FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

キノコ展示と秋の様子  

9月末でも暑い日が続きます。今日も25度の予想です。

 昨日、キノコの展示会が終わり、一段落。
 残る行事は10月下旬からの「きたみ菊まつり」での展示会のみとなりました。
 ソレまでの3週間ほどはゆっくりでしそうです。

 昨日の展示の様子と会場周辺の秋の様子などを。

 s-O20160925-123547-0.jpg
 会場は市内高台の山裾に位置する『北見市緑のセンター』でした。

 s-O20160925-095426-0.jpg
 毎年ここで行っていますが、今年は週末3日間にわたって行われました。
 (野付ウシは他の行事もあり最終日のみお手伝いです)

 この施設周辺は自然がたくさん! 野付ウシも季節ごとに足を運んでいます。

 s-O20160925-マユミ-0
 裏手にある低木の花も好きですね。 これはご存知「マユミ」の実です。

 s-O20160925-アメリカメギ-0
 「アメリカメギ」というメギ科の低木の実です。

 s-O20160925-姫リンゴ-0
 エゾノコリンゴより大きな実がなる「姫リンゴ」も実っていました。

 s-O0160925-ベニシタン-0
 これは地を這うように育つ「ベニシタン」という花の実です。

 
 s-O20160925-101249-0.jpg
 あまり他では見かけない白い花が土手に咲いていました。
 s-O20160925-シロバナハギ-0
 「シロバナハギ」という白い萩の花です。色違いとも言える花ですがとても目を引きました。


 さて、展示会の様子を。
 s-O20160925-095127-0.jpg
 全部一枚に収まりませんので、メインのテーブルのみ。一番手前に大きな『マツタケ』があります。

 s-O20160925-105846-0.jpg
 天気が良かったので来場者も多く、自分で採ったキノコの鑑定に来る人も多かったです。
 キノコの会の大ベテランが鑑定しますが、それでも不明なものがあるのが野生のキノコです。

 名前が判明しているだけでも2,000種と言われ、全部で7-8千種あるとか。
 環境や育つ過程で色や形が異なるため、難しいのです。
 野付ウシはペーペーですから、ほんの数種しか見分けられません(-_-;)...

 今日は好天なので、まず仁頃山へ...
 明日は日帰りで少し高い山へ・・・


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



▲Page top