FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

10月の阿寒湖  

 先週末のお話しですが、久々に夫婦二人で阿寒湖へ行ってきました。
 7-8年ほど前に東京から義弟が来た時に、ドライブで立ち寄って以来の訪問です。

 先ず、到着して考えたのは「無料駐車場あったっけ?」でしたが、残念ながら昔はあったものの今は無しです。
 やむを得ず遊覧船から近い場所の有料駐車場へ。
 s-K70-20201007-125756-0.jpg
 ①ここが中心部の船着き場ですが、始発はちょっと離れた場所です。左側の案内所で観光船のチケット買いました。
 s-Ca-20201007-123511-0.jpg
 ②二人分..と窓口で告げると「4千円です」・・・「えぇー!」思わず声が出ました。 た、た、高い~!ビックリしました。
 s-Ca-20201007-130106-0.jpg
 ③ゆーっくりした船で70分ほど阿寒湖を移動するだけですが...船賃1,580円は高いですよ。 もう乗らない!
 時間が少しあるので待合室にある簡易食堂でラーメンとソバを注文しました。味も期待していませんでしたが、その通りでした。
 男性が調理して、女性がフォローしていますが、接客なんぞまったく意識していないようです。
 大声で内輪の話しをガンガンやってました。食器はお客が戻すのですが返却場所がいっぱいで置く場所も無し!
 いくら田舎だからと言って、メインの観光船乗り場の食堂でしょ? こういうの見るとガックリきますね。

 s-K70-20201007-124927-0.jpg
 ④右手には「雄阿寒岳」が見えています。今年は7月に登っています。
 s-K70-20201007-125618-0.jpg
 ⑤左側には「鶴雅」グループのホテルがあります。ここは何度か泊まっていますが、「雛の座」は超高級で泊まっていません。
 s-K70-20201007-130220-0.jpg
 ⑥観光船が来ました。始発の桟橋で数名が乗船し、ココで残りを乗せて出発です。
 s-K70-20201007-135409-0.jpg
 ⑦大きな船ですが、載ったのは多分...30名くらいでしょうか。たっぷり距離は保てましたよ。
 s-K70-20201007-131004-0.jpg s-K70-20201007-131017-0.jpg s-K70-20201007-131712-0.jpg s-K70-20201007-131859-0.jpg
 ⑧-⑪例年より暖めなので薄い長袖一枚で大丈夫でした。(多くは風よけを着ていました)

s-K70-20201007-131934-0.jpg
 ⑫地図で右下の「滝口」の方へ向かっています。
 s-K70-20201007-132118-0.jpg
 ⑬この滝口は阿寒湖の推移の調整口になります。すぐそばに船着き場ありますが、何のための船着き場?
 s-K70-20201007-132139-0.jpg
 ⑭その奥に見えているのは「雄阿寒岳登山口」です。野付ウシも何度も来ています。
 s-K70-20201007-133527-0.jpg
 ⑮折り返して中央へ戻ってきました。正面真ん中の雲が掛かった山は「雌阿寒岳」です。右は「フップシ岳」です。
 s-K70-20201007-133723-0.jpg
 ⑯これからマリモの保護施設がある「チュールイ島」へ上陸します。
 s-K70-20201007-134701-0.jpg
 ⑰小さな施設があり、中にマリモが展示されています。
 s-K70-20201007-134733-0.jpg
 ⑱ほんの数点展示あるのみで、¥420ですが、保護の協力金と表示した方が良いと思いました。

 さて、船を降りてからブラブラしながら立ち寄ったのは「アイヌコタン」です。
 s-K70-20201007-141854-0.jpg
 ⑲ほんの小さな場所ですが、民芸品のお店などが並んでいます。正面の門には大きなフクロウの木彫りが。
 s-K70-20201007-142007-0.jpg
 ⑳思わずニヤけてしまいそうな看板でした。現実は観光客が激減して大変なんでしょうね。
 
 s-K70-20201007-142021-0.jpg s-K70-20201007-142036-0.jpg s-K70-20201007-142243-0.jpg s-K70-20201007-142655-0.jpg
 ㉑-㉔木彫りの商品メインで昔ながら・・・ですが、もうこういうお店は流行らないのかもしれませんね。

 s-K70-20201007-142308-0.jpg
 ㉕中央の高い位置には「チセ」という建物があり、以前はここで伝統の踊りなどを見せていました。
 夜になると温泉街からの松明行列が到着し、この前でちょっとした伝統的なショーもあります。
 s-K70-20201007-142330-0.jpg
 ㉖横にはアイヌの住宅や倉庫などのレプリカもありました。
 s-K70-20201007-142506-0.jpg
 ㉗裏手の方に回ると新しい建物があり、ここでアイヌ文化の伝統的なショーが行われています。
 s-K70-20201007-142525-0.jpg
 ㉘夕方から三回の興行があるようです。 ¥2,200ですか..  白老のウポポイでもショーをやっているようですね。

 s-K70-20201007-142628-0.jpg
 ㉙一回りしてお土産屋さんの様子をチラ見しながら降りていきます。
 s-K70-20201007-142720-0.jpg
 ㉚もう半世紀も前から、木彫りの製品中心のお店の感じは、変わっていませんね。
 s-K70-20201007-142723-0.jpg
 ㉛これが今の観光客に受け入れられているのかは、わかりませんね。

 短い時間でしたが、ここから車に戻り阿寒湖を後にしました。
 人の姿が本当に少なくて、ちょっと寂しい感じでした。
 Go to travel がとっくに始まっていても、地域によってはこんな状態なんですよね。

 色々トラブルも起きているGo toですが、また新たな実態も出てきたようです。
 旅行会社からGo To事務局に派遣されている、大手旅行会社の職員に対しての日当です。
 平均で一日40,000円を超えるような金額だそうですが?
 国は特に高額では無い..と言っているようですが、庶民からすると信じられない金額ですね。
 予算(税金)というものは、こういうふうにドブに捨てるようにジャブジャブ使われているようです。
 大企業だけが大きく潤うのが今の時代・・・この先も変わらないみたいな雰囲気を感じますね。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



秋のオンネトー  

 いつもは登山目的で行くことが多い雌阿寒岳の麓にある湖「オンネトー」、
 今回は夫婦二人でドライブで行きました。目的はオンネトー一周ハイキングです。

 国道241号から脇道に入ります。
 s-K70-20201007-095433-0.jpg
 ①オンネトーへの道の両脇は紅葉・・・奥には雌阿寒岳が見えています。

 s-K70-20201007-114229-0.jpg
 ②道沿いにあった看板です。オンネトー一周の散策路はおよそ4kmですが、ゆっくり歩いて1.5Hほどです。
 現在地とある場所に車を置いて、右方面へ向かい反時計回りに一周することにします。
 途中にトイレは無いので展望デッキそばのトイレを使うことですね。

 s-K70-20201007-100502-0.jpg
 ③車を止めた場所でまず最初の撮影です。スッキリした晴れでは無いものの、時折日差しもあってまずまずの天気です。
 s-K70-20201007-101138-0.jpg
 ④少し車道を歩くと展望デッキのある場所へ。例年なら観光バスの団体がいるのですが、今年はねぇ・・・
 s-Ca-20201007-101244-0.jpg
 ⑤看板にも記載のとおり、左側が「雌阿寒岳」で、右手は「阿寒富士」です。
 一の関係で阿寒富士が高く見えますが、標高は雌阿寒岳が高いです(1,499m)。
 s-Ca-20201007-102304-0.jpg
 ⑥少し先に進んで湖岸に降りて撮った画像です。このへんはカメラを持った人が常にいますね。
 特に紅葉の時期は大勢集まることがあり、一人で何台も三脚を立て、大型のビデオカメラまで出てきたりします。
 車中泊を繰り返しながらベストコンディションを狙う人もいます(青空で湖面が鏡のようになるのを、ひたすら待つ)
 s-K70-20201007-102008-0.jpg
 ⑦更に少し進んだ場所での撮影。この辺でもカメラを構えた男女が数名。
 プロ並みの人が何人かいるのでしょうが、真ん中にデカイ三脚をドンと立てて後方で待つ人もいますが・・・
 普通に撮影する人にとっては、三脚とカメラを置きっぱなしにされるのは迷惑なんですよね。
 撮り鉄じゃないですが、そこの景色は自分だけのためでないことを理解して欲しいです。
 s-K70-20201007-102424-0.jpg
 ⑧この場所の道路の反対側にカーブミラーがあります。野付ウシは毎回ここでミラー内を撮影しています。

 さて、そのまま車道を進み、今度は湖岸の遊歩道を歩くことになります。
 今回もちょっと画像が多くなっていますので、ご容赦を。
 s-K70-20201007-102746-0.jpg
 ⑨この先は雌阿寒&阿寒富士は見えなくなります。車道沿いの湖岸が見えるだけですね。
 s-K70-20201007-103948-0.jpg
 ⑩ズームで対岸を撮りました。展望デッキが見えています。
 s-K70-20201007-104546-0.jpg
 ⑪歩道は一部で木道が壊れていたりしますが、危険な箇所は無いです。湖岸も倒木は多いですね。
 s-K70-20201007-105155-0.jpg
 ⑫キャンプ場の横を抜けて深い森の道へ入ります。ここは入り江になっている場所です。
 s-K70-20201007-105422-0.jpg
 ⑬回り込んで入り江の反対側に出ました。
 
 s-K70-20201007-110715-0.jpg
 ⑭対岸には車道がありますが、木々で見えません。
 s-K70-20201007-111109-0.jpg
 ⑮波が少し収まると空と紅葉が映り込み、とても綺麗ですね。
 s-K70-20201007-112309-0.jpg
 ⑯既に四分の三ほど周ったようです。
 s-Ca-20201007-110343-0.jpg s-Ca-20201007-111951-0.jpg s-Ca-20201007-112025-0.jpg
 ⑰-⑲途中で何種類かのキノコも見つけましたが、特段採取はしていません。(画像のものは食用には不向きかと)
 
 s-K70-20201007-113606-0.jpg
 ⑳もうすぐ終わる頃に、木道の下を赤茶けて濁った水の流れる場所がありました。
 この水の源流は...500mほど奥に「錦沼」という赤褐色の水をたたえた小さな沼があり、そこから流れてきています。
 池底や河床に沈澱した「褐鉄鉱」の色が独特の色を放っています。
 オンネトーの水の色の変化にも一役買っているのでは?とも言われます。
  
 s-K70-20201007-114308-0.jpg
 ㉑のんびりと歩いてきたので、2時間弱かかりました。途中で数名の歩行者とすれ違ってもいます。
 車の場所に戻り、最後の撮影をしました。
 s-K70-20201007-114338-0.jpg
 ㉒雌阿寒岳の部分を少しアップで撮影し、オンネトーを離れます。
 ちなみに雌阿寒岳はほとんど毎年登っている山で、隣の阿寒富士は雌阿寒岳のついでに、2-3年毎に登っています。

 まずまずのお天気でキレイな紅葉も見ることができました。時折太陽が雲隠れもしていましたが、満足でした。

 最後の画像は。。。国道241からオンネトーへの分岐点で撮ったもの。
 s-K70-20201007-120124-0.jpg
 ㉓巨大なツリーみたいな「山ぶどう」の紅葉が、あまりにも見事だったので・・・

 この後、ついでに阿寒湖にも立ち寄りましたが、その部分は別途記事として掲載しますね。

 
  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

北見市常呂町「遺跡の森」へ  

 今日こそ本当に雨がふったようです=今は止んでますが午前中また降るかも。
 この後は曇りの日が続きそうですが、極端な寒さはないようです。

 さて、前回の「ワッカ原生花園」ではチャリンコで楽しみましたが、
 今回は、すぐ近くにある「常呂遺跡の森」の記録です。

 北海道北見市・常呂地域のオホーツク海沿岸には「常呂遺跡」と呼ばれる大規模な遺跡群が広がっています。
 約2700基にものぼる竪穴住居跡が現在でも残る貴重な遺跡であり、またかつての北海道で栄えていた独特の文化を
 解明する上でも重要な遺跡であることから、国指定史跡となっています。

 ※詳しくは遺跡の森の説明を参考に・・・
 
 今回は遺跡の見学ではなく...野山の花の状態などを見たくて、一回りしました。
 (遺跡の方に興味がある方は上でリンクしたURLとか、オホーツク圏観光連盟にある案内ページでどうぞ。

 サムネにて地図と住居跡の画像を載せておきますね。
 s-isekinomori.jpg isekinomori.jpg
 ①~②

 さて、駐車場に車を停めた直後、野鳥がピーピーとまとわり付いてきました。
 s-K70-20200522-100136-0.jpg
 ③ベレー帽を冠ったような鳥は、我が家にもやってくる「ハシブトガラ」のようですが、人馴れしてますよ。
 s-K70-20200522-100336-0.jpg
 ④冗談で手を出したら、なんと手にとまりました・・・びっくりですね。
 s-K70-20200522-100345-0.jpg
 ⑤同行した嫁さんが試しにクッキーの欠片を手に載せたら、ヒョイと下りてきて手に乗りました。人馴れし過ぎですよね。
 この鳥は帰りもピーピーおねだりしていました。

 散策コースに入りました。今が盛りのオオバナノエンレイソウなどがアチコチで見られました。
 s-K70-20200522-104935-0.jpg
 ⑥水路の上に「ツバメオモト」が数株咲いていました。
 s-K70-20200522-100954-0.jpg
 ⑦仁頃山にもたくさんありますが、今年は花の付きがよくありません。(霜にやられたものが多い)

 竪穴住居の横を通った時に、樹木の高い位置にアカゲラを見つけました。
 s-K70-20200522-101543-0.jpg
 ⑧距離があったのと、枝の上側にいたので背中などの色合いは撮れていません。
 s-K70-20200522-101758-0.jpg
 ⑨すぐ近くで別な鳥が・・・これはそこらじゅうで見かける「ゴジュウカラ」で、我が家のヒマワリの種の消費率No.1の鳥です。
 s-K70-20200522-kawarahira-0.jpg
 ⑩もう一羽は「カワラヒラ」のようですね。

 s-K70-20200522-102017-0.jpg
 ⑪足元で咲く小さな白いスミレ「ツボスミレ」です。
 s-K70-20200522-102230-0.jpg
 ⑫道の脇で他の緑に紛れていたのは、「レンプクソウ」です。花が5つまとまって咲いていて「ゴリンバナ」とも呼ばれます。
 s-TG3-20200522-102855-0.jpg
 ⑬上に一つ、下に横を向いて四つの花がついています。5つまとめても1cmに満たないもの。

 s-TG3-20200522-103112-0.jpg
 ⑭森の中には縦横無尽に散策路があり、花や樹木を楽しむことができます。
 s-K70-20200522-102524-0.jpg
 ⑮キノコも出ていました。「トガリアミガサタケ」かと思われます。 食用になりますね。
 s-K70-20200522-102612-0.jpg
 ⑯絶滅危惧種にもなる「エゾタンポポ」です。 花を支える下側の総苞片が反り返っていませんね。
 s-TG3-20200522-103353-0.jpg
 ⑰こちらは「セイヨウタンポポ」ですが、下が反り返っています。

 s-TG3-20200522-103755-0.jpg
 ⑱途中に埋蔵文化センターなどの資料館もいくつかあります。(何度も来ているので今回はパス)
 s-TG3-20200522-104124-0.jpg
 ⑲一見、お化け屋敷みたいですが、こちらも資料館です。
 この周辺での研究は東京大学が長年携わってきましたので、資料館も東京大学のものです。
 s-K70-20200522-103415-0.jpg
 ⑳森の中には学生用の宿舎までありますよ。

 道路のずっと先に何やら動くものが・・・キタキツネのようです。
 s-K70-20200522-103755-0.jpg
 ㉑道路の端に座り込んでいますが・・・二匹かな?
 s-K70-20200522-103805-0.jpg
 ㉒撮影しながら近づくと、なんと道路脇で授乳中だったようです。 普段は車の通らない道ですから・・・
 s-K70-20200522-103806-0.jpg
 ㉓親狐は毛変わりの最中でアチコチ毛が抜けた状態。 小狐は二匹、またお乳が欲しいようです。
 s-K70-20200522-103817-0.jpg
 ㉔こちらに気づいて立ち上がって警戒しています。
 s-K70-20200522-103823-0.jpg
 ㉕森の中に消えていきます。 最後に小狐の姿が・・・尻尾が短くて可愛いですね。
 親子が入った場所には獣道がありました。

 s-K70-20200522-104729-0.jpg
 ㉖戻る途中に黄色の絨毯がありました。 「エゾネコノメソウ」です。
 s-TG3-20200522-101525-0.jpg
 ㉗顕微鏡モードで拡大しました。雄蕊が8本あります。
 s-TG3-20200522-101756-0.jpg
 ㉘「アイヌタチツボスミレ」が周辺にたくさん見られました。
 
 一回りして、駐車場へ戻る直前でした。小さなシマリスがすぐ近くを横切りました。
 s-K70-20200522-105646-0.jpg
 ㉙あっという間に近くの地面の穴に入ってしまいました。
 s-K70-20200522-105727-0.jpg
 ㉚リスは木の上に...という思い込みもありますが、現実は地面の穴で暮らしたりもします。

 今回は花はイマイチでしたが、小鳥やリス、そしてキタキツネの親子まで見ることができました。

 満足、満足・・・


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

竜宮街道を行く  

 天気予報はどんどん変わってきました。
 今日も曇り空のはずが、日中晴れへと変わりました。(良い外れ方ですが)
 週間予報は何のためにあるか、さっぱり意味が無いようです。

 先週半ばは異常低温で雪かも?とか出ていた週間予報が、晴れ間の多い日々へ。
 曇り続き、週明けは雨の日々・・・だったのが「晴れ時々曇り程度」になりそう。
 まぁ当日の天気もガッツリ変わったりするのですから、当てにならないのは当然かな?


 さて、終日晴れで周辺全部が良いお天気!! という22日のこと・・・
 夫婦二人で海辺にある「ワッカ原生花園」へチョイドライブにて出かけました。
 花はまだ僅かですが、お天気が良いのでレンタサイクルでワッカの森へ行こうかな?と。

 wakkanomori.jpg
 ①「ワッカネイチャーセンター」が起点になりますので、駐車場に車を置いて自転車を借ります。
 1台につき\650です。片道およそ4kmあり往復で40分ほどとのこと。
 wakka[
 ②上空写真で見れば、左下から上の松林のある左に突き出たあたりまでになります。
 (上のイラスト&画像は解説用のページからお借りしました)

 ん十年ぶりに自転車に乗った嫁さん、野付は昨年ホノルルにてダウンヒルロードバイクに乗ってますが似たようなもの。
 ママチャリスタイルの自転車は、どうもハンドルがフラつきますね。(昔はスポーツタイプ乗り回していましたが)
 s-TG3-20200522-113815-0.jpg
 ③まだ花が僅かな原生花園の中を、自転車で西へ向かいます。アップダウンは少ないですが、一応変速機付きです。
 s-TG3-20200522-114441-0.jpg
 ④何箇所かにこういう看板が立っています。保安林となっていますが、この周辺は林はありません。
 s-TG3-20200522-114926-0.jpg
 ⑤途中で自転車を置いて、砂浜の方へ。
 s-K70-20200522-113839-0.jpg
 ⑥観光で訪れた人たちが何気なしに立て掛けた流木ですが、次々に同じことをする人が出て、こんなものが出来ています。
 s-K70-20200522-113957-0.jpg
 ⑦右手奥の海の上に浮かんでいたのは、知床連山の先端の方です。(一番右が羅臼岳)
 s-K70-20200522-113908-0.jpg
 ⑧左手を見ると、大きな浚渫船が見えています。 オホーツク海とサロマ湖の出入り口の砂を取っているようです。
 この出入り口(第二湖口)は人工的なもので、放って置けば砂が堆積して漁船が出入りできなくなります。

 s-K70-20200522-114953-0.jpg
 ⑨先の方にコンクリートの大きな橋が見えてきました。
 s-K70-20200522-114957-0.jpg
 ⑩普段は車が通らない道で、自転車と工事関係の許可車のみが通れますが、立派な橋ですね。
 s-TG3-20200522-115925-0.jpg
 ⑪さすがに急な登りなので、ここは自転車を押していきます。
 s-TG3-20200522-120024-0.jpg
 ⑫左手はサロマ湖です。少し高い山は「幌岩山」で山頂に展望台もあります。
 s-TG3-20200522-120147-0.jpg
 ⑬橋の上から見たサロマ湖側出入り口。コンクリートの浮きのようなものが見えていますが、冬になると使います。
 海から流氷が流れ込まないように、ワイヤーネットを設置するようです。
 
 s-TG3-20200522-120444-0.jpg
 ⑭橋をおりたところからは砂利道になりました。石ころ少ないので自転車大丈夫です。
 s-K70-20200522-120116-0.jpg
 ⑮終点に到着です。
 s-TG3-20200522-121243-0.jpg
 ⑯自転車を置いて周辺をウロウロしてみました。
 s-TG3-20200522-120948-0.jpg
 ⑰砂州の中にある僅かな陸地ですが、ここでは真水が出ています。
 s-TG3-20200522-120938-0.jpg
 ⑱「花の聖水」と言うらしいですね。
 s-TG3-20200522-121018-0.jpg
 ⑲水量は僅かですが、流したままになっています。ちょっと飲んでみたら「真水」でしたよ。
 s-TG3-20200522-121201-0.jpg
 ⑳建物の中からはモーターが回るような音が聞こえていました。 見ている野付ウシの背後にはトイレも設置されています。
 
 s-TG3-20200522-121424-0.jpg
 ㉑芝地は手入れされていましたが、黒々とした松林が見えます。
 s-TG3-20200522-120820-0.jpg
 ㉒かなりの密度で樹木が並んでいて、薄暗い感じです。
 s-TG3-20200522-121333-0.jpg
 ㉓この奥も少しの範囲ながら散策路が設置されています。更に奥は・・・立入禁止(保護区域)です。
 砂州はまだまだ続いていて、もう一つの出入り口「第一湖口」が終点になります。
 サロマ湖の広さが実感できる距離感ですね。
 s-K70-20200522-umiu-0.jpg
 ㉔岸辺から大きめの鳥が飛び立ちました。少しトリミングしてますが「ウミウ」でしたよ。

 ここから同じ道を引き返し、ネイチャーセンターへ戻ります。
 s-K70-20200522-124536-0.jpg
 ㉕一番目についた花は...アブラナ科の「ハマハタザオ」でピークを迎えています。
 s-TG3-20200522-124327-0.jpg
 ㉖小さくて見逃しそうなのは「フデリンドウ」です。これはまだしばらく見られそう。
 s-TG3-20200522-tsurukijimushiro-0.jpg
 ㉗道沿いでキラキラ目立つのは「ツルキジムシロ」です。赤っぽい茎が砂の上を這っています。

 s-TG3-20200522-125620-0.jpg
 ㉘ネイチャーセンターに戻ってきました。 久々に漕いだ自転車。。。足が痛くなったりするかな?

 せっかくの原生花園ながら、時期的には少しだけ早くて花はこれからになります。
 つい先日まではコロナの影響もあって、この場所は閉鎖されていました。
 この日は僅かながらお客さんがいて、自転車や徒歩にて自然を楽しんでいましたね。
 お天気は良かったのですが、海沿いは風が冷たかったです。

 もう一箇所、近くにある『遺跡の森』も訪ねましたので、次回はそちらの記事を。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

春を待つ水鳥たち  

 藻琴山から摩周湖、そして屈斜路湖とミニドライブですが、砂湯へやってきました。
 名前のとおり、砂を掘ると暖かいお湯が出てきます。
 冬でも湖畔は氷の張らない部分があり、ハクチョウなどの水鳥が冬も南下せずに過ごしています。
 時期によって数も増減しますので、他へ出張しているのかな?

 毎年のようにこの季節は同じルートを回っています。
 昨日掲載の板氷の現象など、稀に珍しい光景も見られるので楽しいですよ。

 s-Ca-20200229-125916-0.jpg
 ①今年が特別に違うのは、毎回多く見られるアジア系団体客が皆無なこと。
 ハクチョウたちも退屈なようですし、鳥インフルエンザ騒ぎから食べ物ももらえなくなったようです。

 s-Ca-20200229-125953-0.jpg
 ②
 s-Ca-20200229-130008-0.jpg
 ③
 s-Ca-20200229-130015-0.jpg
 ④湖岸付近は温泉の影響で水面が出てますが、全体としては氷に覆われた場所が多いです。

 s-Ca-20200229-130027-0.jpg
 ⑤親子連れが砂浜を掘り起こしているようです。温泉が出て湯気も見えますね。

 s-Ca-20200229-130041-0.jpg
 ⑥
 s-Ca-20200229-130054-0.jpg
 ⑦
 s-Ca-20200229-130104-0.jpg
 ⑧多くは「オオハクチョウ」ですが、少ないながらマガモの姿も見えます。
 
 s-Ca-20200229-130115-0.jpg
 ⑨お土産屋さんの前には足湯が儲けられており、40度近い温泉が出ていました。
 s-Ca-20200229-130144-0.jpg
 ⑩この辺は砂浜自体が暖かいので、砂の上でウトウトするハクチョウもいますよl
 s-Ca-20200229-130155-0.jpg
 ⑪朝に登っていた「藻琴山」はちょうど正面になります。山頂右手の黒い点は「ゴジラ岩」です。

 s-Ca-20200229-130219-0.jpg
 ⑫
 s-TG3-20200229-130807-0.jpg
 ⑬
 s-TG3-20200229-130830-0.jpg
 ⑭ハクチョウたちをゆっくり見たあと、美幌峠へ向かいます。

 s-TG3-20200229-134025-0.jpg
 ⑮特別に変わった景色ではないですが、早朝に来ると運が良ければ雲海も見られる場所です。
 正面には斜里岳です。この日だけで何度も見て撮って楽しませてもらいました。
 s-TG3-20200229-134100-0.jpg
 ⑯屈斜路湖全部は入りきれないので、左側・・・奥の方は比較的水面が出ていますが、氷の部分も青く見えています。
 s-TG3-20200229-134055-0.jpg
  ⑰そして右側の風景です。 こちらはほとんどが氷に覆われていますね。

 美幌峠を下るともう見るものもなく、淡々と自宅へ戻るのみですね。

 今回は登山も楽しみましたが、何より屈斜路湖の氷の芸術が見られたので大満足でした。
 
 また暫くはいつもの「仁頃山」へ通うことになりそうです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

▲Page top