FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

120回目の仁頃山  

 まだ寒い日々が続いています。12月も中旬ですから当たり前かもしれませんが・・・
 今朝も氷点下16.5度になりました...日中は-1度まで上がりそうです。
 寒いながらも青空が広がっているので、気分は良いですね。

 昨日も前日より少し気温が緩んだ...とは言え -16度になっています。(日中は-3度でした)
 そんな中をまたしても仁頃山へ・・・『今年の仁頃山登山120回目』 になります。
 年初から「一ヶ月平均で10回位は登ろう」と思っていたので、とりあえずその目標は達成です。
 初夏に入院やら旅行やらで一ヶ月以上ブランクがあったので、無理かと思いましたが・・・

 年内はあと7-8回かな?
 来年夏頃には累計で500回を迎える予定です。(定期的に通うようになった2015年途中から)
 仁頃山の主とも言える「Sさん」の途方もない記録からすれば、わずかに10%の回数ですけどね。
 それでも飽きずに夏も冬も通ってますが、いつも新鮮な気分を味わえますよ。

 先日の登山時の画像から・・・。

 s-TG3-20181208-153855-0.jpg
 その前日に撮った夕暮れ画像があったので、1枚! めったに夕方に撮影しませんので。。。今時期は色が濃い目です。

 s-TG3-20181210-080245-0.jpg
 そして朝...家の前の雪に朝陽が当たり、キラキラ輝きはじめました。一番気温が低い時間帯です。

 s-Ca-20181210-084650-0.jpg
 それなりに冷えたのですが、風があったことで霧氷や樹氷などはみられません。 ダム湖は凍り始めていました。

 s-Ca-20181210-084707-0.jpg
 手前の青い部分をズーム...水面ではなく凍っていました。 ただ中心部の湖面はまださざ波が見えています。

 s-TG3-20181210-101020-0.jpg
 登山中は撮影無し。 山頂手前から休憩場所を撮ったものですが、陽射しで雪が光っていました。

 s-TG3-20181210-101032-0.jpg
 最後の階段の手すり画像ですが、わざと斜めにして撮ってみました。 多分、1-2月には全部雪に埋もれるでしょう。


 s-TG3-20181210-101051-0.jpg
 s-TG3-20181210-101146-0.jpg
 これからは、こんな画像が増えそうです。被写体は雪そのものと、それにまつわる造形や影になります。

 s-TG3-20181210-101210-0.jpg
 温度計は-9度です。 風は時々ブワッと来る程度で、常時強い訳ではありません。

 s-TG3-20181210-101759-0.jpg
 あちこちで、こんなものが見られます。 強風があると全部落ちてしまうのですが・・・

 s-Ca-20181210-101317-0.jpg
 北大雪の峰々も一部は雲隠れしていました。

 s-Ca-20181210-101403-0.jpg
 正面の眺めです。 右手にあるトンガリは「雄阿寒岳」です。

 s-Ca-20181210-101417-0.jpg
 上からズームで拡大した富里湖(ダム湖)です。橋の手前右側は水面が出ています。

 s-Ca-20181210-101507-0.jpg
 時おり山の途中から煙のようなものが吹き上がりますが、風で飛ばされた雪煙です。
 風が強い時は、体感温度が一気に下がります。 予備の防寒具は必須ですね。

 s-TG3-20181210-105844-0.jpg
 林道沿いの仁頃川源流です。 もう少しで全部氷に覆われそうな雰囲気。

 s-TG3-20181210-110457-0.jpg
 全開も載せた小さな滝の場所。 今回は全部が凍っていて水はその裏側を流れていました。


 s-TG3-20181210-110245-0.jpg
 その滝の上側に行ってみました。 浅い流れですが幅がけっこうあります。

 s-TG3-20181210-110259-0.jpg
 一部に流れの見える場所もあります。 ここではもう少しすると「フロストフラワー(霜の花)」が見られるはず。

 付近には水を求める動物の足跡も残っていました。(エゾシカやキツネなど)
 
 森の動物達にとって食料確保が困難となる季節に突入します。 

 頑張って生き延びてほしいですね。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top