FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

既に半月  

 年が明けたと思ったら、もう半月が過ぎようとしています。
 早いなぁ~と皆さんも思っているでしょうね。
 我々トシヨリは1/15イコール成人の日という意識が解けないんですね。
 祝祭日を「連休にしたい」というだけで、いじくり回すのは今でも違和感ありです。

 まぁ休みを取りにくいお国事情そのものが反映されていますね。

 前回の山歩きの様子をアップします。
 よく言われるのが「エッ!冬も山に行くんですか?」
 山へ行かない人は無意識にそういう疑問が出るようですね。

 新潟の有名な山で雪崩が起きて女性が巻き込まれました。
 突然の大雪ですから思いがけないことも起きたりします。
 雪崩が起きたことのない仁頃山でも「絶対」はありませんので、肝に銘じておきます。
 
 s-TG3-20180113-085830-0.jpg
 10cmほど薄っすらと雪が降った朝です。 野付ウシは手前から林道を歩きましたが、登山口にはこんなに車が。
 ここの除雪は昨年末から行われておりませんが、愛好会有志が自前の除雪機などでスペースを作りました。
 林道も大きなRV車が通ったワダチを利用して、普通の車も入っていますので、時々ズルっと嵌ったりするようです。

 s-TG3-20180113-090229-0.jpg
 この日はガッチリ冷えた後に青空となったため、粉雪のキラキラが一層引き立ちます。
s-TG3-20180113-090316-0.jpg
 歩くごとに角度が変わり、雪のキラメキが眩しいほどです。 こればかりは写真では無理ですね。


 s-TG3-20180113-090457-0.jpg
 1合目手前でゴツい雪像モドキがありました。 人の顔を現してような感じ...雪ダルマとは異なります。
 時々アチコチに出没しますが、このようなタイプは初めて見ました。 ニッコリ笑って「行ってらっしゃい」かな?

 s-TG3-20180113-090915-0.jpg
 更に道の脇のキラキラを楽しんでいると・・・

 s-TG3-20180113-091605-0.jpg
 今度は少し斜めっているような雪ダルマがあります。小枝を刺した顔の表情が面白い!

 
 s-TG3-20180113-092105-0.jpg
 そして三合目看板の前には大きめの雪ダルマが。 枯れ葉を包み込むような手の形。
 s-TG3-20180113-092136-0.jpg
 顔を拡大して見ました。 耳もあります。 頭は髪の毛?それとも帽子?

 時々こんなもので楽しませてもらえます。

 s-TG3-20180113-100010-0.jpg
 変わり映えのしない山頂の様子です。
 s-TG3-20180113-100035-0.jpg
 スッキリ晴れましたが、気温は -7度を差していました。

 s-TG3-20180113-100321-0.jpg
 今日は久々に知床連山まで見えていました。 写真では少し霞んでいますね。

 s-TG3-20180113-101122-0.jpg
 下りも雪の面や、木の陰などを眺めつつゆっくり下りてきました。
 s-TG3-20180113-101245-0.jpg

 
 実は、登山道中央に伏流水が湧き出ています。(以前にも掲載してますが)
 その小さな湧き水の場所に、時々フロストフラワーが出来るのです。
 川や湖でなくても、原理は同じですから。
 ここは水に落ちる心配のないので、近接撮影も可能です。

 s-TG3-20180113-104309-0.jpg

 s-TG3-20180113-104341-0.jpg

 s-TG3-20180113-104349-0.jpg

 と言うことで、マクロモードで撮ってみました。
 二枚目に僅かに水が動いている様子が写ってますね。
 霜の花は最近アップしたものと、似たような形ですが、少し異なるようです。
 白鳥が飛び立つような感じにはみえません。
 わずかな条件の違いが、模様の違いになるのでしょうね。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top