FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

スズメも学習  

 今日から寒気がやってきて・・・との予報です。
 青空で良いお天気なのですが、真冬日とのこと。

 昨日も良いお天気だったので、日中はプラスかな?と思えば・・・
 風がひどく冷たく、最高気温も -3度止まりでしたよ。
 
 昨日はイブ、今日はクリスマス・・・子供さんと一緒に楽しまれる方も多いかと。
 子供さんが独立した後は、だんだんジミなクリスマスになりますね。
 先日も話題にしましたが、若者も思っている以上に単独で過ごす人が多いとか。

 淡々と日常を繰り返す人達が、思ったより多いということですね。
 TVも含めて大げさに騒ぎすぎかもしれませんね。
 我が家も病室と自宅でそれぞれ寂しいクリスマスです(笑)

 このところ動きが制限されたりもあって、ネタ切れになってます。
 病院への出入りと、嫁さんが動いていたNPOボラのフォロー等もあって...


 今日は簡単更新にて・・・場合によっては次回を休むかもしれません。

 s-K70-20181224-070621-0.jpg
 相変わらず数十羽のスズメが何度も餌を求めてやってきます。
 夜の内に餌を補充し、昼頃にはもう一度追加しますが、夕方には空っぽになります。

 s-K70-20181224-070816-0.jpg
 餌の減り方が激しいので、昨日も二袋追加で購入しました。
 何のお返しも期待できませんが(笑)、元気に冬を越して欲しいと思っています。

 実は、ブログでも載せましたがカラスに襲われ一羽が犠牲になりました。
 その直後には「ハイタカ」の襲撃もありました。(無事でしたが)
 そのことでスズメたちは学習したのかもしれません。
 以前よりも警戒心が強くなったように思います。

 s-K70-20181224-070802-0.jpg
 物音や我が家での居間での動きがあると、餌台から避難してココの茂みに待機します。
 これは少し前の画像ですが、現在は同じ場所を見てもスズメの姿はほとんど見えません。
 よく観察すると、よく目立つ枝の先に止まらなくなり、真ん中より下側にまとまって止まっていました。
 見づらいことと、枝が密集しているのでカラスなども襲いにくいのです。
 
 なぁるほど、以前の事件で学習したのかなぁ・・・と思ったのです。
 それまでは枝の先の方に群れて止まっていたのが、みんなが下の方に移動したのです。
 襲われないための方法を本能的に理解したようです。

 
 それから、面白いことに、途中で餌を追加したら・・・
 どこで見ているのか、数分でザザッとスズメが団体でやってきます。
 近くにいる様子はないのですが、「偵察担当」のスズメがいるんでしょうかねぇ。
 
 餌台の母屋とブランコの下の地面は、食べた後に残る草の実の殻で茶色に染まっています。
 すごい量の餌ですから、食べ残しもそれなりにあるようです。
 その食べ残した草の種から、春には大量の新芽が芽吹くのです。
 まるで芝生が生えるように。一応庭なので放っておけないので草の処分も必要なんです。
 まぁ、それこそ『自分で撒いた種』ですからね(笑)

 スズメたちの様子でした。。。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top