FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

妙な暖かさ  

 今朝は細かな雪がシンシンと降っています。
 気温は-3度しかありません。
 昨日から妙に気温が高く、道内でも雨が降ったところもあったようですね。
 今日は降ったり止んだりで、曇りがちの一日になるようです。

 当地も昨日未明の -18度からどんどん気温が上がり、
 7時には -13度、昼過ぎには +2度まで上昇...一番寒い時期なのになぁ・・・。

 ところで、天気予報って発表する場によって、かなりの相違がありますね。
 TVでは局ごとに変化があり、Webでもそれぞれ、新聞紙上でもまたまた・・・
 それぞれが担当の気象予報士に以来しているのでしょうね。
 ただ、あまりにも違いすぎるのって、おかしいですよね。

 予想気温も相当の開きがあります。
 どれほどの確率で当たったのか、確認はしないものでしょうか?
 まぁ、それによってクビになるのも可哀想ではありますけど。
 
 野付ウシ地方は特にハズレが多いようなので、ほとんどクビかな?(笑)

 2月になると、冬のお祭りやら、流氷の話題やら出てきますが、
 今時期は何もない・・・雪国はこんなもんですね。

 毎度お馴染みの山の記録を少し。
 昨日の山歩きの様子です。


 気温は入山開始時間で、およそ -10度でした。平日で車も少なめ・・・

 s-TG3-20180115-084252-0.jpg
 このところ、まとまった雪が降っていないので、土日にかけてたくさんの人が登ったようです。
 傾斜に幾筋もの道ができていますが、本来の登山道は右手枠外にあります。
 休日はスノーシュー等での新雪歩きをする人が増えるので、道がたくさん出来てしまいます。

 初めての人にはどこを登ったらいいの? となりますね。
 雪が多めで笹も隠れる時期は、ある程度やむを得ないことです。
 (雪が少ないと草木を痛めてしまうので、きちんと登山道を歩きましょう)

 1月になって7回目の登山ですが、スノーシューはまだ2回だけ、
 降雪が少なめの時は、すぐに足跡が固まりますので靴のみでOKです。

 夏と違って常に同じような眺めの中を歩きますので、楽しみは雪の煌めきと木影くらい・・・

 s-TG3-20180115-101334-0.jpg

 s-TG3-20180115-101356-0.jpg

 s-TG3-20180115-101404-0.jpg

 歩くごとに、動くごとに太陽の反射で粉雪のキラキラが変化します。
 時には小動物の足跡がアクセントになったりしますね。

 s-TG3-20180115-095220-0.jpg
 目の前を山頂に差し掛かったのは、ほぼ毎日登る常連さんで凄いパワーの持ち主です。
 (お仕事の関係でしょうか、夏は見かけませんが、お互い顔なじみになってます)

 s-TG3-20180115-095312-0.jpg
 温度計は -5度を指してます。 風は少しだけで寒く感じません。

 s-TG3-20180115-095345-0.jpg
 サロマ湖方面のズームですが、沖合にはまだ流氷も見えません。
 流氷のカケラの一群が知床半島(ウトロ)に流れ着いたようですね。

 今年の流氷接岸はどうなるのかな?
 この数十年で氷の厚みも量も激減しています。
 温暖化のせいでしょうね。(他に理由が考えられませんので)
 流氷の増減は微妙にオホーツク海での生態系にも影響を与えます。
 長年のサイクルが狂ってくるんですね。

 s-TG3-20180115-100051-0.jpg
 反対側が地元の北見市、その奥に阿寒や知床の山が連なります。 

 アッチを眺め、コッチを眺めて、色んなことを考えながら歩いているわけです。
 まだまだ先ですが、春が待ち遠しいなぁ・・


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top