FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

カレンダー2019  

 今朝、外に出て見ましたが、それほど寒くも感じませんでした。
 気温は -6度で、日中は0度ほどしかならない見込みです。
 午前に晴れ間があるものの、午後から雲が増え夜遅くから雪になりそう。
 イマイチ不明瞭ながら、それなりに雪は積もりそうです。

 気温は異常な暖かさは収まり、12月らしい気温に戻っています。


 さて、一ヶ月を切った2018年ですが、今日はカレンダーのお話を。
 来年度は元号が変わることがハッキリしていますが、どう変わるかは未発表です。
 カレンダー業者は頭を悩ましたことでしょうね。(ハッキリさせても良かったのに)
 それに関わる祝祭日も追加になるようで、10連休だとか??

 西暦の利用が増えたとは言え、和暦も無くては困ることだらけの日本です。

 多くの企業ではバブル期のようなカレンダー配布は縮小または廃止が進んでいます。
 今は自分の好みのカレンダーを購入する時代になってきました。
 使いにくいと思われるカレンダーは「もらい物」でもイラナイと言われますね。
 

 さて、我が家では居間に一つ、台所に一つ、嫁さんのPCデスクに一つ・・・
 そして野付ウシの二階の部屋には、毎年のように2つのカレンダーがあります。

 TG3-20181204-172607-0.jpg
 先ずはデスク前の壁に貼り付ける「年間カレンダー」です。 これは毎年のように「百均」で購入します。
 枠が小さいながら年間の動きがひと目でわかるのが利点です。
 例えば仁頃山へ登った日は「山を型どったスタンプ」を押しています。 いつ登ったかひと目で確認できます。
 帰国してから同じものを使っています。


 もう一つのカレンダーは一ヶ月に一枚ずつめくるタイプのカレンダーで、オーストラリア製です。
 (在豪時に気に入っていたカレンダーを持ち帰り、翌年からは娘に依頼して送ってもらってます)

 TG3-20181202-171112-0.jpg
 表紙に花の写真ですが、3月で使われる画像で「Rose Mallee」と呼ばれる花です。
 オーストラリアには独自に進化した花が数多くあります。(同様に独自進化の樹木や動物も多いですね)
 その独特の花を題材にしたカレンダーで、野付ウシのお気に入りです。(写真が素晴らしい)

 TG3-20181202-171141-0.jpg
 これが裏表紙で、12枚の花の写真の縮小版が載せてあります。 自身が見た花ももちろん入ってますよ。
 彼の地の花はとにかく原色でとても綺麗なものばかりでした。


 TG3-20181204-173452-0.jpg
 ちょっと画像が歪んでますが、1月を開いたものです。 日本製でないので祝祭日の記載は当然ありません。
 小さな文字で書かれているのは、オーストラリアの共通の祝祭日と、州ごとの祝祭日です。
 州によって祝祭日が違うことがあるので、グレーの文字で印刷されています。

 ちなみにオーストラリアでは元日はたんなる「1年の最初の日」で、祝日ではありません。(大晦日も特別な日ではない)
 クリスマスが最大の祝日になり、その延長で休みに入る勤務先が多いのです。
 長い人ではクリスマス直前から年明け3日くらいまで休んでいますね。(休みを取る)

 このままでは使いにくいので、の祝祭日の部分をで印を付けたりします。
 このカレンダーは記入スペースもあるので、主だった予定を記入してます。


 そしてスケジュール関連はスマホで全て済ませています。
 多くの人が手書きダイアリーからスマホに変わっているのでしょうね。
 (ダイアリーも売上減っているように思えます)
 ほとんどのアプリはカレンダーから日毎、時間ごとに記載でき、アラームも鳴らせますね。

 これで、カレンダー関係は全てです。2019年の準備はオーケーですよ!!

 いただくカレンダーもいくつかありますが、使わないので社協に寄付することも。
 (社協では集まったカレンダーを安く販売し、売上を福祉等に活用しています)
 
 カレンダーは未来を管理する目的が一番ですね。
 それに対して過去を振り返る目的なのは日記です。
 日記も昔に比べると記入する人は減っているのでしょうね。

 ※ちなみに『野付ウシ日記』らしきものは、10年ほど前からPCのソフトで作成・保存しています。

 師走になって気になるカレンダーのお話しでした。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top