FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

変化は少しずつ  

 毎年のことながら、雪が溶けはじめて地面が出て、草木が芽吹くまでは順調には進みません。
 寒くなったり、暖かくなったり、雪が降ったりもします。
 アメダス上では積雪量が10cmを切ったのですが、現実はその倍もあるところがほとんどです。
 アメダスと言えば、昨日は午前10時から夕方5時まで、アメダスが動かなかったようです。
 年に何度か起きますが、データが途切れたまま1日以上動かなかったこともあります。

 さて、見た目も変化がない状態なので、ブログネタも出てきません。
 今回も簡単更新にて終わらせていただきました。


 s-TG4_20210315_103143_0.jpg
 これは月曜日の仁頃山登山道の一部ですが、雪が僅かしか残っていませんね。尾根筋なので真冬でも少ない場所です。
 こういう場所が少しずつ増えてくるので、アイゼンが邪魔なこともあります。
 
 s-TG4_20210315_094512_0.jpg
 登山スタート時は青空でポカポカでしたが・・・途中で気づいたら雲が広がり、山頂に着いたら、こんな空模様でした。
 春や秋は特に天気予報が当たりませんね。

 s-TG4_20210315_093439_0.jpg
 途中でマジマジと見た「ハンノキ」の花芽ですが、まだ硬いままで花はもう少し先のようです。
 思い込んでチェックしないでいると、知らぬ間に咲き終わっていたことが何度もありますよ。

 s-K70_20210313_124629_0.jpg
 戻ってきてから、裏手の野付牛公園へ。ここも比較的融けた場所ですが、多くは20cmほど残っていてザクザク状態です。
 s-TG4_20210316_130231_0.jpg
 つい先日見たばかりの「マンサク」の蕾ですが、少しだけ赤い部分が広がっていました。
 今日、明日は陽射しが望めないので、開花は早くても週末でしょうか。
 s-TG4_20210316_131836_0.jpg
 エゾヤマザクラの蕾も、この通りまだまだ膨らむ気配はありません。
 s-TG4_20210316_131915_0.jpg
 こちらは「レンゲツツジ」の花芽です。
 エゾムラサキツツジが最初に咲き、レンゲツツジは少し遅れて咲きます。

 花がいくつも咲いたイメージは出来ていますが、現実は思うようには進みませんね。
 
 フクジュソウが群生する場所も深い雪で、長靴が埋まりそうで引き返しました。

 見る方角によって、春の兆しが見えたり、冬そのものの景色があったり・・・それがこの地の3月です。
 

  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



ちょっとだけ春の兆し  

 昨日は久々に朝も気温があまり下がりませんで、起きた時は-2度でした。
 一桁で、しかも0度に近い気温ですから、まさに春めいてきたようです。

 今日で震災から10年となりました。
 あらためて被災された方々に、お見舞い申し上げます。
 被災された方々には長い10年であり、この先の見通しもついていない人も多いでしょうね。
 復興五輪とか言葉だけが踊っていますが、まだまだ復興には程遠い状態が多いでしょう。
 コロナに打ち勝った証としてのオリンピック・・・これも現実とかけ離れています。
 アスリートファーストと言ったのに、メンツ優先とか経済優先しか見えないですよね。
 どうも政府は海外へのメッセージ・体裁ばかり気にして、現実を見ようとしないのでは?

 この先も復興に力を入れるとのことですが、予算は一気に減額されています。
 そして原発の廃炉関連の作業の遅れは何年も先延ばしになりそうですね。
 余分に掛かった費用は、電気料金に含められるため、国民の負担は増す一方です。
 官僚も政治家も今の体たらくでは「国民目線」なんて、言葉だけとしか思えません。
 これが改善するか、しないかは、この先の選挙に掛かってくると思っています。
 主権者である国民が、国民のために働く政治家を選ぶことですね。



 

 山の雪ばかり続くので、一つ別な話題を挿入します。
 数日前から昨日の撮影画像ですが、ちょっとだけ春めいてきた様子からです。

 s-K70_20210305_133500_0.jpg
 ①裏手にある野付牛公園に行ってみました。まだ池も氷と雪に覆われて、冬の様相ですが・・・
 足元は、雪が溶け出してグチャグチャ..長靴にすれば良かった。
 s-K70_20210305_132303_0.jpg
 ②靴の中まで水が染みますが、反対側の太鼓橋の方へ。 中島の巨大な枝垂柳が伐採され寂しい風景です。
 s-K70_20210305_132213_0.jpg
 ③いつもカモがいる場所を見ると、20羽ほどが水際にいました。結局はここで越冬したようです。

 s-K70_20210305_132600_0.jpg
 ④水が流れ込む方へ回り込んでみました。池の氷が少し溶け始めたようで、水面が広がってきました。
 s-K70_20210305_132623_0.jpg
 ⑤ほとんど水際の氷の上でジッとしているだけです。近づくと数羽が水に入っていきます。
 s-K70_20210305_132634_0.jpg
 ⑥結果として、真冬の間もここにいたようですが、食糧をどう確保していたのかは謎のままです。
 s-K70_20210305_132542_0.jpg
 ⑦氷が全部消えた頃には、多くのカモたちがやってくるでしょう。早く草が伸びてくれるとカモたちも喜ぶでしょう。

 s-K70_20210305_132939_0.jpg
 ⑧公園にある桜の木の蕾ですが、まだ硬いじょうたいで膨らんでいる様子も無いです。
 s-K70_20210310_105932_0.jpg
 ⑨少し膨らんできたのはネコヤナギくらいでしょうか。
 s-K70_20210310_110045_0.jpg
 ⑩ネコヤナギも、もう暫くはこの状態でしょうね。黄色い雄しべが目立つのは4月に入ってからかなぁ。


 ついでに、昨日に撮影した郊外の畑の様子から・・・
 s-Can_20210308_105958_0.jpg
 ⑪アチコチの畑では、「融雪剤」の散布が進んでいます。スノーモビルなどで散布したところが模様になっています。
 昔は土などを撒いていましたが、最近の融雪剤は雪が溶けると肥料としての役割も担うそうです。
 s-Can_20210308_105616_0.jpg
 ⑫畑の中をグルグルと融雪剤を巻きながら折り返したり、回ったりで、雪の上の模様も変化します。
 s-Can_20210310_111157_0.jpg
 ⑬黒くなったことで、太陽の熱を吸収し雪が一気に溶けていきます。
 この後にドサッと雪が降ったりしないことを願うのみですね。(春先はよく湿った雪がドサッと降ったりします)

 少しずつながら、春の兆しが目に見えてきました。
 気温も少しずつ上昇し、順調にいけば月末までには平地の雪は概ね消えるでしょう。

 そこから草木が芽吹くまでは、もう少し時間が必要です。

 次回は、また雪山に戻りますよ・・・


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

山にもコロナ警察?  

 昨日は日中の気温が5.7度まで上昇しましたが、今日は+1度くらいのようです。
 2月は本来はまだ厳しい寒さなのですが、今年はかなり緩んできていますね。
 今日は東京辺りでは20度前後まで上がるとか?
 寒さと暑さの両極端になったりして、落ち着かないですね。


 さて、今日は文章主体になりますので、興味の無い方はスルーして下さいね。

 題して「山にもコロナ警察?」です。

 全国で「マスク警察」とか「コロナ警察」なんて言葉が広がりました。
困った世の中になってきたようで、「変な正義感」で燃え上がる人が増えたようです。
周りで多くの人が迷惑しているから、ちょっと注意した程度なら問題ないとも思うのですが、
自分の思い込みにそぐわない人・状況に対し、いきなり文句を言ったりしているようです。
「マスクをしないから」「お喋りしているから」「手を消毒しないから」等々。
でも、時と場合によっては、そんなに大げさに騒ぐことでも無いと思うのです。
 tantei_hannin.png



 ほとんど人が歩いていない遊歩道で散歩、僅か数人とすれ違う程度の登山道、
手袋をしたまま行動している場合の消毒、戸外での短時間の会話...Etc..
これら全てを「三密の時」と同様に扱う必要はないと思います。
あとは、当人の意志でやるか、やらないかでしょう。
実際に野付ウシは自宅から車で山へ行き、登山していますが、マスクはしません。
一応はザックにも予備は入ってますが、戸外で風通しも良いところですから、
人がたくさん集まって会話することも無いですしね。
 tozan.png



 過日のこと、既にブログでも記載したように、ある方の好意で山頂にて豚汁を振る舞いました。
本来はあまり気にしないのですが、今の時期ですから十分な配慮のもとで調理し、扱う人も調理などに使う薄い手袋も使っていました。箸も皿も個々に開封して使い捨てで回収しています。
この開けた場所ですが、冬場は多くても4-5人しか留まりません。
 s-TG4_20210210_100243_b.jpg
 (山頂にあるカマクラと休憩場所=ここで豚汁が振る舞われました)
 登山者からは自然に「とても美味しかったです」「素晴らしいですね」「身体が温まり元気が出ます」などと
言葉が出て、お互いに笑顔のひとときを過ごしたのです。
今回は野付ウシの記憶では、三年ぶりに行われたものと認識しています。
本当に稀に行うもので..奉仕の精神で登山者に喜んでもらいたくて、個人負担で行ったものです。


 ところが・・・どうやら「コロナ警察もどき」が山にも出現したようです。
詳細は聞いてませんし、ここで語るつもりもないですが、愛好会の責任者に何らかの意見が届いたようです。
既に終わったことですが、立場上「今後は飲食の提供はしません」と宣言するしかなかったようです。
組織としてやったものでもなく、個人が振る舞ったものですから、賛同できないなら受け取らなければいいだけですね。
いま流行りのSNSじゃないですが、匿名なら何でも言ってやろう、みたいなことを感じたわけです。
厳密に言えば、衛生的に問題は無いのか、不特定多数の人に配るのは問題ないのか、ちゃんと許可は取っているのか、
などと疑問はあるかもしれません。

smartphone_nozoki_terrorist_japan.png


 でも、少しはおおらかな気持ちで物事を捉えることができないのでしょうか。
せっかく爽やかな空気を吸って、心地よい汗を流す登山を楽しんでいるはずなのに。。。
これがゲリラ的に何度も起きるなら、考えものかもしれませんね。
野付ウシ的には、長時間、大量に配布したものでもないし、ほんの一時的なものでもありますから、
寒い場所で身体が温まるものを有り難くいただくだけです。

 さすがの野付ウシも、このことを知った途端、本当にガックリときました。
 残念というか、悲しいというか、一時的ながら相当落ち込んだものです。


 心配なのは、コロナが収束、又は通常のインフルと同等に扱われるようになっても、こういう雰囲気が続くことですね。
普通に人とのコミュニケーションがとれない状態は、もう終わりにしたいのです。
人と会ったり、話ししたりするのは本来の欲求ですから、それを抑制されるとストレスが溜まり精神も不安定になります。
コロナ自殺が増えたのは、生活困窮だけでなく、他の人と話しもできない状態に陥ることも要因の一つでしょう。

 他人の行動が気になるのはやむを得ないとしても、「監視社会」もどきの行動はとらないでほしいものです。
コロナが1年を過ぎても収束しないことで、心が病んできた人も多いのでしょうね。
かつての生活が早く戻ってくることを祈るばかりです。

思いつきで書きなぐっていますので、文章読みづらかったかと...反省!


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村


遅れたクリスマス  

 予報ではしばらく-20度とかの冷え込みは、しばらくないようです。

 さて、今回は身の回りのアレコレ寄せ集めにて。

 オーストラリアのパースにいる娘たちから、野付ウシ夫婦に荷物が発送されています。
 年末までに到着は難しいと思っていましたが・・・12月どころか、2月になってようやく到着しました。
 (野付ウシが発送した荷物は三ヶ月かかり、クリスマスプレゼントは1月中旬に届いたんですよ)

 コロナ禍で航空便がまともに飛んでいないので、船便になったことが要因です。
 船便は不定期で1ヶ月~3ヶ月と期間も不安定の状態です。

 で、届いたものは毎年送ってもらうカレンダーと、手編みの靴下(妻用)などでした。
 s-TG4_20210208_133523_0.jpg
 カレンダーの裏に載っている画像リストですが、オーストラリア固有種の花の画像です。
 s-TG4_20210208_133458_0.jpg
 1月は既に終わったので、2月から使用することになります。(代表的な花であるカンガルーポーの画像)
 当然ながらオーストラリアのカレンダーですから、祝祭日などの違いはあります。
 花好きな野付ウシのお気に入りで、毎年送ってもらいデスクの前に置いて使っています。


 そして大きめな布製の絵が2枚ありましたが、実はコレは台所で使う布巾なんですよ。(横70cmほど)
 s-TG4_20210208_133000_0.jpg
 ツルの画像ですが、アボリジニアートで描かれたものでしょう。布巾ですが壁に飾ることにしました。

 s-TG4_20210208_132712_0.jpg
 こちらは孫娘の通っていた幼稚園的(*)な学校が記念に作成したもので、本人が書いた自分の顔と名前があります。
 (*Montessori education モンテッソーリ教育で日本でもあります)
 クラスごとに分けられ顔と名前は本人が書いたもので、事前にリクエストされた枚数を印刷したようです。
 こちらも布巾ですが、記念として掲示するか保管でしょうかね。

 s-TG4_20210208_133027_0.jpg
 足が冷える妻用手編みの靴下、小さめの帽子があります。帽子は孫娘とおそろいとか。かぶると角が猫耳に見えます。


 ひな祭りは我が家では特に何もありませんが、玄関に超ミニサイズの雛壇を置きました。
 s-TG4_20210203_133347_0.jpg
 こういう人形を作成している方から、昨年頂いたもの..前年なのでネズミ年に合わせた和風人形。
 今年は丑年に合わせて作成したでしょう。右の三段飾りは猫かな? どちらも横幅15cmほどです。

 もう一つひな祭りに合わせて飾られたものを。
 s-K70_20210204_104033_0.jpg
 いつも通う仁頃山の山頂看板の下には、節分が終わったあとにひな祭り用の飾りが置かれました。
 こレを見て、登山者がニコッと頬笑むのを楽しみにしているのでしょうね。(常連さん設置)

 
 と・・・アレコレの出来事でした。
 

 マスコミ大騒ぎのことについて・・・

 TVや新聞も、森会長の辞任についての報道だらけですね。
 色々考え方はありますが、いつものように報道のタイミングと決断のタイミングがワンテンポ遅いですね。
 失言後ただちに報道されたことではなく、その後の会見を終えた後にマスコミが騒ぎ出しましたね。

 でも、「森会長は色々貢献した人だから、失言くらい許してよ」・・・みたいな空気も多いようです。
 あらゆる場面で「忖度」が横行するのが、日本の文化なのでしょうか?
 「辞任すべき」なんてハッキリものを言えば、その場から抹殺されるような空気が未だにありますね。
 お隣の国々に対し「言論の自由が無い」みたいな批判もありますが、現実は「日本だって..」でしょう。

 だから日本はどんどん世界から置いてけぼりをくっているのを、国のリーダーはまだ理解できないようですね。
 男女平等とか女性の社会進出・議会進出を妨げているのは、政界はじめ各界のトップの人たちでしょう。
 これからゴタゴタは続くのでしょうが、これを機会に様々な改革が進んでくれるのを望みます。
 で...オリンピック本当に開催出来るの???

 以上、個人的見解でした。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

鬼は外、雛は内・・・  

 昨日は寒さが和らぎ、日中もプラス1度まで上がりました。
 道路はまたしても雪が溶けてベチャベチャ状態、洗車してもすぐ汚れてしまいますね。


 さて、節分・立春が過ぎると、次の行事はバレンタインもありますが、パスしてひな祭りへ・・・
 バレンタインは単なるチョコを商売上に載せただけのものなので。

 毎年のように行われている雛壇の展示についてです(内容は代わり映えしませんが)。
 野付ウシも加入するNPO法人の主催する「雛壇の展示」になります。

 s-K70_20210203_132840_0.jpg
 北網圏北見文化センターに於いて、一ヶ月間展示されるもので、施設正面から入るとズラッと並ぶ雛壇。
 本来の展示場所は右手奥ですが、入りきれずにロビー部分を借りた状態です。
 ここに大きい雛壇が10基、小さいものが1基置かれています。
 
 s-K70_20210203_130221_0.jpg
 展示場所であるラウンジには、大きなもの8基と、小さなものが数基、そして吊るし雛や掛け軸が多数あります。
 雛壇もそれぞれに特徴がありますが、多すぎるので全体画像のみとします。
 市内の一般家庭にあるものを展示に協力してもらったものです。高価なものもあるようですね。

 s-K70_20210203_130324_0.jpg
 つるし雛(吊り雛)はこの数年増え続けていて、豪華になりました。製作者は全部で11名です。
 s-K70_20210203_131727_0.jpg
 吊るし雛とか吊り雛とか、呼び方も違ったりしますね。
 s-K70_20210203_130901_3.jpg
 説明文のところをアップしましたが、拡大で画像が粗くなっています。
 s-K70_20210203_130901_4.jpg
 いろんな形のものがありますが、それぞれにいわれがあるようです。

 s-K70_20210203_131616_0.jpg
 これは雛人形は少し大きめですが、三段のみで豪華な感じがしますね。
 s-K70_20210203_130418_0.jpg
 他にもガラスケースに入ったものが展示されています。
 s-K70_20210203_130709_0.jpg
 一番上のお内裏様とお雛様の表情なども、それぞれ違ったりしますね。
 s-K70_20210203_130703_0.jpg
 多くはこのような出で立ちで最上段に座っています。
 s-K70_20210203_131553_0.jpg
 ちょっと髪型などが違う感じのものがあったので、撮りました。他のものとの違ういわれはわかりませんが...

 s-K70_20210203_130432_0.jpg
 雛壇の背後の壁には、掛け軸も数種類下がっています。
 s-K70_20210203_130446_0.jpg
 これも詳細に見ると、見ごたえのあるものですね。

 s-K70_20210203_130821_0.jpg
 毎年飾られる超ミニサイズの雛壇ですが、普通の人形ではありませんね。
 s-TG4_20210203_131055_0.jpg s-TG4_20210203_131034_0.jpg s-TG4_20210203_131029_0.jpg s-TG4_20210203_131018_0.jpg
 可愛らしいキャラクターのような、おもちゃのような、1-2cmほどの人形です。

 本来は、2月末~3月3日頃にミニコンサートやお茶会などもあるのですが、コロナ禍の影響で
 昨年も催しが中止となっており、今年も同様に開催は厳しいかと思われます。

 展示場所は、北見市公園町1  北網圏北見文化センター内です。
 3月3日まで、09:30~16:30の展示です。(月曜が定休日)
 観覧は『無料』です。自由にご覧いただけますよ。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top