FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

仁頃山、初夏の様相  

このところの暖かさ(暑さかも)で、植物の成長勢いが凄い!

 野も山も、木も草も花も・・・「それっ」とばかりに急成長中です。
 暑さも一段落した仁頃山は3日ぶりです。

 s-C20160524-110234-0.jpg
 天気は「晴れ」なのですが、ボヤーッとした空模様になっています。

 s-C20160524-112134-0.jpg
 今回は一気に増えた花も見たくて「奥新道」から登りました。登山道を飾る少し遅目のニリンソウ。

 s-C20160524-112336-0.jpg
 通り過ぎるのがもったいない群生地...この周辺は「ミドリニリンソウ」の宝庫。(明日再掲します)

 s-O20160524-121431-0.jpg
 「クルマバソウ」はこれから満開のようです。

 s-O20160524-113519-0.jpg
 奥新道でとにかく目につくのが「ツバメオモト」と小さな「フデリンドウ」です。

 s-O20160524-124553-0.jpg
 わずか3-5cmくらいの「フデリンドウ」が歩道にたくさん見られます。踏みそうになりますね。

 s-O20160524-135130-0.jpg
 他のルートでは終わった「エゾキケマン」が見頃でした。

 s-O20160524-121836-0.jpg
 途中から山頂方面を望みます。木々の緑がどんどん濃くなっています。

 横断糖度の合流点で自然を独り占めしながら、オニギリをいただきました。

 s-O20160524-141551-0.jpg
 穂を出したばかりの「ルイヨウショウマ」です。少し早めかな?

 s-C20160524-131652-0.jpg
 雪が消えたばかりの山頂手前では、ようやく「キバナノアマナ」が咲いたところです。

 s-C20160524-131949-0.jpg
 山頂のベンチ横に「ミヤマオダマキ」が咲きました。

 s-C20160524-132041-0.jpg
 山頂の気温は16度と薄い長袖一枚で丁度良い感じです。

 s-C20160524-131843-0.jpg
 気温が急に高めになってからは、霞んだ眺めが多くなっています。

 普段は80分程度で登る道のりも、花に誘われ2時間かかってしまいました。
 その花たちの残りは明日掲載します。

スポンサーサイト



▲Page top