FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

厳寒期の鳥たち  

 今朝は最近の気温と比べれば異常に暖かい感じがしました。
 最低気温は何と -5度ですから、ここ数日の気温より10度以上も高いんですよ。
 終日曇で、最高気温は +2度くらいだそうです。 


 さて、12月も半分が終わりました。
 昨日は1週間ぶりに真冬日から一旦抜けたようで、日中はプラスになりました。(+2.7度)
 仁頃山の山頂も穏やかなお天気で、温度計は0度でしたね。

 今日は周辺のスナップと小動物のお話しなどを。。。

 昨日の山頂での出来事...お茶を飲みながらスティック状のおやつを食べていると、
 すぐ近くで「カァカァ!」とカラスの声・・・すぐ近くの杭の上でこちらを見てます。
  illustrain09-tori4.png
 野付ウシはカラスが嫌いでもないので、食べていたカケラをヒョイを放りました。
 カラスは真っ直ぐ来ないでジグザグに移動しつつ降りてきて、そのカケラを咥えて杭の上に戻ります。
 コンコンと突いてからパクっと食べ、飛び去りました。

 カラスになんぞ食べ物あげたことはほとんど無いのですが、何となくね。。。

 さて、そのカラスですが、一昨日のこと...我が家の餌台に来ていたスズメを襲いました。

 s-i8-20181215-081305-0.jpg
 相変わらず毎日のように多くのスズメが餌を求めてやってきます。小さなブランコ餌台には3-4羽で満員なんですがねぇ。

 s-i8-20181215-081321-0.jpg
 母屋の餌台も定員オーバーで、溢れたスズメは下に落ちたものを探しています。

 s-K70-20181216-082958-0.jpg
 ちょっとした音や我が家の居間での動き次第で、スズメたちは10mほど離れた低木に避難します。
 危険の無いことがわかれば、また餌場に戻ってくるのですが・・・
 illustrain02-bird08.png
 その時、黒い影が上から落ちてきました!!
 1羽のカラスが上からスズメたちに襲いかかったのです。
 この場所では初めてのことでしたが、不運なことに一羽のスズメが捕まってしまいました。
 カラスは捕まえたスズメを咥え直してから飛び立ちました・・・
 弱肉強食の自然界では当たり前の出来事ですが、我が家に通うスズメが襲われるとは・・・
 これを目撃していた嫁さんは「ショックだった」と。

 周辺は空き地もあり、すぐ裏は公園の林になっています。
 野鳥もたくさんいますが、意外と目の前で小鳥が襲われるなんてことは目撃されません。
 それだけに一瞬で、ここは「野生」の一部なんだと感じてしまいますね。

 考えればカラスだって冬場は食べるのが大変な時期ですね。
 今どきはゴミもカラスを寄せ付けない造りになっていて、カラスのゴミ漁りも出来ません。
 スズメと同様に冬を乗り切れずに命を落とすカラスも少なくないのです。

 昨日、仁頃山の山頂で近寄ってきたカラスも空腹だったかもしれません。
 他の動物たちも同様に生きるために必死ですよね。
 エゾリスのように食料を備蓄する知恵があるといいのですが、野鳥は無理ですから。。。

 そんな事件があった翌朝も、スズメたちは普通にやってきて朝ごはんを食べていきました。
 仲間が襲われても自分が生きるためには、食料確保が最優先ですからね。


 そんなことを思ったりしながら公園を一周り・・・

 i8-20181215-125621-0.jpg
 公園の池は氷も厚さを増したようです。画像ではわかりませんが、鳥などの足跡がたくさんついていました。
 i8-20181215-125637-0.jpg

 s-K70-20181215-130041-0.jpg
 雪はチビチビ降ってますが、あまり積もってはいません。でも寒さが厳しい時期になり屋根からのツララも伸び始めています。

 昨年の暮れは中旬に20cmほどドサッと来て、その後は年末まで増えませんでした。
 今年の12月はこんな状態で終わるのかなぁ...
 一旦積もった雪が減ってきたようで、アメダス記録では12cmしか積もっていません。

 寒さばかりが目立つ12月の折り返しでした。。。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top