FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

雪はどうした?  


 昨日から「大雪だ降るぞ降るぞ40cm」と天気予報で注意喚起!

 s-TG3-20181207-080127-0.jpg
 で・・・今朝の様子ですが、静かに降った雪は5cmほどでした(笑)

 まぁ、今日一日はマークになっているので、どうなるかわかりませんが。

 既に真っ白になりましたが、今日のブログはその前の状態で撮った画像です。
 気温が上がって雪が消えそうな12月5日の仁頃山を、遅ればせながら・・・

 
 s-TG3-20181205-092715-0.jpg
 2日にわたる高い気温と雨により、白くなっていた登山道も過去にタイムスリップしたようで・・・

 s-TG3-20181205-093924-0.jpg
 雪が解けて雨も降ったので、喜んだのは草と苔? 妙に緑が濃くなって生き生きとしていました。

 s-TG3-20181205-100542-0.jpg
 これは七合目過ぎの平坦な場所にある「積雪記録」です。(2004年から始めたようです)

 s-TG3-20181205-100604-0.jpg
 拡大してみると2017年はかなり少なかったようです(約2m)。 最下位は枠外で下にありますが2008年(約1m)でした。
 多かったのは2015年のおよそ3mです。 あくまでもこの場所の雪の位置を記録したものです。

 2015年は3メートル高い場所を歩いていたことになります。
 その証拠が残っていて、3mほど上の木の枝がノコで切られた跡があります=歩く時にぶつかるので切ったものです。
 野付ウシが山歩きを始めたのは、2015年2月でしたが、雪深かったのをしっかり覚えていますよ。
 今年はどうなりますやら・・・


 s-TG3-20181205-101101-0.jpg
 さて雪のない道を登っていると上の方に青空が出ました。 雲の流れはとても早かったです=強風でした。

 s-TG3-20181205-101107-0.jpg
 白っぽいながらも青空が広がっていましたが、すぐに雲に覆われたりする状態です。

 s-TG3-20181205-101635-0.jpg
 山頂手前では僅かに雪が残っている程度です。

 s-TG3-20181205-102008-0.jpg
 この時の山頂温度計は -1度でした。 風が強く寒気が入りつつあったからでしょう。

 s-TG3-20181205-102100-0.jpg
 山頂下の休憩場所も雪がほぼ消えていました。

 強風なので、即刻下山を開始します。

 s-TG3-20181205-105904-0.jpg
 淡々と下って登山口に近い場所ですが、前日の強い雨で削られた登山道の様子です。


 s-TG3-20181205-110058-0.jpg
 登山口駐車場ですが・・・ここは日陰で雪が解けにくい場所。そこに雨が降ったのでツルピカのアイスバーン!

 s-TG3-20181205-110112-0.jpg
 まるでスケートリンク状態です。 ソロリソロリ歩く姿が想像できるでしょう。



 s-TG3-20181205-110902-0.jpg
 ダム湖も凍り始めた水面が、また緩んできたようです。

 s-TG3-20181205-111128-0.jpg
 キャンプ場横の芝地も「雪解けの春」みたいな状態でした。

 こんな状態を繰り返しつつ、本格的な冬に入っていきます。

 今日は、夕方までは雪で風も強まるという予報ですから、無理をせず山歩きは中止しました。

 さて、結果としてどの程度の雪になりますやら・・・



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top