FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

少雪の仁頃山  

 いよいよ今年も1週間ですか・・・平成最後の年末年始ですね。
 来年の祭日が見えてきたようですが、早めに作成したカレンダーは手書きで直さなきゃ。
 4月末からの連休も10連休?? 野付ウシの買ったカレンダーも直さなきゃ。
 天皇誕生日も今年限りで、次は再来年の2月なんだとか。(まぁ当然か)
 
 山も街もさっぱり変化が無い状態で淡々と過ぎています。
 雪はずーっと降ってなくて、12月7日に降ったきりかと思います。
 山も徐々に雪が減っていて、登山道も固くなってきたような気がしました。

 変化が無いとカメラも出す気にならず、前回(12/21)に撮った霜&氷の花などを少しだけ。

 s-TG3-20181218-103332-0.jpg
 山頂から見た霧氷のダケカンバ群です。八合目あたりから上だけ白くなっています。

 s-TG3-20181218-103406-0.jpg
 山頂の手すりに載った雪をズームしたもの。 キラキラ光っていたもんでね。

 s-TG3-20181218-103240-0.jpg
 s-TG3-20181218-103220-0.jpg
 s-TG3-20181218-103206-0.jpg
  山頂付近の小さな木の枝に付いた水蒸気の結晶です(霧氷)。
 

 s-TG3-20181218-103107-0.jpg
 s-TG3-20181218-102958-0.jpg
 s-TG3-20181218-102805-0.jpg
 そして枯れた草に付いたものも・・・

 昨日も登山してきましたが、代わり映えしないのでカメラを出さずにおわりました。


 ところで、皆様からご心配をいただいた嫁さんの病気のことですが・・・
 少しだけ落ち着いたようで、表情もよくなりました。
 ただ、まだ咳が止まらなく『百日咳』の検査結果も出ていないので、退院も未定です。
 同じ病室の人が「インフルエンザ」だということが昨日午後に判明し、個室に移されたとか。
 感染してなきゃいいなぁ、と。 病室に居た残り3人にタミフルが出されたようです。
 インフルエンザも怖いけど、タミフルも怖いかも。
 ちょっと病室内の病人の管理・ケアは大丈夫なの? と心配にもなります。

 今回はついてないことが続きます。
 最初に「風邪かな?」と行った病院では検温もせず診察もせず・・・
 問診のみで「風邪薬だしておきます」で終わったそうです...何それ!!
 その薬飲んでいたのに、二日後には熱と咳で倒れて救急車ですから、ねぇ。
 そして絶対に行きたくないK病院へ救急車が入ったこと。
 (希望する病院が受け入れできなかったので)

 これ以上は何も起きないでほしいもんです。
 クリスマスは既に無理ですが、大晦日前には退院して欲しいなぁ・・・

 色々とご心配いただき、誠にありがとうございました。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top