FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

今日のご褒美  

 今朝は薄く雲が掛かっていましたが、なんとか「晴れ」と言える状態。
 気温も予想より3度ほど高めで、 -13度でした。
 昨日も5-10cmほど積もりましたので、玄関前を除雪して山へ。

 新雪が新たに降ったので、車の跡も登山者の踏み跡も消えかかっていました。
 雪の量が少ないので、そのままスパイク装着で登山開始です。

 s-TG3-20180117-090044-0.jpg
 踏み跡の凸凹を残し新雪が覆っていましたが、既に5-6人が先行しているようです。

 s-TG3-20180117-090155-0.jpg
 粉雪の道は多少歩きにくく、踏ん張りが効かないですね。

s-TG3-20180117-090159-0.jpg
 太陽の日差しで粉雪が光り、とても綺麗です。

 s-TG3-20180117-090352-0.jpg
 小さな動物の足跡は一旦消されて、緩やかな起伏の表面になっています。

 s-TG3-20180117-091552-0.jpg
 三合目の雪ダルマは...手の辺りは雪を取り除いてありましたが、積雪で頭が上に伸びています。

 淡々と道を進みながら、きれいになった雪の面を楽しみました。
 s-TG3-20180117-092421-0.jpg

 s-TG3-20180117-092738-0.jpg

 s-TG3-20180117-092752-0.jpg

 s-TG3-20180117-093531-0.jpg

 冬は他の楽しみが無いのですが、意外と飽きずに眺めながら歩いています。

 s-TG3-20180117-093604-0.jpg

 s-TG3-20180117-094310-0.jpg

 s-TG3-20180117-094417-0.jpg

 s-TG3-20180117-095003-0.jpg

 餌が無くなる真冬は野鳥もほとんどいなくなり、鳴き声も聞こえません。 稀にアカゲラなどのドラミングは聞こえますね。
 南に移動したり、民家の近くに場所を変えたりしているようです。


 もう少しで九合目となる辺りで、青空と霧氷(樹氷)が出迎えてくれました!
 汗をかきながら雪道を登ってきたものへの「ご褒美」なのです。
 ここまで来ないと見られない風景ですから。

 s-Ca-20180117-095044-0.jpg

 s-Ca-20180117-100241-0.jpg

 s-Ca-20180117-095106-0.jpg
 既にハラハラと剥がれ落ちる様子も見られます。 時間的にギリギリ間に合ったようですね。


 s-TG3-20180117-095904-0.jpg
 この「ご褒美」が見られるだけで、満足です。

 s-TG3-20180117-095926-0.jpg
 青空も時々隠れる状態で、ベストではありませんが、清々しい風景です。

 寒さが終わるまでに『最高!』といえる樹氷群をなんとか撮りたいものです。

 (残りは次回へ)


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top