FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

 4月末の仁頃山  

 今日は晴れのち曇りで、日中は22度の予想です。
 深夜には雨になる予報が・・・令和初日は雨の日?
 平成最後の日はTVも思い出話ばかりでしょうかね。

 ハワイの話は一旦先に伸ばし「平成最後の仁頃山」をUPさせていただきます。
 (実際は今日4月30日にも午後から登山予定です)

 s-Ca-20190428-113340-0.jpg
 この日は28日の日曜日でした。好天で穏やかな空でした。
 s-Ca-20190428-113429-0.jpg
 ズームで引っ張ると、山頂に多くの人が見えました。 さすが好天の日曜日です。

 s-K70-20190428-083218-0.jpg
 実はこの前日は雪が降った日でした。 登山道にも薄っすらと雪が残ってます。
 s-TG3-20190428-082711-0.jpg
 朝も-5度まで冷えたので、そこらじゅうに大きな霜柱が露出、まるで初冬の山登りみたいでしたよ。

 s-K70-20190428-100608-0.jpg
 六合目上からは雪道に変わります。 あと二週間ほどで消えるかな、と思いますが。

 s-K70-20190428-094218-0.jpg
 空気も澄んでいて、遠くの山並みが綺麗に見えていました。 北大雪の長めで、中央から左手奥に大雪山も見えます。

 s-K70-20190428-094742-0.jpg
 こちらは斜里岳から知床半島方面の長めです。

 午後からの登山でしたので、登山客はすでに下山しており山頂は独り占め・・・
 下りは顔を出した花たちを確認しながら、ゆっくりと降りました。

s-K70-20190428-102855-0.jpg
 花のないところでも雪解け水を得たコケ類が青々とした姿を見せてくれます。
 s-K70-20190428-102958-0.jpg

 s-K70-20190428-103103-0.jpg
 「エゾノイワハタザオ」ですが、背丈はわずか5cmほど。 花は少しだけ厚みがありしっかりしています。
 s-TG3-20190428-103253-0.jpg

 s-K70-20190428-103518-0.jpg
 エンレイソウの蕾は大きくなって開花しそうな雰囲気ですが、翌日以降になりそうです。

 s-K70-20190428-110133-0.jpg
 「ツルネコノメソウ」もどんどん増えてきたようです。花は5mm足らずの微細なものです。
 s-TG3-20190428-110200-0.jpg

 s-TG3-20190428-104239-0.jpg
 黄色い花が増えていた「ナニワズ」は今がピークです。


 s-K70-20190428-110448-0.jpg
 林道へ降りて歩いていると、今年最初の「ニリンソウ」を見つけました。 周辺ではまだ蕾ばかりでした。
 s-TG3-20190428-110952-0.jpg
 まもなく周辺でも群生だらけになるでしょう。 この先は「ミドリニリンソウ」も楽しみです。 ^_^;

 s-TG3-20190428-110031-0.jpg
 林道横には「バイケイソウ」の群落も見えます。 今年は花を咲かせてくれるかな?(数年に一度開花します)

 s-K70-20190428-111917-0.jpg
 渓流の滝の音は水量が増えて轟音になっていました。遠くからも聞こえます。

 s-K70-20190428-112116-0.jpg
 一回りしてダム湖に戻ってきました。 この周辺も間もなく緑が溢れてくるでしょう。

 Notsukeushi02.gif
 ところで4/29にようやくタイヤ交換を終えました。雪が降ったので少し遅れていますよ。

 平成最後の4月30日は、野付ウシの庭でもある仁頃山の記事になりました。

 「令和」はどんな時代になるのでしょうね。 穏やかであることを祈ります。

 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ハワイ旅行記-その3  

 連休二日目は良いお天気になりましたね。朝は-5度まで冷えたものの日中は16度へ。
 過ごしやすい気温で爽やかな空気につつまれた感じがしました。
 午前は仁頃山登山、午後は網走の水芭蕉群生地へ行ってきました。
 追って記事をUPします。

 今日と明日は好天のようですが、令和に変わる5月1日から雨の予報も・・・

 さて、旅行記は三日目になります。
 この日の予定していたのは、昼からのダウンヒルサイクリングツァーです。(参加は3名のみ=嫁さん市内散策)
 それまでは時間が空いていたので、アラモアナでも行こうかと夫婦でトロリー乗り場へ・・・

 s-Ca-20190421-034510-0.jpg
 バスがなかなか来ないのでビーチを見て待っていると...トロリーが来ました。 すぐに乗り込みました・・・
 s-Ca-20190421-035024-0.jpg
 あれ? 途中から道が違うぞ?? なんてこった、ルート表示を見落として別のバスに乗ったみたい。
 ボォ~っと生きてんじゃねぇよチコちゃんの声が聞こえて来そうです。 
 アラモアナへ行くはずが、ダイヤモンドヘッドに向かうトロリーに乗ってしまいました。まぁ一周りして戻るんですが・・・

 この日はアクシデントの連続? ダイヤモンドヘッドルートがイベントで変更になり、おまけに大渋滞でした。
 遅れながら折り返して戻る途中に、またしてもアクシデント発生! バキッっと大きな音がしてトロリーが停車しました。
 s-Ca-20190421-043107-0.jpg
 運転手が慌ててトロリーを停めて、乗用車の運転手とアレコレ交渉しています。
 s-Ca-20190421-042905-0.jpg
 すぐ後ろの車の左ドアミラーをバスが引っ掛けて壊したのです。 ドライバーは会社と電話でアレコレ話してます。
 どうもすぐには解決できないようです。やむを得ず乗客は下りて次のトロリーに載ることになりました。

 もう、最悪!! 出だしからミスったことで余計なアクシデントにも遭遇し、バスは遅れ最終的にアラモアナへは2時間所要。。
 s-Ca-20190421-061720-0.jpg
 とりあえずアラモアナで、スーパーマーケットに入り欲しいものを物色して昼前に戻りました。
 アクシデントも旅の思い出♪...なんて嫁さんは楽しんでいました。。。


 昼ころにサイクリングツァーの迎えが来ました。 他の参加者を載せるために他の場所も立ち寄ります。
 更に住宅街のハズレで家族連れなどが乗り込み、総勢12名ほどで山の上に向かいます。
 s-Ca-20190421-084123-0.jpg
 屋根の上には20代ほどのバイクが積まれていました...大丈夫かよ!という感じですね。 

 狭い上り坂を走って「タンタラスの丘」という展望台へ立ち寄ります。結局は日本人は野付ウシたち3人のみでした。
 s-Ca-20190421-082640-0.jpg
 この先に展望台がありました。
 s-Ca-20190421-081253-0.jpg
 ダイヤモンドヘッドからワイキキ、空港周辺など全体が見渡せます。 ここは夜景の名所にもなっています。
 s-Ca-20190421-081159-0.jpg

 s-Ca-20190421-081355-0.jpg
 ワイキキの宿泊ホテルも見えていました。

 s-Ca-20190421-082625-0.jpg
 ここでサンドイッチが配られ、軽食ランチタイムです。
 s-Ca-20190421-084156-0.jpg
 タンタラスの丘のアレコレが説明されているようです。 ワカリマヘン。。

 ここから少し違う道に入り、更に山の上を目指しました。
 ちょっとした広場に到着します。 ここから坂道8kmあまりを一気に下るわけです。
 s-Ca-20190421-091112-0.jpg
 スコールが通り抜けていたので、雨具やヘルメットが配られ、背丈にあったバイクを選びます。
 普通の自転車と少し違うので、実際に乗ってバランス感覚を確認しました。

 s-Ca-20190421-091317-0.jpg
 狭い場所をクルクル周りながら、ブレーキの感覚も確認して準備万端!!

 s-Ca-20190421-092018-0.jpg
 しゅっぱ~つ! 先導のおじさんに続いてスタート。野付ウシは4番手、すぐ後ろに友人女性二人が続きます。
 ロードバイクは何十年も乗っていないので少しフラつきぎみ。

 s-Ca-20190421-092915-0.jpg
 徐々にスピードアップ!!

 s-Ca-20190421-093711-0.jpg
 途中のカーブで一時停止して、絶景を堪能しました。 
 この道は普通に車も通っているので、最後尾に付く車と先導者が無線で連絡し、車が数台たまると一時停止して
  車を先に行かせていました。並走すると危険なので何度か車をスルーさせていました。

 s-Ca-20190421-095855-0.jpg
 終点は住宅街の公園横です。 下りなのでほとんど漕ぐ必要はありませんでした。
 実際に乗っていた時間はあっという間に過ぎたような感覚です。(ダウンヒルで8Kmです)

 終点でバイクを車の屋根に積み直すのを待って、乗車した場所まで送ってもらいました。
 往復の所要時間は3時間半です=金額は$60ほどでネットで予約&支払。

 戻ってから下を眺めていると、カラカウア通りをホコ天にしているのがわかりました。
 s-K70-20190421-124510-0.jpg
 テントが並び、眼下のステージではカラオケ大会もどきの催しも。
 s-K70-20190421-124717-0.jpg

 s-Ca-20190421-115139-0.jpg
 メインストリートを通行止めにして出店がたくさん! 昨年に続き二回目で年に一回のみ実施だそうです。
 s-Ca-20190421-115145-0.jpg
 日本の夜店と似たものですが、ゆっくり楽しみました。

 この日の夜はハワイで一番と言われる『ディナーショー;Rock a Hula』を予約していました。
 フラダンスショーではなく、古き良き時代のアメリカ&ハワイを魅せるショーです。
 s-P4271804.jpg

 s-Ca-20190421-131716-0.jpg
 18:30から食事がスタート。 テーブルにはパイナップルとマイタイです。
s-Ca-20190421-133856-0.jpg
 すぐとなりには、豚の丸焼きまで出ていますよ。
 s-Ca-20190421-134152-0.jpg
 ブッフェ形式で盛り付けた野付ウシのお皿です。 テーブル周りでは前座のような軽いショーも。

 s-C20190421-131631-2.jpg
 お約束の記念写真です。野付ウシのカメラで写してもらいました。

 s-Ca-20190421-144920-0.jpg
 さて、ショーですがフラッシュは厳禁なので、激しい動きのショーは撮影が無理のようです。
 ほんの一部だけ載せておきますね。
 
 s-Ca-20190421-152746-0.jpg
 名物は見事なそっくりさん『エルビス・プレスリー』と『マイケル・ジャクソン』の見事なステージ。
 s-Ca-20190421-155222-0.jpg

 s-Ca-20190421-154454-0.jpg s-Ca-20190421-161218-0.jpg s-Ca-20190421-161327-0.jpg s-Ca-20190421-161459-0.jpg
 80分ほどですが、息をつく間もなく次々と見事なステージでした。
 『うわぁ、正にこれぞアメリカ!』という感覚でした。楽しませるショーということでは日本は敵わないですね。

 有名なので日本語のホームページもありますよ。参考までに。

 ということで、楽しい夜を過ごし、帰り道ではまた夜店をブラつきました。

 三日目も無事終了!! 明日は最終日です。。。。え! もう!!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ハワイ旅行記-その2  

 GWスタートで残念ながらお天気は冬みたいな状況になりました。
 そして今朝の最低気温は、マイナス5.3度でした=日中は16度予想。
 予報では29-30の両日はで暖かくなりますが、その後は気温低めのようです。

 野付ウシは周辺しか出かけませんので、お天気に合わせて動くつもりです。



 さて、ハワイの旅は二日目になります
 s-K70-20190420-020433-0.jpg
 朝食を食べていると、空いている椅子に小鳥がやってきました。外との仕切りがないのでたくさん入ってきますね。

 s-K70-20190420-023219-0.jpg
 今日も青空が爽やかです。(隣にそびえるハイアット・リージェンシー)

 大手ホテルチェーンの大御所である「マリオット」のセールスレディのお誘いで
  オアフ島西側のリゾート地を見てくることになりました。(想定外)
 営業目的ですが無料送迎でリゾート地を見ることができ、ギフトも$100.あります。

 朝 07:30集合でミニバスに乗り込みました。 野付ウシたち4名の他に夫婦二組の総勢8名です。

 s-Ca-20190420-032822-0.jpg
 高速を使って40分ほどでリゾート地「コオリナ」へ到着。 ここは「ホテル」ではなく「ビーチ・クラブ」でした。
 この地域は最初にJALが「イヒラニリゾート」をオープンしたところで、ゴルフ場のメッカです。
 その後「フォーシーズンズホテル」に売却しています。近年「ディズニーリゾート(ホテル)」もオープンしています。
 このビーチには4つのリゾートが集まったわけです。

 s-K70-20190420-033714-0.jpg
 一旦14階へ上がり、滞在許可証をもらって説明会があるまで周辺散策に出ました。

 s-K70-20190420-034722-0.jpg s-K70-20190420-035648-0.jpg s-K70-20190420-035735-0.jpg s-K70-20190420-040757-0.jpg
 オアフ島のイメージから離れた感じで、まるでハワイ島のリゾートホテルもどきです。(以下もサムネは拡大できます)

 s-K70-20190420-041644-0.jpg
 近くには全部で3つのラグーンがあり、それぞれ海水浴場にもなっています。(ここのビーチは利用者限定です)

 s-K70-20190420-042159-0.jpg
 一昨年に泊まったハワイ島、昨年泊まったタヒチと、イメージがダブってきました。

 s-K70-20190420-044225-0.jpg s-K70-20190420-044625-0.jpg s-K70-20190420-044711-0.jpg
 コチラは外れにあるラグーンで近隣に住む人達が遊びにきていました。海との境目にはカニやウニがたくさん!
 このあたりはホノルル周辺と気候も異なり、雨が少ないのでゴルフ場に向いているそうです。


 s-Ca-20190420-050533-0.jpg
 敷地も広くプールは公園の中に3つ。フィットネス利用も多いようです。滞在客は基本的に会員です。

 s-K70-20190420-050426-0.jpg s-K70-20190420-052814-0.jpg s-Ca-20190420-050938-0.jpg s-Ca-20190420-052717-0.jpg
 案内表示は英語と日本語のみで、日本人の利用客もかなり目立ちました。プール以外に流れる池なども複数あります。
 中国語や韓国語が無いので訪ねてみると「日本人より高額な買い物をするので別なリゾートへ行きます」とのこと。

 s-K70-20190420-052814-0.jpg s-K70-20190420-053422-0.jpg s-K70-20190420-055113-0.jpg s-K70-20190420-055118-0.jpg
 野付ウシにとっては場違いと思えるような高級リゾートですね。 レストランやコンビニ(売店)もあります。

 お昼に近くなったので軽食をとることに。
 レストランはイタリアンですが、メニューは様々です。 ハワイで人気の「アサイーボウル」を二つ注文しました。
 s-Ca-20190420-061439-0.jpg
 ボウルに入ってなくて、お皿で出てきました。 アイスがメインなので腹の足しになるのはバナナくらい?
 s-Ca-20190420-061139-0.jpg
 フルーツジュースやスムージーとともに味わいました。 お腹の中が冷え冷え~!

 s-K70-20190420-064621-0.jpg
 午後は14階に戻って1時間ほどレクチャーです。 リゾートクラブの豪華な部屋をシェアするための説明・・・
 野付ウシには縁がない金額がかかりそう・・・部屋を購入するのではなくて、利用する権利の購入と言えます。
 「当日購入」限定の特別割引を利用して、一番安価な投資で350万くらいで、年間維持費約12万ほど・・・
 これで年に3-4泊利用できます。 友達に使ってもらったりも可能で、投資額によって泊数や部屋の広さも変わります。
 実はこの見学ツァーで当日に契約する人が一定数はいるそうです。(ミドル~アッパークラスかな?)
 日本人だけで数百人いるそうですよ。 本人から許可された一部の人たちの写真とコメントも。
 即断即決が出来る人に限った特別料金で、年々価格も上昇しているようです。
 既に大きな建物3棟完成し、近々4棟目が着工だとか。

 ※余計な話しですが、上の画像にグランドみたいな場所ありますが、『嵐のコンサート』会場だったそうです。

 s-K70-20190420-064641-0.jpg
 数万人のファンが集まったとか・・・。右手奥に見える茶色の建物が「ディズニーリゾート」のホテルです。
 s-K70-20190420-080835-0.jpg
 う~ん、こんな施設で数日過ごせたらいいだろうなぁ~。
 s-Ca-20190420-093521-0.jpg
 ということでしたが、営業ながら押し付けは一切ありません。毎日数件が契約されるそうです。凄いなぁ・・・
 ある意味でやり方がウマイと思いました。同様なことはヒルトン系列でも早くからやってますね。
 買い取りじゃなくて「施設のシェア」という発想が面白いですね。

 まぁ平民である野付ウシには無理な相談ですから、夢だけにしておきました。
 ※参考までにマリオット・コオリナ・ビーチ・クラブのHPです。


 さて、新たなリゾートを満喫してから14:30頃、ミニバスにてワイキキへ。
 途中のアラモアナ・ショッピングセンターで降ろしてもらい、少しウロウロしてからトロリーでワイキキへ。
 この日の夕食はホテルのサービスで『ビュッフェ&フラのショー』を楽しみました。
 実は、このディナーショーは含まれていないと思っていたので想定外のプレゼントでした。

 s-Ca-20190420-124406-0.jpg
 1階のレストランでビュッフェ形式の夕食です。 アレヤコレヤとお腹いっぱい食べましたよ。
 
 食事の後は二階にあるホールで『テ・モアナ・ルイ』のショーを楽しみました。
 s-Ca-20190420-145140-0.jpg
 フラッシュ禁止なのでまともに撮れず、ボケボケの写真を少しだけ持ち帰りました。
 s-Ca-20190420-152930-0.jpg

 日中のリゾート見学&体験、そしてディナーショーも予想していなかったプレゼントでした。

 s-Ca-20190420-153901-0.jpg
 この日の最後に立ち寄ったのは...ホテルの隣にある「インターナショナル・マーケットプレイス」でした。
 中央付近にある大きな樹(モンキーポッド=アメリカネムノキ)と、少しだけの飾り付けがありました。 
 
 二日目の夜は..またよく眠れないまま朝を迎え、寝不足になりました。


 三日目以降は追ってUPしますね。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

雪で足踏み?  

 昨日は一気に気温も下がり、夜8時ころからチラチラ雪に。

 s-i8-20190427-051722-0.jpg
 これは今朝起き抜け(05:17)にスマホで撮った画像。地面が温まっていたので積雪は少なめでホッとしました。
 今日は午前は雪がチラつき、その後もドンヨリで予想気温は +3度ていどのようです。( ̄^ ̄)ゞ

 著しく変化する季節なので、のんきなハワイ旅行続編の前に昨日の様子などを挿入します。

 9日ぶりに野付ウシの庭でもある「仁頃山」へ登ってきました。
 (僅か829mの山ですが、登ってきたダイヤモンドヘッドに比べると、さすがに山です)
 花も出てきたので通常より1時間以上も道草をくってしまいました。


 s-TG3-20190425-155124-0.jpg
 今回は午後の登山ですが、麓の富里ダム湖はすっかり氷も消えていました。(4/16時点では残っていた)

 s-TG3-20190425-122339-0.jpg
 登山道周辺の雪が消えた「東新道」に入ってすぐ、昨秋から花の準備をしていた「フッキソウ」が開花直前の状態に。

 s-TG3-20190425-122838-0.jpg
 花の前に緑を見せていたのはコケ類です。半球状の群落をつくる「タマゴケ」かな?
 s-TG3-20190425-122925-0.jpg

 s-TG3-20190425-122953-0.jpg
 コケ類は成長過程で形も変わったりするので、特定するのが難しいなぁー
 s-TG3-20190425-123009-0.jpg

 s-TG3-20190425-131122-0.jpg
 樹木を這うように成長しているものがありました。これも未特定。
 s-TG3-20190425-131142-0.jpg

 東新道でいち早く咲くのは微細な花を持つ「ヒメイチゲ」です。この辺の個体は小さくて背丈も5cmほど。
 s-TG3-20190425-123734-0.jpg

 s-TG3-20190425-124150-0.jpg
 陽射しが足りないため、開ききっていませんでした。これからもう少し背丈は伸びるはずです。
 s-TG3-20190425-124415-0.jpg


 s-TG3-20190425-131808-0.jpg
 登山道は中腹まではほとんど雪も消えていて、一部に残っている程度です。

 s-TG3-20190425-132826-0.jpg
 五合目で別ルートの「中央道」の様子ですが、雪が見えません。

 s-TG3-20190425-132844-0.jpg
 休憩場所には雪を積んだ場所にペットボトルが二本。 毎度のことですが、中身は?
 s-TG3-20190425-132858-0.jpg
 実はシラカバの樹液が入っています。ボトルは汚れて見えますが中身は問題なく100%シラカバ樹液です。
 「飲みたい人はどうぞ」という事で、野付ウシは毎年いただいています・・・ウマイ!大自然のプレゼント!
 シラカバ樹液は健康にも良く様々な効果を期待できるんですよ。(ググったらたくさん出ます)
 常連さんが毎年の今頃に樹液を採集して、登山者に振る舞っているんですよ。

 s-TG3-20190425-133841-0.jpg
 登山道は六合目あたりから雪が増えてきますが、路肩では出たばかりと、成長続けるフキノトウが混在。

 s-TG3-20190425-133605-0.jpg
 やがて登山道は雪に埋もれた状態になります。

 s-TG3-20190425-135917-0.jpg
 山頂の階段も露出してきました。 山頂温度計は+5度くらいで微風です。
 s-TG3-20190425-140017-0.jpg

 s-K70-20190425-140028-0.jpg
 霞がかかったような状態で、遠景は無理のようです。 ダム湖も水の色が復活しました。

 下山は花が進んでいる管理車道へ下りていきました。

 s-K70-20190425-145033-0.jpg
 途中で見つけたのは「ヨブスマソウ」という植物ですが、山菜として優秀なんですよ。初物は天ぷらでいただきました。
 お浸しや和え物にも合うホロ苦い食感です。成長すると3mにもなる巨大な植物です。(若い時だけ山菜扱い)
 
 s-K70-20190425-143010-0.jpg
 一輪だけ見つけた「エンレイソウ」です。まだ開花直前のじょうたいですね。

 s-K70-20190425-144004-0.jpg
 これは「エゾキケマン」というケシ科の花で高さ20cmほどです。 ◯◯ケマンと名付花は数種類あります。
 s-TG3-20190425-144054-0.jpg


 s-TG3-20190425-144317-0.jpg
 山で咲くアブラナ科ではいち早く名乗りをあげる「エゾノイワハタザオ」です。 開花した後にグングン背丈を伸ばします。
 s-TG3-20190425-144431-0.jpg


 s-K70-20190425-150400-0.jpg
 自宅周辺でも見掛けたジンチョウゲ科の「ナニワズ」です。 成長しても50cmほどしかなりません。
 s-TG3-20190425-150651-0.jpg
 厚ぼったい4枚の花びら風なものは萼片です。


 s-K70-20190425-150139-0.jpg
 湿った場所に出てくる「ツルネコノメソウ」ですが、ネコノメソウ仲間が多すぎて判別が難しいです。
 s-TG3-20190425-151503-0.jpg
 微細な8本の雄しべと、これまた小さい葉の形などで見分けます。面白い形をしてますね。


 s-K70-20190425-150657-0.jpg
 遠くからでも目を引く春の花の代表格は『エゾノリュウキンカ』です。 ようやく開花しました。
 s-TG3-20190425-151328-0.jpg
 山菜としても珍重されるため、盗掘も多いですね。今年は無事に咲き終わることができるかな?
 s-K70-20190425-150809-0.jpg
 そっくりな「エンコウソウ」も同じ場所にありますが、まだ固いつぼみでした。

 
 s-K70-20190425-150855-0.jpg
 同じ湿地に僅かだけ出ている「ミズバショウ」です。 
 s-K70-20190425-150920-0.jpg
 今年はまだ群落を見にいってませんが、GW中に何とか見に行きたいですね。

 取り急ぎ昨日撮ってきたばかりの花を、速報版でUPしました。

 春は多くの花が一気に開花するので、ためておくと掲載できずに終わったりします。

 明日は、ハワイの続編に戻ります。


 連休でお出かけの方は、天候も不安定なようですから、
  運転にも健康にも気をつけていってらっしゃい!!


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ハワイ旅行記  

 今日は朝からドンヨリな空模様...日中の最高気温で4度の予想。
 日暮れの頃から明日にかけては雪の予報で、多いところで20cm積もるんですと!!
 せっかく花も咲きはじめ、連休もスタートするのにねぇ。
 まぁ、お天気ばかりは文句言っても変わりません・・・

 さて、先週から今週にかけて2年ぶりのハワイへ行ってきました。
 昨年はタヒチに行ってますので、3年連続で出かけてます(暫く控えなきゃ...)
 今回は40年来の夫婦共々の友人(女性二人)に、ぜひ一緒に!と言われて同行したものです。
 女性三人との旅行ですから、野付ウシはおとなしく付いていくのみ(笑)

 地元の「女満別(めまんべつ)空港」から15時のJAL便で羽田へ、バスにて成田へ向かいました。
 事前にWebチェックインしてますので、手続きは簡素です。
 無料のWi-Fiルーターもレンタルしました。

 s-Ca-20190418-202629-0.jpg
 成田発のJALにてホノルルへ向かいます。
 s-Ca-20190418-202910-0.jpg

 s-Ca-20190418-223653-0.jpg
 機内食は昔と比べると、かなり質素になってきましたね。今回は「生江史伸シェフ監修」の食事だとか・・・まぁ美味しかったです。

 機内で朝食も出ると思っていたら・・・パンと水を配られてオシマイでした。(-_-) 以前は普通に出ていたのになぁ。
 いつものことながら野付ウシは寝られずに、映画二本を見て時間を過ごしました。(一睡もできず)

 s-Ca-20190419-042655-0.jpg
 09:35 ホノルル到着です。機内も空いてましたが空港の入国手続きもかなり空いていました。

 s-Ca-20190419-053426-0.jpg
 高速経由でワイキキのツァーデスクに向かいます。

 s-Ca-20190419-055154-0.jpg
 市内へ入り、ツァーデスクで滞在中の確認をして、13時以降のチェックインまでの時間を過ごします。

 s-Ca-20190419-070324-0.jpg
 カラカウア通り沿いのビーチを眺めてから、ランチをとることに。
 s-Ca-20190419-070410-0.jpg

 女性陣の要望で話題の「パンケーキ」を食べることにしました。
 すぐ近くにある「Eggs'n Things(エッグスンシングス)」のエグスプレス店へ。
 入口前の階段には行列が出来ていますが、人数は多くはないので並びます。
 日本のパンケーキブームの火付け役となったお店です。
 日本語併記のメニューもあるので、英語力ゼロでもOKですよ。

 s-i8-20190418-122021-0.jpg
 カラカウア通りに面した店内です。特に広くはないお店ですが店員は多め。

 s-Ca-20190419-072907-0.jpg
 窓の外を眺めながらフルーツジュースを飲みながら待ちました。巨大なバニアンツリーも目の前に。
 s-Ca-20190419-081907-0.jpg

 s-Ca-20190419-073751-0.jpg
 はい、お待ちどおさま! 名物のパンケーキがドンと出てきました。大きいので4人で2つ注文しています。
 美味しかったですよ、女性には特に受けがいいでしょうね。野付ウシはパンケーキなんぞ普段は食べないですけど。 
 パンケーキは概ね10-13ドルほどです。今回は4人で2つ+フルーツジュースを注文しました。

 市内を少し散策してからホテルにチェックインします。
 s-Ca-20190419-055341-0.jpg
 今回のホテルは...前回も使ったお気に入りの「プリンセス・カイウラニホテル」です。
 カラカウア通りに面しており、場所的にも使い勝手の良いホテルです。(※近い内に建て替えられるとか)

 s-Ca-20190419-111650-0.jpg
 プールは小さいです。正面のタワー18階に今回泊まった部屋があります。
 s-Ca-20190419-111703-0.jpg
 プールサイドにあった注意看板の絵が面白くて撮ってきました。
 
 s-K70-20190422-022507-0.jpg
 部屋からの長めです。左のタワーは「ハイアット・リージェンシー」、眼下の歴史のあるホテルは「モアナ・サーフライダー」。
 s-Ca-20190419-101756-0.jpg
 少し沖合にはたくさんのサーファー(にわかサーファー)が練習中のようです。

 休憩の後に市街地を散策し、夕食もとってくることにします。
 s-Ca-20190419-112503-0.jpg
 ホテル隣の「International Market Place」をのぞいたり・・・
 s-Ca-20190419-115606-0.jpg
 煌めくワイキキビーチをぶらついてから、ロイヤルハワイアンセンターをぶらり。

 s-Ca-20190419-131632-0.jpg
 ちょうど夕方の無料のショーをやっていたので、しばらく立ち見です。
 s-Ca-20190419-131653-0.jpg
 市内のアチコチでこのようなショーが行われていますね。

 s-Ca-20190419-093740-0.jpg
 すぐ近くにあった「フードコート」で夕食を済ませることにしました。

 和洋中のお店がありますが、たまたまベトナム料理のお店でそれぞれ注文します。
 s-Ca-20190419-134212-0.jpg
 野付ウシが頼んだのは牛肉の載ったご飯とスープ(フォー)でした。 春巻きはみんなでおすそ分け・・・
 モヤシのサラダですが...全部生のままで、食べられたものではありません。

 機内で一睡もせずに、さらに一日動き回ったので、早めに休むことにしてホテルへ戻りました。
 s-K70-20190419-152922-0.jpg
 窓からの夜景です。ご存知かと思いますが日本のようにハデなネオンサインや点滅はありません。
 s-K70-20190419-152723-0.jpg
 月の光が夜の街を照らしていました。

 s-Ca-20190419-144131-0.jpg
 どうやら「ほぼ満月」のようです。 早めに寝ることにしました・・・おやすみなさい。

 次の日は予定があったのですが、たまたま出会った美人セールスに誘われてリゾート地の見学をすることに。
 今回泊まったホテルも傘下にしている『マリオット・ホテル』の無料ツァーでした。
 オアフ島の西側「コオリナ地区」にあるビーチリゾートです。(ワイキキから車で40分)

 素晴らしい場所でした。 次回に記事をUPしますね。
 ※途中に通常の記事をはさみながら旅行記は進めようと思っています。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

戻ってきました  

 1週間のご無沙汰です。 無事に戻ってきました。

 とりあえず旅行中の画像などは、700枚ほどになり整理は後回しになります。
 季節が激しく変化する時期ですから、1週間でも大きく変わっています。
 先に周辺の様子をUPしておこうと思います。

 昨日は27度まで一気に気温が上がりましたが...今日は10度ほどの予想です。
 そして明日から明後日にかけては、何と雪の予想で土曜日の予想最高気温は+1度だとか?

 氷点下の朝もあるようで、もうむちゃくちゃな気温差でしょ

 さて、不在中の変化を確認しようと、取り急ぎ周辺の変化をササッと撮ってきました。(それでも150枚)
 ご近所のみの状況ですが、もちろん雪は消えて花が咲き始めたようです。
 
 今日は、そんな様子を先行してUPし、旅行のお話は順次ご報告の予定です。

 s-K70-20190424-133824-0.jpg
 この時期にキノコ画像?ですが、少し早めの「アミガサタケ(モリーユ)」が顔を出しました。(美味しいですよ)
 
 s-K70-20190424-134437-0.jpg s-K70-20190424-135709-0.jpg s-K70-20190424-140029-0.jpg s-K70-20190424-140524-0.jpg
 出かける前から咲き始めた「エゾエンゴサク」や「マルバマンサク」、キタコブシの蕾も膨らみ「サクラソウ」も開花です。


 s-K70-20190424-140945-0.jpg
 「ツクシンボ(スギナ)」は春のシンボルでもありますね。 旬の山菜として食する人はだんだん減っているようです。

 s-K70-20190424-150447-0.jpg s-K70-20190424-151711-0.jpg s-K70-20190424-152724-0.jpg s-K70-20190424-153957-0.jpg
 春の花「タツタソウ」、「スイセン(八重)」、「ヒメオドリコソウ」、「シバザクラ」なども咲き始めたようです。


 s-TG3-20190424-141130-0.jpg
 たかがたんぽぽ、されど「セイヨウタンポポ」ですね。 花だけ見れば素晴らしい花だと思いますが?

 s-TG3-20190424-135001-0.jpg s-TG3-20190424-135152-0.jpg s-TG3-20190424-135245-0.jpg s-TG3-20190424-141253-0.jpg
 「チオノドクサ」は種類も多くて...「キバナノアマナ」も急増、ツボミだった「ナニワズ」は素朴な花...野生化した「ムスカリ」です。


 s-TG3-20190424-143316-0.jpg
 ほぼ昨年と同時期ですが『エゾムラサキツツジ』が咲き始めました。 ここオホーツク圏では多い花です。

 s-TG3-20190424-141456-0.jpg s-TG3-20190424-144750-1.jpg s-TG3-20190424-152006-0.jpg s-TG3-20190424-153754-0.jpg
 「フキノトウ」は塔が成長中、「キジムシロ」の黄色が眩しいです。種類が多すぎるスミレ、そして周辺を彩る「レンギョウ」も。

 ちょっとの間にワサワサと咲き出した花たちです。数が多いのでサムネ表示を増やしています。
 これらの花はまた再登場するかもしれません。

 雪の予報もありますが、仁頃山の様子も気になりますので、この後に見てこようかな?と。
 

 s-K70-20190420-080840-0.jpg
 ところで、旅行先ですが一昨年も訪れたハワイでした。(画像は遊びに行った郊外のコオリナリゾートの一部)
 追って少しずつ報告もしたいと思っています。


 GWでお出かけの方も多いでしょう。 
 楽しい連休になるよう、お祈りしています!!


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2015年~登山記録  


市内近郊の 『仁頃山』 以外にも、日帰り登山を少しずつ始めました。(周辺の山は下の方に記載)

 ※2015年2月から急に思い立って近郊にある 『仁頃山829m』 に登りました。
   2月と言えば厳寒期&多雪期でもあり、何でそんな時期に?
   さて、自分でもよくわかりませんが...とにかくスノーシューを買って登りました。
   いきなりスノーシューで山を登るわけですから「とんでもなく大変なこと」でした。
   スキーは物心がついた時から滑ってましたが、スノーシューは初体験。
   普段の運動不足も祟って、大汗をかいてヘロへロになってたどり着いたわけです。

   それで終わりか・・・とも思ったのですが、せっかくシューも買ったし...また登ったわけです。
   そんな調子で数回登ると、キツさは当然薄れてきます。
   冬の汗も爽快に思えるようになりました。
   それから、週に1度くらい登るようになり、夏も続けるようになりましたね。
   仁頃山は「たかが829m」ですが、ルートが7つもあり最長は片道6-7km歩きます。

   それらのルートをアチコチ歩きながら1年を過ぎた頃・・・
   近くの山も登って見るべか? なんて思うようになったわけです。
   (40歳くらいまでに「赤岳、黒岳、旭岳」など少しだけ登ったことはあります)
   そこで、トシもトシなので無理をせず、原則『日帰り登山』にて登り始めたものです。

   周辺の山を走破するのは大分先になりそうですが、頑張ってみます!
   仁頃山の登山は週に2-3回にペースアップしているので、合間に少しだけ他の山を。
   いつまで、どこまでか先はわかりませんが...そんな状況で続けてみますね。
   


 山ごとに登山の記録をここでまとめておこうと思います。
 s-15-123756-3.jpg

 ● 北見市近郊 『仁頃山 829m』 の登山記録=月ごとのまとめです。
   ※仁頃山は北見市郊外にあり、我が家から18kmほど(車で25分)の距離です。
     独立峰なので、条件が良ければ大雪、阿寒、知床、オホーツク海...360度展望できますよ。

     
     ※仁頃山については平常のブログの中に織り込んでUPしています。

 2015年  2月=2回、 3月=4回、 4月=5回、5月=4回、 6月=5回、
        7月=5回、  8月=6回、 9月=4回、 10月=5回、 11月=7回、 12月=7回     年計 54回


 2016年  1月= 9回、 2月= 8回、 3月=11回、 4月=10回、  5月=9回、 6月= 10回、
        7月= 9回、 8月=10回、 9月= 9回、 10月=8回、 11月=12回、 12月=11回     年計 116 回  (累計160)


 2017年  1月=13回、 2月= 9回、 3月=14回、 4月=12回、 5月=12回、 6月=7回
        7月= 7回、 8月=11回、 9月= 7回、 10月=10回、11月=14回、 12月=14回  年計 130回   (累計300)


 2018年  1月=13回、  2月=11回、  3月=12回、 4月=12回、 5月=12回、 6月=3回、
        7月= 8回、 8月=10回、 9月= 9回、 10月=11回、11月=14回、 12月=15回  年計=130回  (累計430)


 2019年  1月=14回、  2月=13回、  3月=13回、 4月=11回、 5月=12回、 6月=11回、
        7月=11回、  8月=11回、  9月= 6回、 10月=11回、 11月=13回、12月=14回

                                                            年計=140回 (累計570回)

 




 ● 仁頃山以外の日帰り登山記録(2016年~)



 2016年3月10日     藻琴山(1,000m)     「ハイランド小清水」下より往復
                記事記載=3月10日、 3月11日

 2016年6月 7日     西別岳(800m) + カムイヌプリ(857m)     「西別小屋」から縦走往復
                記事記載=6月9日、 6月10日

 2016年6月28日     雌阿寒岳(1,499m) + 阿寒富士(1,476m)   「雌阿寒岳~オンネトー~野中温泉」
                記事記載=6月29日、 6月30日

 2016年7月14日     雄阿寒岳(1,370m)    「滝口」より往復  
                記事記載=7月16日、 7月17日

 2016年8月 4日      赤岳(2,078m) + 白雲岳(2,230m)   「銀泉台」より往復
                記事記載=8月6日、 8月7日


 2016年9月27日      黒岳(1,938m) + お鉢めぐり (中岳 2,113m、間宮岳 2,185m、松田岳 2,136m、北海岳 2,149m)
                 層雲峡温泉よりロープウェイ&リフト七合目まで利用
                 記事記載=9月29日、 9月30日


 2016年10月02日     斜里岳(1,547m)   清岳荘から登山(登り旧道、下り新道)
                 記事記載=10月04日、 10月05日






 2017年2月25日      藻琴山(1,000m)     「ハイランド小清水」下より往復
                 記事記載=2月26日2月27日


 2017年04月11日     知床半島 海別岳(1,419m)    194林道入口より~1155地吹雪で途中撤退
                 記事記載=4月12日、 4月13日


 2017年05月30日      武佐岳 (1,006m)     中標津町 登山口より往復
                 記事記載=5月31日


 2017年06月27日      摩周岳(カムイヌプリ) 857m    摩周湖第一展望台より往復
                  記事記載=06月29日   


 2017年07月07日      大雪山・緑岳(2,020m)   高原温泉より往復
                  記事記載=07月09日、 07月10日


 2017年07月15日       雌阿寒岳 (1,499m)  阿寒湖側登山道より往復
                  野中温泉、オンネトー登山口と反対側となるクラシックコースを利用しました。
                  記事記載=07月16日、 07月17日 


 2017年07月27日       大雪山・北鎮岳(2,244m)  層雲峡ロープウェイ黒岳経由
                   記事記載= 7月29日、 7月30日


 2017年08月10日       北大雪  ニセイカウシュッペ山 (1,878m)  古川林道より往復
                   記事記載= 8月12日、 8月13日

                   同日分岐点よりアンギラス登頂(1,830m)
                   記事記載= 8月14日


 2017年09月01日       大雪山(永山岳 2061m、安足間岳2100m・比布岳2197m)   愛山渓温泉より往復
                   記事記載=09月02日、 09月03日


 2017年09月25日        大雪山 沼ノ平(沼めぐり)、 当麻乗越(1,700m)   愛山渓温泉より往復
                    記事記載=09月27日、 09月28日


 2017年10月06日        斜里岳 (1,547m)    清岳荘から登山(登り旧道、下り新道)
                    記載記事=10月09日、 10月10日






 2018年1月31日          藻琴山(1,000m)  「ハイランド小清水」下より往復
                     記事記載=2018. 2月02日


 2018年3月21日          知床 海別岳(1,419m)   194林道入口から
                     記事記載=2018.3月22日、 3月23日


 2018年4月2日           チトカニウシ山(1,446m)    国道333号 北見峠から往復
                      記事記載=04月03日


 2018年6月4日           雌阿寒岳(1,499m)    野中温泉登山口から往復
                      記事記載=06月05日


 2018年7月20日           北大雪 平山(1,771m) ※途中引き返し   平山登山口から往復
                      記事記載=07月23日


 2018年7月27日           大雪山 緑岳(2,019m) +白雲岳(2,229m)   高原温泉登山口から往復
                      記事記載=07月29日、 07月31


 2018年8月20日           雄阿寒岳(1,370m)   阿寒湖畔登山口より往復
                      記事記載=08月23日


 2018年9月2日            東大雪 石狩岳(1,967m)    シュナイダーコース登山口から往復
                       記事記載=09月03、 09月04日


 2018年9月12日            北大雪 白滝天狗岳(1,553) + 有明山(1,635m)  旧北大雪スキー場下から往復
                       記事記載=09月14日、 09月15日


 2018年9月21日            大雪山 赤岳(2,079m)~黒岳(1,984m) 縦走(+小泉岳・北海岳)   銀泉台発~層雲峡着
                       記事記載=09月23日、 09月24日


 2018年10月4日            摩周岳(カムイヌプリ) 855m    摩周第一展望台より往復
                        記事記載=10月06日


 2018年11月4日            北稜岳(1,254m)  陸別 北稜岳山小屋から往復
                        記事記載=11月6日






 2019年 1月20日            雌阿寒岳 (1,499m)  野中温泉より往復
                        記事記載= 1月22日


 2019年2月22日             藻琴山(1,000m)    「ハイランド小清水」下より往復
                        記事記載=2月27日


 2019年3月18日             辺計礼山(732m)    登山口手前鹿柵より往復
                        記事記載=3月20日


 2019年6月21日             雄阿寒岳(1,370m)   滝口より往復
                        記事記載=6月24日


 2019年6月26日            藻琴山(1,000m)      ハイランド小清水より往復
                        記事記載=6月28日


 2019年7月12日             知床;羅臼岳 (1,660m)    岩尾別温泉より往復
                        記事記載=7月14日7月15日


 2019年7月22日              北大雪;平山(1,771m)・比麻奈山(1,811m)    白滝;平山登山口より往復
                         記事記載=7月24日7月25日


 2019年7月29日              表大雪;緑岳(2,019m), 白雲岳(2,229m)    高原温泉より往復
                         記事記載=8月1日8月2日


 2019年9月4日               東大雪 ニペソツ山(2,013m)   幌加温泉より日帰り
                         記事記載=9月6日9月7日


 2019年9月11日              表大雪; 愛別岳(2,113m)     愛山渓温泉から日帰り
                         記載記事=9月13日9月14日


 2019年9月18日              表大雪; 御鉢巡り (2千m級山々を一回り)  層雲峡温泉より日帰り
                         黒岳、北海岳、間宮岳、中岳、北鎮岳肩を左回りにて一周
                         記事記載=9月20日9月21日


 2019年10月6日              北大雪; 朝陽山 (1,370m)    層雲峡温泉より往復
                         記事記載=10月8日、 10月9日


 2019年10月10日              雌阿寒岳 (1,499m) ・阿寒富士 (1,476m)    オンネトーより往復
                         記事記載=10月11日、 10月12日


 2019年11月3日               摩周岳(857m) (カムイヌプリ)   摩周湖第一展望台より往復
                         記事記載=11月7日









野付牛公園早春  

 s-K70-20180427-132309-0.jpg

 昨日は夏日!でも高い気温は今日までで、この後は平常に戻りそうです。
 さて、冒頭に画像を貼りましたが、今日から1週間ほど旅に出ます。
 1週間だと多分20種前後の花が開花するはず...で残念! でもやむ無しです。(-_-)

 野付ウシは予約投稿は基本的に1日分しかしませんので、更新お休みします。
 不在時は訪問もリコメもできないので、コメントも閉じさせていただきます。
 更新開始は25日頃?と想定しています。 また遊びに来てください。


 さてさて、少しずつ春へ向かっていますが、裏手の公園を回ってきました。

 s-TG3-20190416-134221-0.jpg
 緑が無いのが寂しいですが、この数日で池の氷はすっかり消えました。
 s-TG3-20190416-134617-0.jpg
 まだ池のボートは陸揚げされたままで、GWからの営業かと思われます。


 s-K70-20190416-134332-0.jpg
 まだ少ないながらもカルガモがスイスイ泳いでいました。 間もなく続々と飛来するはずです。
 s-K70-20190416-134232-0.jpg

  
 s-TG3-20190416-134525-0.jpg
 池の回りにはエゾヤマザクラがたくさんありますが、ほんの少しだけ桜の蕾も膨らんだようです。

 人が入らない藪の中にフクジュソウの群生があります。(一度紹介済)
 時期的にフクジュソウの画像は最後になるかと思います。(多分)

 s-TG3-20190416-135627-0.jpg
 公園の一角に人が入らない藪地がありますが、春はフクジュソウだらけになります。
 s-K70-20190416-134954-0.jpg

 野生のものは本当にガッシリした感じがしますね。
 s-TG3-20190416-135355-0.jpg
 で...以前にも記載しましたが、この地域では「キタミフクジュソウ」と言われる種類が多いんですよ。
 何が違うかといえば、葉の裏に微細な毛があること、一株に1本しか花を付けないこと..等の違いです。
 s-TG3-20190416-135545-0.jpg
 葉の比較は、もっと成長しないと判断が難しいですね。

 s-TG3-20190416-135521-0.jpg
 で、特徴的な茎の部分を撮ったものです。一株から複数枝分かれして花を付けてます。
 これは通常で言う「フクジュソウ」かと思われます。
 この場所には双方の種類が混じっているようですが、「キタミフクジュソウ」は少ないようでした。

 背が伸びて葉が大きくなる頃には、花弁が落ちて種を形成するようになりますね。

 池の回りでは、GW頃から「エゾヤマザクラ」、「エゾムラサキツツジ」などが一斉に開花するはず。

 訪れす人も増え、散歩や花見で賑わうことでしょう。 

 そんな季節ですが、1週間ほど出かけてきます。

 戻った頃には花も増えていて、野付ウシも忙しくなりそうです。

 では、行って気まーーーーす。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

春も一歩前へ  

 昨日は16度まで気温が上がりましたが、今日の予想は何と23度です!
 ちなみに2018年の4月では18日から気温が上昇し、21日には27度の記録が残ってます。
 GW前後は極端な気温になりがちですね。

 週明けに登った仁頃山の春の様子などを・・・

 s-TG3-20190414-114322-0.jpg
 富里ダム湖も氷がゆるみ、一部では水が滲み出ていたり、氷が落ちたりしています。 もう少しで湖面が現れそう。
 s-TG3-20190416-091703-0.jpg

 s-TG3-20190414-090408-0.jpg
 東新道の登山口です。 登山道も雪がどんどん消えています。

 s-TG3-20190414-100752-0.jpg
 ここは七合目の上ですが、さすがにここまで来ると雪もたくさん残っていますね。

 s-TG3-20190414-102416-0.jpg
 このときの山頂の温度計は、9度を指していました。 陽射しもあって暖かい山頂でした。

 珍しくゆっくり休憩をした後に、下山して管理車道を下ります。
 春が少しだけ早めの湿地を見てみます。

 s-K70-20190414-110729-0.jpg
 少しずつながら成長していた「エゾノリュウキンカ」が、ようやく開花直前になったようです。
 s-TG3-20190416-105218-0.jpg
 一気に咲くか?? 気温次第ですが、先に2-3輪が咲きそうですね。

 s-TG3-20190414-111041-0.jpg
 すぐそばでニョキニョキと顔を出していたのは「バイケイソウ」ですね。 今年は花を咲かせるか?
 とても素敵な花を咲かせますが、数年に一度しか咲きません。
 なお、オオバギボウシ(うるい)と間違えて、山菜として食べると危険です(全草に毒があります)。

 s-TG3-20190416-105804-0.jpg
 林道脇の雪解けの様子です。 いかにも山里の春!という感じですね。

 s-TG3-20190416-110329-0.jpg
 林道沿いにある「春限定の小さな池」では、エゾアカガエルとエゾサンショウウオが卵を沢山産み付けます。

 s-K70-20190414-112646-0.jpg
 林道でヒラヒラと舞うチョウをたくさん見掛けます。 代表は「クジャクチョウ」です。
 s-K70-20190416-104522-0.jpg
 フキノトウとのツーショットはいかにも春らしいですね。

 s-K70-20190416-094146-0.jpg
 同じようなタイプの「ヒオドシチョウ」も飛んでいます。

 この二種類はこの状態で冬を超すという、変わった生態のチョウです。
 枯れ葉の中などで晩秋~冬を過ごし、春になると活動します。真冬は-20度以下...冷凍仮死状態でしょうね。

 s-K70-20190414-113058-0.jpg
 林道脇の崖には「エゾエンゴサク」が一輪。 登山客が最初に見るエンゴサクです。

 s-K70-20190414-112903-0.jpg
 ダム湖へ流れる渓流の最後の滝ですが、水量が増しています。
 もう少しすると、水の音も『ゴォ~』っと大音量になりますよ。

 s-TG3-20190416-110733-0.jpg
 ダム湖の奥から撮った風景です。コチラ側も水が滲み出ています。

 この状態だと数日で湖面全体が出てきそうな雰囲気ですね。
 
 仁頃山の麓では本格的な春がやってきそうです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ハクチョウも一休み  

 今日は早めに山へ出ていたので、珍しく更新が午後になりました。
 風が強めながら良いお天気で、気温も上昇中!!

 前回のサロマ湖畔からハクチョウが休憩中のキムアネップ岬へ向かいました。

 s-K70-20190413-103713-0.jpg
 岬の手前でオオハクチョウが草の芽などを食べているところを通ります。 前回見た時よりは多くないです。

 s-K70-20190413-103909-0.jpg
 いつもハクチョウが集まる湖畔に着きましたが、今日は少なめのようです。

 s-K70-20190413-103939-0.jpg s-K70-20190413-103949-0.jpg s-K70-20190413-104006-0.jpg 
 周辺の牧草地や麦畑に出かけているのでしょう。


 s-K70-20190413-104016-0.jpg
 ずっと先にあるリゾートホテルのある栄浦をズーム。 すごい数の水鳥たちが見えますね。

 s-K70-20190413-104552-0.jpg
 岬の反対側へ出てみました。 青い空に青い海(湖)・・・広々として気持ちいいです。

 s-K70-20190413-105144-0.jpg
 今回は栄浦方面は行かずに、湖畔沿いを抜けて一旦北見に戻ります。 ハクチョウさん元気で帰るだよぉ~!


 お天気が良かったので、市内の川沿いにある公園に立ち寄りました。
 川沿いに車を停めて、暖かい風を楽しんでみました。
 s-K70-20190413-114318-0.jpg
 これから緑いっぱいの季節がやってきますね。 水面がキラキラ光ってます。

 s-K70-20190413-114245-0.jpg
 下流を見ると人影が。。。ズームアップしてみたら、親子で魚釣りをしているようです。
 
 で・・・野付ウシがここへ立ち寄った目的は・・・実はネコヤナギでした。
 s-K70-20190413-115424-0.jpg
 白い綿毛でツルツルと可愛い姿は終わり、黄色い花を咲かせる季節です。

 s-TG3-20190413-114705-0.jpg
 大きく膨らんで、こんな状態でしたね。 
 
 これから花らしくなりますが、ネコヤナギには雄花と雌花があります。
 s-TG3-20190413-114636-0.jpg
 これは多分雌花でしょうかね。 おとなしそうな雰囲気があります。

 s-K70-20190413-115519-0.jpg
 一方で、華やかに彩られるのが雄花です。 花弁はなくてシベが二本伸びてきます。
 s-TG3-20190413-114817-0.jpg
 最初に紅色に色づきながら膨らんできます。 それから黄色い葯が目立ってきますね。
 s-TG3-20190413-115024-0.jpg

 s-TG3-20190413-114727-0.jpg
 一部が盛り上がるようになって、それが全体に広がるようですね。 
 s-TG3-20190413-114738-0.jpg


 s-K70-20190413-114406-0.jpg s-K70-20190413-114825-0.jpg s-TG3-20190413-115114-0.jpg s-TG3-20190413-115147-0.jpg
 これをしっかり写したくて河原に立ち寄ったわけです。

 仁頃山でもあるのですが、手が届かない高い場所が多いんですよね。

 この花が終わる頃には、ヤナギの葉も出てきて周辺も緑の葉に覆われます。

 いよいよ本格的な春がやってきそうです!!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top