FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

寒そうな石像たち・・・  

 昨夜はピリピリ痛いほど空気が冷えていましたが。。。

 未明から少し雲が広がったようで、気温の低下が抑えられたようです。
 まぁ、それでも寒いに違いないんですけどね。

 晩秋以降、ずっと行ってなかった近くのお寺さんへ行ってきました。

 冬は訪れることもほとんど無いのですが、門の前を通ったら参道が一直線に伸びていたので
 なんとなく入ってみたくなりました。

 s-Ca-20181213-144410-0.jpg
 国道側の参道入口です。 奥に階段が伸びています。

 s-Ca-20181213-144350-0.jpg
 一人が歩ける分だけ雪が除けてあり、踏み跡が残っています。

 s-Ca-20181213-144220-0.jpg
 淡々と足を進めます。 国道がすぐ後ろなのですが音はほとんど聞こえなくなります。 これも雪のせい?

 s-Ca-20181213-144200-0.jpg
 肩まで雪をかぶった石仏が寒そうに立っていました。 背後の林も冷たそうな雰囲気。

 s-Ca-20181213-144132-0.jpg
 階段の両側に並ぶ石仏全部が同じように雪を載せていて、寒さに耐えているようにも見えますね。

 s-Ca-20181213-144052-0.jpg
 山門の先は本堂への石畳が続きます。 野付牛がお気に入りの庭が左右に広がります。

 山門のすぐ右手にあるのは何度か紹介している「水子地蔵」です。
 s-Ca-20181213-144014-0.jpg
 ここを見守っている方たちのお手製のものと思われる『帽子とマフラー』が少し心を暖かくさせてくれます。
 s-Ca-20181213-144004-0.jpg

 s-Ca-20181213-144034-0.jpg
 頭から肩まで毛糸に覆われて、なんとなく嬉しそうな顔に見えましたよ。

 s-Ca-20181213-143926-0.jpg
 本堂まで行って振り返った眺めです。中間にある巨木はカシワの木です。

 冬は参拝者や檀家の方たちが時おり訪れるのみで、本当に静かな境内です。
 大晦日はさすがに除夜の鐘を突く人で賑わうのでしょう。

 春まではシンシンと雪が積み上がるのみで、静寂につつまれる寺院です。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top