FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

真っ白な大氷原  

 今日のお天気は・・・晴れのち曇りで、夜中に雪になるそうですが。。。
 日中は何とか7度くらいになるので、春らしい気温ですね。

 さて、昨日のことですが、青空も広がったので朝から出掛けました ♫ .
 行った先は...いつも仁頃山から眺めている「サロマ湖」です。

 山頂からの眺めで、野付ウシは勘違いしていたようです。
 サロマ湖が「半分ほど氷が溶けて湖面が出ている」と思ったのですが・・・
 まだほとんどが氷に覆われていました。 撮影した時に雲の影が映り湖面に見えたようです。(-_-)
 

 s-TG3-20190404-091431-0.jpg
 樹木の先は全部サロマ湖ですが、全面が氷に覆われていました!
 普通に凍ったら4月後半まで溶けないのが当然なのですが、一部氷解したと見えていたわけです。

 s-K70-20190404-094411-0.jpg
 場所を移動して今度は湖岸ギリギリの場所で、広角で撮ってみました。 足元から先は湖面です。
 氷に載った雪が一部汚れたりしていますが、見渡す限り『大氷原』です。(周囲90kmほどの汽水湖)

 いつも早めに花が咲く場所で車を停めて、しばらく探してみると...ありました。
 s-TG3-20190404-091822-0.jpg
 まずは「フクジュソウ」です。 蕾はアチコチに出始めていました。
 s-TG3-20190404-092103-0.jpg

 s-TG3-20190404-092032-0.jpg
 そして「フキノトウ」も枯れ草を持ち上げるように出ていました。 枯れ草を取り除いて撮影したもの。

 s-TG3-20190404-091941-0.jpg
 まだ早いかな?と思って探したら・・・一輪だけ咲いていた『エゾエンゴサク』の花です。

 s-TG3-20190404-091928-0.jpg
 通常は4月中旬に一斉に咲き出す場所です。 数日遅れて「アズマイチゲ」の群生も現れるはず。
 正直言うと今回は咲いていると思わなかったんですよ。雪が少ない分だけ早かったかもしれませんね。

 
 今回の目的地は、サロマ湖に突き出た「キムアネップ岬」でした。 白鳥がいるはずなので・・・
 国道から湖畔に向かう途中の畑の中に、多くのオオハクチョウが現れました。
 s-TG3-20190404-093423-0.jpg

 s-TG3-20190404-093835-0.jpg
 「立入禁止」の立て札が偶然ありました。 白鳥は立て札の警告も無視ですね(笑)
 (近年は観光客が無断で入り込むので立て札を立てたりしています)

 s-K70-20190404-093123-0.jpg
 相当な数が草や根をついばんでいるようですね。 ずーっと奥の方にもたくさん見えています。
 s-K70-20190404-093213-0.jpg
 よく麦畑でも見かけますが、多くん白鳥がついばんでしまうと麦はダメになるんですよ。(ここは麦畑ではないようですが)

 s-K70-20190404-093414-0.jpg
 酪農家の家も見えますので、ココは牧草地かな。 麦の場合はきちんとした畝(うね)があって列が見えるはず。

 s-K70-20190404-093901-0.jpg
 いずれにしても農家にしたら農作物への被害を心配しますね。凄い数ですから・・・
 s-K70-20190404-093851-0.jpg

 s-K70-20190404-093551-0.jpg
 近くでは数で圧倒されたカラスが見物していました。

 一部、氷の溶けた湖面にはハクチョウは不在だったので、キムアネップ岬まで行ってみました。
 s-TG3-20190404-092718-0.jpg
 湖岸から再度サロマ湖を撮ったものです。 氷がグズグズになって緩んでいるようですね。

 これからサロマ湖南岸を回り込んで、常呂経由で戻りますが・・・
  後半は、次回に掲載しまーす!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top