FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

 寒波が居座る  

 数日は寒波も居座るようですね。
 今朝は北海道でも -30度以下の地域があったようです。
 当地は少しだけ冷えたようで、 -18度ほどで薄曇りです。


 オホーツク海の流氷は、まだ遥か沖合を少しずつ南下しているようです。
 今年も氷の層はあまり分厚くはないような雰囲気ですね。
 昨日、仁頃山からオホーツク海を眺めてきましたが、氷の帯は見えませんでした。
 流氷が接岸する頃が一番寒さの底になります。
 そろそろ...ですよ。

 昨日の山歩きの様子から・・・

 s-TG3-20180124-093401-0.jpg
 40cm降る!なんて予報でしたが、仁頃山でも10cm弱でした。 
 吹き溜まりも想定してスノーシューにて入山しました。先行者はツボ足で二名ほど。

 s-TG3-20180124-093412-0.jpg
 時々、こんなものが落ちています。どこからか飛んできたようです。
 s-TG3-20180124-102547-0.jpg


 s-TG3-20180124-100622-0.jpg
 s-TG3-20180124-114441-0.jpg
 s-TG3-20180124-100753-0.jpg
 s-TG3-20180124-100837-0.jpg
 相変わらず、こんな模様で楽しんでいます。


 s-TG3-20180124-102314-0.jpg
 新雪の上にはたくさんのユキウサギの足跡と、噛られた木の枝が散在しています。
 s-TG3-20180124-102509-0.jpg
 美味しくなくても命をつなぐために、ウサギも必死なのです。


 s-TG3-20180124-102828-0.jpg
 七合目・・・いつもの『元気の木』が見えています。 青空が濃く澄んでいますね。

 s-TG3-20180124-103008-0.jpg
 平坦な尾根道は風があると吹き溜まりができます。

 s-TG3-20180124-104351-0.jpg
 九合目付近から樹氷が見られるようです。 弱い風ですがハラハラと落ち始めています。

 s-TG3-20180124-104724-0.jpg
 無線塔の下を3名のグループが歩いています。 (山頂で話を聞くと仁頃山は二回目だとか)


 s-TG3-20180124-104827-0.jpg
 s-TG3-20180124-104927-0.jpg
 青空に真っ白な樹氷...これがたまりません!!


 s-TG3-20180124-105351-0.jpg
 右手からの風が強めだったことがわかりますね。
 s-TG3-20180124-105414-0.jpg


 s-TG3-20180124-110329-0.jpg
 山頂手前は吹き溜まりがかなりありましたが、結果としてはツボ足でも歩けたようです。

 s-Ca-20180124-105525-0.jpg
 温度計は -6度あたりを指しています。 青空が広がるも知床方面の山は霞んでいました。

 s-Ca-20180124-105437-0.jpg
 大雪山方面はスッキリと見えていました。 主峰「旭岳」は雲が掛かっていたようです。

 月末あたりから、各地で冬の催し・雪まつりなどがスタートするようです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



▲Page top