガラ」でした。 スズメより一回り小さな感じの鳥です。
 s-K70-20190405-094623-0.jpg
 小さくスマートな鳥ですね。 移動するのは速い! 
 野鳥を撮るにはやはり300mmでは足りないようです。(これでもトリミングしてます)



 さて、昨日の朝9時頃に公園のど真ん中でウロウロしていたのは『キタキツネ』でした。
 この周辺(我が家も含め)では、キタキツネがよく現れます。(時にはエゾシカも)
 山から畑などを伝って公園周辺に来るようです。 

 s-K70-20190407-090607-0.jpg
 逃げられると撮りもらすので、少し手前から望遠を向けてみました。
 s-K70-20190407-090630-0.jpg
 人を見慣れていることもあってか、逃げる気配はありません。ゆっくり近づきながら撮影します。

 s-K70-20190407-090718-0.jpg

 s-K70-20190407-090751-0.jpg

 s-K70-20190407-090824-0.jpg
 陽射しが当たっているからか、毛の色が金色っぽく見えました。 何かを食べていたのですが、残りを隠したようです。

 s-K70-20190407-090905-0.jpg

 s-K70-20190407-090944-0.jpg

 s-K70-20190407-090957-0.jpg
 太い尻尾を見ると、まだ冬毛のようですね。 もう暫くすると夏毛に変わることでしょう。
 日だまりの中で暫くくつろいでから、去っていきました。 ごちそうにありつけたのかな?


 我が家の庭先を通り抜けたりしますが、追い払っても距離を保ちながら、すぐに逃げないことが多いです。
 人馴れしてしまったのですね。 そうなると交通事故が心配されます。

 春はキタキツネの子供が生まれ育つ時期になります。
 郊外では子連れのキツネを見かけるようになりますが、交通事故で亡くなる子狐は少なくないんですよ。

 観光客が食べ物を与えたり、食べ残しを捨てたりすることは、動物の寿命を縮めることになります。

 ヒグマもキタキツネも同じです。

 共生するには人間が手を出さないことも必要ですね。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top