FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

再びフロストフラワー  

 もう寒くて当たり前の期間に入ったようですね。
 今朝は -22度まで下がっています。(-_-;)
 そろそろ仁頃山の山頂から、オホーツク海の沖合に流氷も見えてくる頃です。
 海が氷に閉ざされた頃が、年間でも一番冷える時期。

 昨日掲載の山歩きの残りの部分をアップしました。

 s-K70-20180111-105725-0.jpg
 山頂からの眺め...東・北大雪方面の眺めです。この時は阿寒・知床方面が霞んではっきりしませんでした。

 s-K70-20180111-110211-0.jpg
 こちらは「チトカニウシ山」でしょうか・・・

 s-K70-20180111-110229-0.jpg
 いつもの武利岳と武華山です。 北海道の主峰「旭岳」はこの裏側にあります。(時には見えますが】

 s-K70-20180111-110237-0.jpg
 そして不幸な事故でも名が知れ渡った「トムラウシ山」が見えています。

 s-K70-20180111-110146-0.jpg
 右に振って見えるのはサロマ湖とオホーツク海。 沖合にまだ流氷の帯は確認できません。

 一通り眺めて下山します。

 s-TG3-20180111-120547-0.jpg
 途中で見た小低木の噛られた跡です。 ウサギが食糧として木の皮を食べてしまいます。 この枝は死んでしまいますね。

 林道まで降りて、雪でほとんど隠れた渓流の方へ行ってみました。
 この時はスノーシューですから、どこでもズンズンと入っていけます。

 s-K70-20180111-121008-0.jpg
 気温が相当下がったので、もしやと思って渓流沿いに下がっていくと・・・フロストフラワーありました。

 s-K70-20180111-120917-0.jpg

 s-K70-20180111-120951-0.jpg

 s-K70-20180111-121828-0.jpg

 s-K70-20180111-121713-0.jpg

 やはり、流れの上は氷が薄めで、体重を支えるのは無理なようです。
 やむなく、岸の雪の上から望遠で撮影しました。

 s-K70-20180111-121159-0.jpg
 今回は落ちないように慎重に・・・へっぴり腰で構えて撮影です。

 s-K70-20180111-121406-0.jpg

 s-K70-20180111-121451-0.jpg

 s-K70-20180111-121353-0.jpg

 s-K70-20180111-121534-0.jpg

 自然は本当に不思議、そして面白いと改めて感じます。
 フロストフラワーはツルが羽ばたいているようにも見えました。

 氷に載って至近距離から撮りたかった・・・次の機会を待ってみますね。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top