FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

4月も雪景色 Ⅱ  

 4月の雪景色は山だけに終わらないようです。
 
 s-Ca-20170423-064815-0.jpg
 今朝の我が家から見た公園の一部ですが、昨夜からの雪(霙)は今朝8時頃には止みました。
 今日は曇り一時晴れで、最高気温は4度の予想です。
 道路はほぼ溶けていますが、草地には残ったままです。

 さて、季節外れの画像が続きますが、ご了承を。

 昨日の樹氷の山頂手前から、話の続きをさせてもらいます。

 s-TG3-20170421-102424-0.jpg
 運良く天気も良かったので、青空をバックに真っ白な樹氷を眺めることができました。

 s-TG3-20170421-102500-0.jpg
 山頂はまだ冬の状態で、1メートルほどある木の手すりも埋まったままです。

 s-TG3-20170421-102614-0.jpg
 温度は見えていませんが、+1度を指していました。 温度計にエビの尻尾が・・・

 遠景は良好でしたので、少しだけ。

 s-Ca-20170421-102540-0.jpg
 白滝の北側にある「チトカニウシ岳」です。1,446m

 s-Ca-20170421-102605-0.jpg
 武華山、武利岳から支湧別岳などです。 実は武利岳の右手にわずかに「旭岳2,290m」も見えています。

 s-Ca-20170421-102729-0.jpg
 今回はかなりスッキリみえている「トムラウシ山2,141m」です。

 s-TG3-20170421-102627-0.jpg
 東&北大雪の山々が並んでいます。


 s-Ca-20170421-102817-0.jpg
 そして、足元の富里ダム湖です。

 s-TG3-20170421-103843-0.jpg
 北西方面の眺めです。

 
 s-TG3-20170421-103952-0.jpg
 一休みした後、普段歩けない北側斜面を歩いてみました。既に樹氷がボロボロ落ちています。

 s-TG3-20170421-104508-0.jpg

 s-Ca-20170421-104623-0.jpg

 s-TG3-20170421-104514-0.jpg
 普段は考えてもいない場所を歩き回って、すっかり満足です。

 崖の上から登山道に滑り降りた時、ちょうど登ってきた登山者『あんた、どっから降りて北野』と。
 野付牛『登山道にこだわらず、どこでも歩けますよ』


 s-TG3-20170421-104647-0.jpg
 もう一度、周りを見回して樹氷とお別れしました。
 s-Ca-20170421-104645-0.jpg


 下まで降りて下山終了直前にある湿地で、無残な姿を見ました。

 リュウキンカ被害
 「エゾノリュウキンカ」の地上部分が数株にわたり無くなっていたのです。(写真は師匠のHPより)

 ツボミをつけ、お天気になれば開花したであろう花が持ち去られました。
 「花を採らないで下さい」という貼り紙と歩道側に境界の紐も張っていたのに、です。

 昨年も起きたのですが、採った人の顔を是非見たいものです。
 大勢の登山者が楽しみにしている花を、無残にももぎ取っていった人の顔を!

 人の歩かない時間帯にコッソリ来たはずです。
 本当にため息しか出ませんね。
 山菜採りの人が林道周辺でウロウロしているのは、よく見かけるのですが
 登山口から先は是非やめてもらいたいものです。
 (エゾノリュウキンカは春の山菜としても知られます) 

 止めようが無いのが残念です。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top