FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

西オーストラリアより  

 今日はプライベートな記事になります。

 先日、オーストラリア・パース在住の娘からクリスマスプレゼントが届きました。
 (ちなみに野付ウシからもパースに送っています)

 箱の中には、こちらから依頼していた「ハチミツ&マーマレード」が入っていました。
 s-K70-20181218-140802-0.jpg
 マーマレードは特に変わったものではありませんが、パースで食べていたお気に入りです。
 いかにも「英国」を感じさせるデザインのものですが、日本では入手が難しいものです。
 紅茶に入れても美味しいもので、甘さ控えめで朝食時に使っていました。
 (ハチミツは最後に説明)


 それにプラスして、毛糸で編んだ帽子(野付ウシ用)と、靴下(嫁さん用)です。
 編み物が好きな娘は毎年のように、マフラーやらフード付きブルゾンやらを送ってきます。
 孫娘の着るものもたくさん編んでいるようです。


 もう一つ...一番喜んだのは、孫娘からの直筆クリスマスカードでした。 
 s-TG3-20181218-130439-0.jpg s-TG3-20181218-130453-0.jpg

 パースでは普段はもちろん英語(豪語)ですが、娘が少しずつ日本語も教えたりしています。
 たった一人の孫娘は現在6歳です。(動画や写真、TV電話などの往来はありますが、4年会ってません)
 片言の日本語を稀に話してくれますが、書いたものは初のお目見えでした。
 カードを開いて目にした時は、とても嬉しかったですよ。
 何よりのプレゼントになりました。
 ※「かのん」は現地で普段使わない「日本用ミドルネーム」で漢字だと「花音」です。



 s-K70-20181218-140928-0.jpg

 さて、ハチミツについては以前にブログでも掲載したことがあります。(別種のもの)
 普通にスーパーでも売っているものですが、この「JARRAH HONEY」は特別なんです。
 様々なランクもあり、現地だと日本円で千円程度~4千円ほどのものです。(500g入り)
 ニュージーランドの「マヌカハニー」と並ぶ抗菌作用が強い食品です。
 継続的に使用することで、体の抵抗力も増すようですね。

 ジャラは西オーストラリアにのみ自生するユーカリの仲間です。
 2-3年に一度しか花を付けないことも貴重な要素の一つです。
 樹齢が千年にも達するものがあり、高さも40mにもなるとか。
 日本ではマヌカハニーが有名でランクの高いものでは8千円とかしますね。
 価格的にはマヌカよりも少し安めで手に入ります。

 この瓶のデザインは初めて見ましたが、通常スーパーで売っている商品です。
 ランク(価格)の高いものは継続的に使うのも難しいですが、これだと普通に買えます。
 ランクの低いものでも「継続的に使う」のが、効果を高めるコツだとか。。。
 クセもなくほのかな甘味が心地よいハチミツです。

 なお、高い抗菌作用は、化粧品をはじめ様々なものに活用されているようです。

 Webでも様々な説明を見いだせますが、一番良いのは現地の説明HPですね。
 英語版ですが、今のブラウザーならすぐに和訳してくれますので、興味有る方はどうぞ。

 Jarrah Eucalyptus_marginata
 これは、そのジャラの花の画像です。 Webからお借りしました。(後日削除します)
 ユーカリ属は全部で800種とか1000種とか言われていますが、花は似ていますね。
 野付ウシも十数種ほど撮影してますが、とても綺麗な花ですよ。
 公園内や街路樹としてのユーカリも多く、白やオレンジ、赤など多くの色を見かけます。


 話が広がり過ぎましたが、つい懐かしんでしまうんですよね。。。

 少し早めのクリスマスプレゼントのお話しでした。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top