FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

陽気に誘われ  

 今日は我が家のニャンコ(TOM)との散歩で見た花のお話し。

 寒気が去り、一気に暖かい空気が入りました。
 冬の間はお天気の良い時に少しだけ散歩していたTOMですが、
 ポカポカ陽気に誘われるように、夏バージョンの散歩になっています。

 TOMの膵炎は落ち着いたものの、完治はしない可能性があると獣医師に言われました。
 今のところ、特段の変化はありませんが、年齢的にも老猫ですから、
 急に体調を崩すこともあるかもしれませんね。

 周辺の散歩で、野付ウシと歩く時は長い時間は出ていません。
 (嫁さんと一緒なら1時間を軽く超えます)

 s-TG3-20170424-124311-0.jpg
 今回は近くのお寺にお参りに(ただの散歩ですが)。 門の下に僅かに雪が残っていますが、先日の名残です。

 この石段の脇には沢山の花も咲きます。 目立つのは夏以降の紫陽花ですかね。
 TOMとの散歩で目星を付けてから、改めて撮影に行ったりしています。

 s-TG3-20170424-124412-0.jpg
 昨年の紫陽花の枯れた茎に執着しているようですが、何か臭う?

 この後、急に引き返して戻りだしました。こんなことは初めてですが、何せ気まぐれですから。

 地蔵さんの後ろ側が藪になっていて、そこを見ながら下っていると花を見つけました。

 s-K5-20170424-133038-0.jpg
 もうアチコチに出ていますが、エゾエンゴサクです。

 s-K5-20170424-133240-0.jpg
 そしてキバナノアマナもピークを迎えています。

 s-K5-20170424-101349-9.jpg
 これから出てくる「オオイヌノフグリ」です。 

 石段を降りきる手前の藪に、紫色の花が見えます。 TOMを木の枝に繋いで、藪をくぐって確認へ。

 s-TG3-20170424-134922-0.jpg
 あらま・・・綺麗な花じゃあーりませんか!
 s-TG3-20170424-134943-0.jpg
 どこかで見た記憶もありますが、昨年のリストには無い花でした。
 調べてみるとメギ科の『タツタソウ』でした。(別名;イトマキグサ)
 古くから春の山野草として親しまれたようですが、近年は園芸用に販売されています。
 この種類は葉の色が紅色(茶色系?)ですが、緑のものもありますね。

 s-TG3-20170424-125630-0.jpg
 元々、紫の花が好きな野付ウシですから、一発でお気に入り!

 s-TG3-20170424-125658-0.jpg
 山野草花辞典には掲載されていませんので、園芸種として見ることが多いようです。
 
 上の写真は一旦TOMと家に戻ってから、カメラを持って出直して撮ったものです。
 この石段脇も野付ウシの撮影場所の一つなのです。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top