FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

2017 流氷-2  

 今朝は小雪が静かに降っていて、昨夜から10cmほど積もったようです。
 この後は雪も止んで曇り空が今日、明日と続く予想。
 でも気温は -2度前後で推移ですから、この時期になんと暖かいことか。

 さて、流氷の続きです。
 常呂前浜から能取岬灯台へ向かいます。(地図は前日記載を参照)
 真っ直ぐ行けそうですが能取湖口は橋が無いので、一周することになります。
 その距離35kmありますので、遠回り!


 能取岬灯台への手前の海岸で車を停めます。
 s-K5-20170209-135819-0.jpg
 いつものばしょから能取岬を眺めます。昨年も同じような状態ですが、今年は青空が見えます。

 s-K5-20170209-135831-0.jpg
 氷は特に大きくありません。遠くからみれば蓮の葉状氷の群れですね。

 s-TG3-20170209-140037-0.jpg
 これから灯台のふもとまで行きます。

 トンネルを抜けた先で左折すると、目の前に能取岬の高台に出ます。

 s-K5-20170209-140341-0.jpg
 道路の先に氷を敷きつめた広いオホーツク海が見えました。

 s-K5-20170209-140420-0.jpg
 右手奥には知床連山も見えています。羅臼岳までは海を隔てて70kmの距離です。

 s-K5-20170209-140426-0.jpg
 正面には灯台が見えています。

 s-K5-20170209-140433-0.jpg
 少し左手に絵になる樹木も。。。

 高台から駐車場へ下る部分を「車載ドラレコ」の映像で張っておきます。(何てことない映像ですが)
 左手奥にオホーツク海が見えています。下車後の野付ウシの怪しい後ろ姿も写ってます。(-_-;)

  
[広告 ] VPS


 s-K5-20170209-140647-0.jpg
 この場所は風が強いので雪は飛ばされて、冬もあまり積もりません。 ここだけ見れば冬とは思えない!

 s-K5-20170209-140725-0.jpg
 岬の突端は絶壁で、その先に流氷群が水平線の彼方まで広がっていました。

 s-K5-20170209-140915-0.jpg
 かつては下の浜まで降りられたものですが、今は禁止です。

 s-K5-20170209-140803-0.jpg
 さっきまで走っていたの能取湖方面の眺めです。
 s-K5-20170209-140007-0.jpg

 s-K5-20170209-141203-0.jpg
 小さな波が浜へ打ち寄せていますが、流氷で覆われた海は「さざ波」が立ちません。
 まだ砕け氷の状態のため、ゆらゆらと海面も揺れています。


 この先の眺めは、又しても次回へ(引っぱるなぁ~)・・・



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top