FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

大寒直前  

 昨日は大寒でしたね。
 確かに時期的には寒い...北海道は日本の暦の感覚と異なりますよね。
 関東以西ならまぁ、暦の内容に近いのかもしれませんが、、、
 週明けには寒波の影響も出そうですから、皆さん注意しましょうね。

 大寒直前の山歩きの様子から。

 このところはまとまった降雪は無く、少し降ってはお休み・・・の繰り返しです。

 s-Ca-20180117-110536-0.jpg
 松の木は常緑なので地面に光が当たりにくく、下草が生えないことも多いです。
 ですから植樹した時の状態で、揃って成長しますね。 そこに雪が載ると綺麗なんですよね。

 s-TG3-20180119-092320-0.jpg
 何げに登山道脇にある木ですが、何が原因で二本がくっついてしまったのか。。。自然って不思議ですよね。

 日が差したり曇ったり、変化が激しい中を淡々と登っていきます。
 s-TG3-20180119-095255-0.jpg
 s-TG3-20180119-100119-0.jpg
 s-TG3-20180119-100126-0.jpg

 九合目手前から山頂近辺で青空が出て、少し細めの樹氷が輝き始めました。
 s-TG3-20180119-101608-0.jpg
 s-TG3-20180119-101629-0.jpg
 s-TG3-20180119-101919-0.jpg


 s-TG3-20180119-102538-0.jpg
 このところの山頂はあまり気温が下がっていないようです。 今回も -5度です。

 上空は風が少し早いようで、青空が出たり消えたり忙しいようです。
 s-TG3-20180119-102627-0.jpg
 s-TG3-20180119-102843-0.jpg
 s-TG3-20180119-102945-0.jpg


 s-TG3-20180119-103026-0.jpg
 下山する時には急に暗くなったりして、風が少し強くなってきたようです。

 s-TG3-20180119-105229-0.jpg
 既に紹介した雪ダルマさん、きちんと顔も残っているようです。(時にはイタズラもされるのですが)

 もう少しで登山口というところで・・・
 s-TG3-20180119-110327-0.jpg
 目の前が真っ白になりました! 風で樹木からの雪が一気に落ちてきたようです。

 s-TG3-20180119-110340-0.jpg
 収まりかけた先に人影がありましたが...何をしているのかな?

 s-Ca-20180119-110333-0.jpg
 一人の常連さんが大きなフクロウの雪像を作っていました。
 実は、三合目の可愛い雪ダルマさんも、彼の作品なのです。(野付ウシもよく知る人)
 雪がパサパサ粉雪なので、少し湿らせて崩れないような工夫もしていました。

 s-TG3-20180119-110442-0.jpg
 こういう立体的なものを作るのは、それなりのセンスが必要でしょう。
 
 野付ウシが彼に言いました『これだけのもの作れるなら、北見市の冬祭りに出品したら?』
 「いやいや恥ずかしくて出せる代物じゃないですよ」と謙遜していました。

 ちなみに雪像の口の部分にチョコンと載っているのは、フクロウの彫り物でした。

 しばらくの間は登山者を和ませてくれるでしょう。 
 Kさん、どうもお疲れ様でした、そしてありがとう!!


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top