FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

微かなる春の息吹  

 まだ冬から抜けきれないようで、20日朝には-20度を記録しています。
 そして今朝は -18度でした。
 今日は午前中晴れで、午後から曇りの予想。


 北海道では3月下旬頃になって「寒さも緩んで春めいてきた」と言われます。
 それでも、かすかに春の息吹を感じる場面も出てきましたね。

 過日の山歩きでも、そんな雰囲気を感じ取りました。

 s-TG3-20170218-111449-0.jpg
 下山して車に向かう林道脇の雪原に出来た木立の陰...心なしか軟らかく感じます。

 s-TG3-20170218-111523-0.jpg
 仁頃川源流もほとんどは氷と雪の下ですが、僅かながら水の流れる音が聞こえています。

 s-TG3-20170218-111613-0.jpg
 枯木の根に覆いかぶさる雪も、陽射しで柔らかな雰囲気に見えてきます。


 s-TG3-20170218-111720-0.jpg
 ほんの少し日が高くなるだけで、様々なものに暖かみを感じますね。 これは「オオウバユリ」の枯れた姿です。

 s-TG3-20170218-111823-0.jpg
 昨年秋に種を弾かせ、命の引き継ぎを終えた抜け殻が雪に突き立っていました。

 s-TG3-20170218-111807-0.jpg
 「オオウバユリ」は種を地面に落としてから、花が咲くまでに6-7年かかると言われます。
 

 車で移動し初めて間もなく、道路沿いのヤナギの木に白いものが見えます。

 s-K5-20170218-113404-0.jpg
 はるか数メートルも高い場所ですが、望遠を積んでいたので数枚撮ってきました。
ただ、風が強かったためピンボケだらけで半分はボツでした。(-_-;)

 s-K5-20170218-113353-0.jpg
 ネコヤナギは図鑑などでは4-5月、本州でも2-3月から開花となっています。

 s-K5-20170218-113349-0.jpg
 北海道の、しかも寒さ厳しい地域にもかかわらず、毎年のように2月上旬ころから芽吹きが始まります。


 s-K5-20170218-113319-0.jpg

 s-K5-20170218-113256-0.jpg

 s-K5-20170218-113239-0.jpg

 s-K5-20170218-113024-0.jpg

 ここには二種類のヤナギがあるようです。 ネコヤナギと言っても種類がたくさんありますね。
 蕾の状態のものから、開花し始めたものまで見られます。

 樹木図鑑で確認すれども、今ひとつ確信がもてませんでした。
 頭上高い場所で、手元で拡大できないのが残念です。
 その内に再度トライしてみましょうか・・・

 このネコヤナギ・・・早咲きが終わると、少しの間は見られなくなるようです。
 もう少し気温が上がると次々に芽吹くのですが。。。

 見えないところでも少しずつ、春が忍び寄っているんですね。




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top