FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

表大雪の秋 そのⅡ  

 9月の後半連休もあっという間に最終日です。
 みなさん少しは楽しめましたでしょうか?
 もちろん、お仕事で忙しかった!という人もいるでしょうね。

 野付ウシも明日の更新はお休みしま~す。

 早いもので来週には10月ですね、北海道では秋も後半です。

 さて、前日の大雪山縦走の続きを掲載します。

 
 s-TG3-20180921-091211-0.jpg
 赤岳山頂からの眺めですが、左に見える上がギザギザ山は「白雲岳」です。 これからあの左側に回り込みます。

 s-TG3-20180921-092318-0.jpg
 緩やかな登りとなる荒野の道を「小泉岳」へ向かって歩きます。

 s-K70-20180921-092704-0.jpg
 風も強くなってきたので、カッパを出して羽織りました。 足元はけっこうな雪が積もっています。

 s-TG3-20180921-093537-0.jpg
 雪の坂道を登って「緑岳」方面との分岐に出ました。

 s-TG3-20180921-093602-0.jpg
 なお、「小泉岳」は石ころを積み上げた場所に棒が立っているのみですので、割愛しました。

 s-TG3-20180921-093609-0.jpg
 旭岳と後旭岳、右手には御鉢平の外輪山が見えています。

 s-TG3-20180921-094333-0.jpg
 白雲分岐点まで来ました。 7月にはここから白雲岳に登ってきました。

 s-TG3-20180921-095217-0.jpg
 今回はその白雲岳の下側を回り込んで、「北海岳」へ向かいます。

 s-TG3-20180921-095323-0.jpg
 ここの雪渓は大雪山でも1-2を争う大量の雪が残っており、多分数十メートルの厚さでしょう。

 s-K70-20180921-100607-1.jpg
 白雲岳の下側に降りてきました。 白雲岳から眺める名物の「ゼブラ模様」の場所がここでも見られます。
 
 s-K70-20180921-100619-0.jpg
 「旭岳」のズームですが、山頂にはパラパラと登山者の姿も確認できました。 寒いでしょうね・・・

 s-TG3-20180921-101544-0.jpg
 これから向かう「北海岳」は緩やかながらも上り坂が続きます。

 s-K70-20180921-102019-0.jpg
 ここから見る「トムラウシ山」は大きく、しかも意外と近く見えています。

 s-K70-20180921-102035-0.jpg
 煙を上げているのは「十勝岳」でしょうか?

 s-TG3-20180921-103435-0.jpg
 最後の上り坂も歩く場所だけ雪が残っています。 少しばかり滑って歩きにくいです。

 s-K70-20180921-104150-0.jpg
 ようやく「北海岳(2,149m)」頂上です。 広大な御鉢を挟んで「北鎮岳」や比布岳などが見えます。

 s-K70-20180921-104155-0.jpg
 左側には旭岳や御鉢のヘリにある「間宮岳」などが見えます。

 s-K70-20180921-104202-0.jpg
 そして右手には「凌雲岳」、「桂月岳」、そしてこれから向かう「黒岳」が一番端です。

 s-TG3-20180921-104355-0.jpg
 「北海岳」は山頂と言っても、ほぼ平坦な場所になっています。

 s-TG3-20180921-104836-0.jpg
 黒岳までは3.5kmで、一旦深い谷へ降り川を渡ってから登り返しを進みます。

 s-K70-20180921-105135-0.jpg
 ラクダが並んだような大きな岩が見えます。 

 s-K70-20180921-105203-0.jpg
 振り返ると先程通ってきた白雲岳分岐点が見えます。一番奥の平らな部分から谷を渡って来たのですね。」

 s-K70-20180921-110712-0.jpg
 そして、これから目指すのは右奥にある「黒岳」です。

s-TG3-20180921-111122-0.jpg
 高山での紅葉と言えば、やはりコレですよね。「ウラシマツツジ」

 でも、近寄ってみれば何種類もあるのがわかりますね。微妙な色合いの違いも楽しめます。
 s-K70-20180921-111303-0.jpg
 s-TG3-20180921-111444-0.jpg
 s-Ca-20180921-111721-0.jpg

 s-Ca-20180921-111730-0.jpg
 谷を挟んだ向こう側の傾斜も綺麗ですね。

 s-Ca-20180921-112105-0.jpg
 急な坂道を下りつつ、上を振り返れば青空に眩しい紅葉です。 「ウラジロナナカマド」かな?

 s-Ca-20180921-112149-0.jpg
 ここの雪渓が解けないうちに新雪が降るんでしょうね。

 s-Ca-20180921-112701-0.jpg
 雪解け水には落ち葉がたくさん流れていました。

 s-TG3-20180921-112716-0.jpg
 もうお昼になるのに、まだ長い霜柱がどっさりあります。 でも気温は意外と高めかな、と思います。

 s-Ca-20180921-112848-0.jpg
 雪渓の下側まで回り込みました。 けっこう大きな雪渓でしょ?

 s-Ca-20180921-113642-0.jpg
 ほとんど見られなかった「チングルマ」が、ココに来てようやく見られました。 紅葉とのコラボがイイ!
 s-Ca-20180921-113704-0.jpg


 s-Ca-20180921-113733-0.jpg
 もうすぐ谷底の渓流に着くようです。 渡渉場所に小さな渡り橋が見えています。
 s-Ca-20180921-114025-0.jpg


 s-K70-20180921-114250-0.jpg
 谷底の川がある場所です。 コチラは上流側で奥には御鉢平の火山活動場所があります。

 s-K70-20180921-114255-0.jpg
 そこから流れ出ている水なので、火山の成分が含まれているんでしょうね。 飛び石で渡渉します。

 s-Ca-20180921-115114-0.jpg
 川を渡ったら、しばらくはダラダラとした上り坂を進みます。

 s-TG3-20180921-120130-0.jpg
 黒岳石室までやってきました。 分岐点の標識です。

 s-TG3-20180921-120215-0.jpg
 ちょうど12時過ぎたところなので、石室で休憩&もぐもぐタイムです。 手前のグループは登山ツァーの人たちでした。

 s-Ca-20180921-120507-0.jpg
 以前来た時から、アチコチ補修もされたような気がします。 まさに「石室」ですね、入り口の奥が売店です。

 s-Ca-20180921-121115-0.jpg
 石室に並んで丸太小屋の「バイオトイレ」があります。協力金として利用者に200円を負担してもらっています。
 近年は登山者が多くて、トイレの処理が追いつかないとの話もありますね。
 携帯用のトイレを持参するように働きかけが進みそうです。



 s-K70-20180921-121921-0.jpg
 急な坂道をフーフー言いながら登ります。 振り返って石室の全容が見えました。

 s-Ca-20180921-122649-0.jpg
 黒岳山頂にはたくさんの人達が見えます。 

 s-Ca-20180921-122713-0.jpg
 右下の谷にも紅葉が見事でした。

 s-K70-20180921-123120-0.jpg
 黒岳山頂(1,984m)に到着です。 標識の回りの人たちは中東系?らしい・・・
 相変わらず中国語も飛び交っていました。 ロープウェイとリフトを使い軽装での登山者が多いですね。


 s-K70-20180921-123132-0.jpg
 石室から登ってきた道を振り返ります。 ずっと奥は「御鉢平」で、その奥に旭岳があります。

 s-K70-20180921-123249-0.jpg
 眺望できる山の説明です。 拡大しないと読めないか・・・ 一番左が最初に取り付いた「赤岳」です。
 その後に右方向に移動し、中程の「北海岳」を経由してここまで来ました。
 ほんの一瞬の休憩で、すぐに下山開始です。

 s-K70-20180921-123724-0.jpg
 尖った岩は「招き岩」と呼ばれるもの。 リフト駅までは岩と木の根と土の下り坂になります。
 ザックを背負って降りると、これがけっこう腰と膝に響くんですよ。


 s-Ca-20180921-125440-0.jpg
 どんどん高度を下げながら、残り少ない景色を楽しみます。

 s-K70-20180921-132202-0.jpg
 七合目下からリフトに乗ります。 リフトの下は「エゾオヤマリンドウ」がたくさん見られます。紫と白がありますね。
 s-K70-20180921-132259-0.jpg


 s-Ca-20180921-133305-0.jpg
 リフトを降りて少し歩くと「ロープウェイ駅」に到着。 13:40の便に乗ります。

 s-K70-20180921-134134-0.jpg
 下りロープウェイで標高差630mを一気に下ります。 この辺りはまだ紅葉も進んでいませんね。

 s-Ca-20180921-135224-0.jpg
 層雲峡到着です。 時間は14時少し前です。 6時のバスで出発してからおよそ8時間でした。


 掛かったお金はバス代1,000円、リフト400円、ロープウェイ1,100円=¥2,500です。

 層雲峡周辺の紅葉を楽しむのは、もう少し先になりそうです。
 多分、10月第一週くらいでしょうね。

 車に戻り、およそ90分後、北見へ無事戻りました。

 長々とお付き合い、ありがとうございます。
  (明日の更新お休みしま~す)
 

  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top