FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

厳寒期のせせらぎ  

今朝も少し寒く -20度まで冷えましたよ!(これでも立春?)
 朝は青空ですが、日中は曇ったり晴れたり・・・
 スッキリ終日青空!なんて日が少ないように思いますね。

 流氷が来たから? 空気が冷たい!
 同じ気温でも、そんな気がしました。

 昨日(2/3)、仁頃山から下山して真冬の「仁頃川源流」を見てきました。
 少しだけ黒っぽい流れが見えたので、スノーシューのままズカズカと。
 雪は締まっているのでスノーシューだとあまり沈みません。
 新雪を漕いであるくのは楽しい!!

 先に、山の写真の残りを。

 s-TG3-20170203-102146-0.jpg

 s-TG3-20170203-100402-0.jpg

 s-TG3-20170203-094740-0.jpg

 s-TG3-20170203-094453-0.jpg
 途中までは陽射しがあったので、上の方で登山道から外れてみようかと思っていました。
 スノーシューなので自在にあるけますので・・・


 s-TG3-20170203-093757-0.jpg

 s-TG3-20170203-093149-0.jpg

 s-TG3-20170203-092611-0.jpg
 でもだんだん天気も怪しくなり、結果として登山ルートからの「いつもの写真」で終わりました。
 残念ながら、次回の機会を待ちます。


 さて・・・林道沿いを流れる小川「仁頃川源流」ですが、厳冬期でも雪と氷の下を流れています。
 登山口までの1kmほどの流れは真冬に見ることは、ほとんどありません。
 一部だけ流れを見せている場所へスノーシューで入りました。

 s-K5-20170203-114335-0.jpg
 こんもりとした雪が、この場所だけ積もらず川面の氷が見えています。

 s-K5-20170203-114412-0.jpg
 その凍った上に「フロストフラワー」のような霜の塊が模様を作っています。(上に少しだけ粉雪が載ってます)

 s-K5-20170203-114507-0.jpg
 粉雪が降る前に状態を見たかった!! 氷や雪の境目には水蒸気が凍ったような状態です。


 s-K5-20170203-114513-0.jpg
 ほんの一部だけ、水の流れが見えました。耳をすませると流れの音もしています。(雪が音を消してしまう)

 s-K5-20170203-115415-0.jpg
 先ほどと違う場所(滝の下側)へ移動しましたが、同じような模様ができています。

 s-K5-20170203-115433-0.jpg
 氷の上に載って確認したかったのですが、割れると川に落ちるので止めました。(浅いけど濡れる)
 次の機会を待ちましょうか。

 s-K5-20170203-115507-0.jpg
 もう少し下るとダム湖への流れ口になります。
 この僅かな流れは動物たちの飲水にもなっているんでしょうね。
 仁頃山の伏流水はこうして1年中湧き出しているのです。
 標高はたいしたことない山ですが、広さは...スゴイですから水の量もスゴイんでしょうね。
 


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



▲Page top