FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

輝く雪原  

 今日は朝から曇り空・・・日中もこの状態で一時雪もありそうです。
 空気が少し湿っているようで、ひんやり感が強いです。
 曇った割に気温も低く、氷点下 20度まで下がりました。
 これから2月いっぱいは-20度でも驚くことではありません。
 オホーツク海では流氷も南下中。 一年で一番寒い季節ですね。

 昨日は同じ寒さながらも青空が広がり、とても気持ちが良かったですよ。\(^o^)/
 近郊の仁頃山へ出掛けてきました。

 s-TG3-20180111-084305-0.jpg
 中間地点でいつも一番気温の低い場所...今回の車外気温は -19度でした。(カラマツ林)
 s-TG3-20180111-084313-0.jpg


 s-TG3-20180111-085141-0.jpg
 ダム湖手前のお気に入りの霧氷発生地点。 朝日だからフレームに入れても酷く眩しくは感じません。
 s-TG3-20180111-085336-0.jpg



 新雪が10cmほど積もっていましたので、東新道よりスノーシュー装着で入山。
 s-TG3-20180111-091924-0.jpg
 いつものように朝日に煌めく雪を楽しみながら進みます。

 s-TG3-20180111-092127-0.jpg
 積雪量が少なかったので、トレースは確認できます。
 
 s-TG3-20180111-093757-0.jpg
 風の通りが良い尾根に出ると、吹き溜まりと風紋が見られます。 雪道の楽しみの一つです。


 s-TG3-20180111-094455-0.jpg
 樹木の影に向かって見ると幹や枝の曲がった状態が、雪の面にそのまま影をつくりますが・・・

 s-TG3-20180111-094907-0.jpg
 横から見れば曲がった幹も枝も全てが直線の影となって見える・・・いつも不思議に思う現象です。 


 s-TG3-20180111-094942-0.jpg
 太陽は毎日角度を変えているので、毎日歩いても同じ物は見られない・・・だからこその楽しみです。
 s-TG3-20180111-102410-0.jpg


 s-TG3-20180111-104949-0.jpg
 ユキウサギの場合は大きな窪みの中間に前足の浅い接地点がありますので、これば別物=エゾクロテンの足跡かと。

 s-TG3-20180111-105041-0.jpg
 九合目まで来たら霧氷の形跡が残っていました。 弱いながらも風があったので、霧氷も落ちてしまったようです。

 s-TG3-20180111-105400-0.jpg
 せっかくの青空ですが、霧氷も樹氷もイマイチの出来でした。

 s-TG3-20180111-105514-0.jpg
 樹木から落ちた霧氷のカケラが雪原に散らばっています。

 s-TG3-20180111-105546-0.jpg
 山頂です。 スノーシュー装着だと時間が掛かりますね。普段より25分ほどオーバーしました。

 s-TG3-20180111-105617-0.jpg
 頂上の大きな鐘も雪がくっついて音がなりません。

 s-TG3-20180111-105630-0.jpg
 吹きさらしの山頂では様々な風紋が見られ退屈しのぎになります。

 青空だとそれだけで自然のキラメキが見られるんです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top