FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

寒さとコロナetc..  

 昨日のニュースだと、東京のコロナ感染者は爆発的に増えたようですね。
 北海道も200人超えで、連続して多くの感染者が出ています。
 今は若い人が多めですが、いずれ高齢者や幼児にも広がる可能性はあります。

 日本だけでなくて世界中で急増しており、やはり冬場で気温が下がってきたからでしょうか。
 それぞれの国が必死に手を打っていますが、波があるようで減少傾向は一時的なようですね。
 日本はまだ少ない、或いは危機を脱したなどと、政府が発表したのですが、今の状態は予想外でしょう。

 こういう時は意地をはらずに、現状をよく見て対策を打つべきでしょうね。
 「知事から要請が来ていないのでGoToは中止しません」なんて、大丈夫?責任転嫁じゃない?
 つい先日の世論調査でも、コロナの対応は正しいと答えた国民は半分に満たない状況でした。
 経済優先としか映らないことが多いからでしょうか...
 経済がダメになれば、国自体が弱体化する..それはわかりますよね。
 だからと言って、人の動きを自治体任せにして、不明瞭な指示を出していてはダメでしょう。

 寒くなってきた北国では、『インフルエンザ』や『ノロウィルス』も増えてくる季節です。
 これらが加わると、僅かな期間で医療崩壊が起きてしまいそうな気もします。
 普段からキツイ仕事を課せられる医療関係者ですが、今年になってからはパンク寸前ですね。
 コロナだけ特別扱いはできなくなるかもしれません。

 ここまで来ると、個々人が「自分の命は自分で守る」と意識するしかないのかも。
 体力が弱ったり、持病があったりするなら、人の集まりやすい場所を避ける・・・
 マスクや消毒よりも、大声で話しをしたり、騒いだりするのが一番怖いと思っています。
 少なくとも特効薬とワクチンが全体に行き渡るまでは、それ以外に方法が無いでしょう。
 ある専門家(海外)は「収まるまで、あと1年はかかる」との予想もしていますね。

 感染したら、無症状で家族や他人に感染させるかも?・・・若い人には強く意識して欲しいものです。

 ブロ友さんから教えてもらった「Google」の「COVID-19の予測」サイトを見たらビックリしました。
 Googleらしく様々なデータから予測したものでしょうが、これほど増える?と驚きます。
 この予測が大きく外れて、感染者が減ることを祈ります。。。


 さて、少しだけ仁頃山登山時の画像を。。。

 15日に登った時に撮影したものですが、
 s-TG4_20201115081131_0.jpg
 ①この時期に、こんな霧氷のキラメキを見るとは思いませんでした。カラマツの霧氷に朝日が差しています(逆光)。
 s-TG4_20201115081142_0.jpg
 ②
 s-TG4_20201115081200_0.jpg
 ③
 s-TG4_20201115081208_0.jpg
 ④毎年、この場所で撮影しますが、徐々にカラマツの幼木も成長してきました。
 ほとんどは12月に入ってから出現しますので、現場に行った時には驚きました。
 (今回はコンデジしか持参せず...)
 今後も何度か登場すると思います。

 次は登山道の足元の霜柱です。これはありふれた画像かと思いますが。
 s-TG4_20201115082404_0.jpg
 ⑤
 s-TG4_20201115082413_0.jpg
 ⑥
 s-TG4_20201115082629_0.jpg
 ⑦
 s-TG4_20201115082700_0.jpg
 ⑧スタートする時間が8時~8時半くらいなので、まだバリバリに凍っています。
 雪が積もるとこれらは見られませんね。あと少しだけザクザクの音も楽しめそうです。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

オーストラリア山火事  

 突然の海外の話題ですが、知ってのとおりオーストラリア南東部で大規模火災が起きています。
 私も少しの間とは言え住んでいたこと、娘夫婦と孫が現在も住んでいることから、少し記事にします。

 火災は昨年9月頃から徐々に増えていて、今現在も収まる様子がありません。
 日本から自衛隊も派遣されましたが、早く収まることを祈るのみです。
 ※今日から待望の強い雨が振り始めたとのニュースも...役に立つといいですね※

 火災地図
 (地図はWebにてお借りしました)
 山火事の煙はシドニーにも広がっていますが、煙の範囲はなんとヨーロッパ全体の面積に相当するとか。
 更に、話題になっているのはコアラなどの動物の被害です。
 固有種の多いオーストラリアですが、5億匹の野生動物が死ぬのでは、との予測があります。
 何ヶ月も収まりが付かないのには、複数の理由がありますね。

 一つは周辺の気温が異常に高い状態が続いていること=当然ながら湿度は一桁でしょう。
 一つはユーカリの木が多いため、ユーカリの油が火災の勢いを増していることです。
 次々に飛び火して火災の現場がとてつもない数になっていて、消火が追いつかないようですね。

 s-PB110031-2.jpg
 (野付ウシがオーストラリアで撮影)
 コアラも大量に被害にあっています。ユーカリが食料なので火災現場近くに生息していますね。
 他にもカンガルーや意外ですがラクダも野生化しており、大量に死んでいます。(射殺もあるとか)
 オーストラリア北東部の一部はジャングルで水も豊富ですが、南部は水は豊かとは言えません。


 ちなみに私が居た場所(娘夫婦も住む)は、冒頭の地図にあるように西海岸です。
 キャンベラやシドニーから3千キロ以上離れていますので、まったく影響はありません。
 ちょっと思い出しましたので、数枚画像を張っておきます。

 s-PENTAX20131201-144816-0.jpg
 住んでいた住宅街からパースシティ方面を撮影したものです。およその距離感はわかるかと。(紫の花はジャカランダ)
 s-SONY20140223-063858-0.jpg s-SONY20140310-065454-0.jpg s-SONY20131114-144000-0.jpg s-SONY20131114-134855-0.jpg
 街には大きな公園もありますが、スーパーに行く道路際でもカンガルーがくつろいでいたりしました。
 パース周辺に住むカンガルーは小型の種類で、大きな個体でほぼ人間並でした。(よく交通事故に遭います)
 それからコアラは東海岸ほど多くはありませんので、保護区にいる程度ですね。
 超乾燥地帯(砂漠性気候)なので、東海岸とは生態系も少し違います。
 恵まれていたのはワニが居ない..毒蛇は稀..毒蜘蛛も少なめ..など乾燥がプラスに作用したようです。
 夏場の気温は流石に高く42-3度は普通にありました。(湿度は一桁台で日陰に入ると涼しい)


 さて、昔話になるので話しを戻しますね。

 火災による死亡者も20人を超え、徐々に増えていますね。
 消失家屋は1500棟にのぼるとか。
 控えめな数値と言われますが、シドニー大学の発表では、ニューサウスウェールズ州だけで
  昨年9月以降、推計4億8000万匹の動物が死んだとする研究結果を発表しました。
 実際には5億匹になるであろうと言われています。
 (Webでは10億匹とのデータもありますね)


 世界各地から支援の動きもありますし、沢山の窓口で資金の提供を呼びかけています。
 野付ウシも無縁では無いので>『野生動物のための寄付』をしました。
 まぁ僅かな額で50豪ドルですから¥4,000弱ですかね。
 Web上から簡単にでき、支払いはカードで行いました。

 s-豪への寄付
 これがお礼のメールです。(定形なもので自動返信です) トップに野付ウシの名前が記されています。

 現在もシドニーあたりは空の青い日が少ないようです。
 ブロ友さんがいて、時折シドニーの景色も見せてくれますが、空気は良くないとか。
 
 既に何度もTVで放映もされていますが、遠いですからボランティアも無理で、今は見守るしか無いですね。
 日本から派遣された人たちが消火などに協力することでしょう。
 固有種が多いオーストラリアの動物や植物が、少しでも被災から逃れられることを祈っています。


 以上、個人的なことですが、今の話題として取り上げました。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

最近の話題から  

 週間予報などを見ても、まだ雪マークがほとんど出てこないようです。
 今年も積雪・根雪は遅めになるんでしょうね。

 少し続いた山と寒さの話題をお休みして、めったに書かない「ニュースな話題」など。
 
 森のクマさん
 まずは、市街地に入り込んでしまったヒグマのお話を少し・・・

 帯広市の中心部にヒグマが現れ大騒ぎになりました。ニュースで見た人も多いかと。
 帯広は山裾にある街ではなく、周辺は広い十勝平野になっていますね。
 どうやって中心部まで入り込んだんでしょうね。
 最初の目撃は公園でしたが、その後は近くの小学校に現れました。
 こうなると警察や猟友会が集合しますので、ヒグマにとっても最悪の事態ですね。
 必死に逃げ回るヒグマの姿も映像でみましたが、可哀想になぁと感じました。
 
 食べ物を漁って何度も出没しているなら、札幌の南区で起きたようなことになりますが、
 見た感じでは迷い込んで市街地の方角に進んでしまった・・・と思えるのですが。
 結果として4時間ほど学校内に立てこもったのちに、複数の猟銃で射殺されました。
 マスコミでは「駆除」という言葉を使いますが、個人的にはこの言葉は嫌いですね。

 ヒグマは体長約1・5メートル、体重約130キロの雌だったそうです。
 広がる畑などを伝って街の方へ来てしまったのでしょうか。
 今年は札幌でも野幌や南区でヒグマが現れて「駆除」されました。

 「射殺するのは虐待だ」とか「麻酔銃で眠らせて森へ返して」など多くの意見が出てきます。
 専門家に言わせると、一度食料を手に入れる経験をすると、味をしめてまたやってくるそうです。
 住民を守るためにも「駆除」するしか方法は無いとのこと。(賛否両論あるでしょうね)
 そして動物園やクマ牧場に引き受けてもらっても、結局は死んでしまうそうですね。
 人間社会の中で見世物として育ったヒグマの中に、野生のクマを入れると...仲間はずれとなり殺されることもあるとか。
 結局は独房で過ごすしか無いとも言われます。

 higuma.jpg
                                                            (フリー素材より)
 アメリカやカナダなどを含め、動物との共生を進めている国は増えていますが、日本は後進国かもね。
 国立公園などを管理する人たちがあまりにも少ないように思います。
 動物の保護についても、相当に立ち遅れていますね。
 
 欧米では専門家が保護して野生に戻せるよう手を尽くします。
 日本では野生動物保護の専門家や施設がほとんど無い状態でしょう。
 国立公園ごとにそういう施設の設置や係官の常駐が理想でしょうね。
 今更そんな予算も確保してはくれないんでしょうけど・・・

 動物の保護に関しては犬や猫を見てもわかりますね。
 先進国の中でペットをモノとして展示・販売しているのは日本くらいでしょう。
 多くの国では認可を受けたブリーダー以外からは入手できません。
 (パース在住時にペットショップへ何度か生きましたが、売っていた生き物は熱帯魚だけでした)
 気まぐれで後のことを十分に考えないまま、お店で「展示物」が買えてしまうのが日本です。
 犬や猫が殺傷されても「器物破損」扱いですから、法律上ではただの「モノ」扱いなのです。
 
 動物の立場に立たず、商売している側の利益を考えているのが日本の政治でしょうか?




 もう一つの話し...あまり政治に関する話はしたくないですが、あまりにもバカバカしいので。

 hanami_family.png
 「桜を見る会」なるものが連日マスコミが取り上げていますね。
 何十年も続けてきたこと自体がオカシイですが、マスコミも参加しておきながら今更何を・・・
 不透明なまま税金が使われているのは良くないことです。
 ただ、国会議員がいつまでも警察とか探偵もどきに、嗅ぎ回って騒ぎまくるのはダメでしょう。
 専門の部署を立ち上げて調査するか、いっそのこと検察に任せるべきでしょう。
 国会議員が週刊誌のネタで走り回るのはウンザリです。「あんたの仕事は何じゃ?」

 まともな議論が行われずに国会の開催期日が迫っています。
 国民のために必要な議論、議案がたくさんあるはずですね。
 国会で1日にかかる経費は、議員の経費などを含めて『1日約3億円』と聞いてます。
 真相究明も大事ですが、毎日3億円の血税を無駄にしていることを意識して欲しいものです。
 年収300万だとしたら、100人分の年間の稼ぎが一瞬で消えていくことになるんですね。

 私は与党も野党も特別な支持はしていませんが、「与党を叩くのが野党の役割」と思ってませんか?
 「国会議員」としての自覚が薄すぎますよね。 是々非々で議論してくださいな。
 「戦争で島を取り戻せ」発言で辞職勧告決議を受けた議員がいますが、辞めさせることはできません。
 それだけ国会議員は特別な立場なのです。

 今のままでは与党も野党も国民のために頑張っている、とは決して思えません。
 相手の欠点を探したり、重箱の隅をつつくようなことばかり続いています。
 本当に「国民のため、国民が望むこと」をやっているのか、自省して欲しいものです。

 日本ではすっかり議員は特別な存在になってしまったようですね。
 でも本当の先進国では議員は庶民と同じ目線で動いています。
 企業や財閥のためでなく、国民全体のために必死で奉仕していますよ!!


 ※あくまでも個人的考えを綴ったもので~す!


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

平成の終わりに  

 ■■ テンプレート変更しました。 野付ウシはChrome使用ですが、I E の場合は不具合あるかもしれません。
    Edge は問題なく表示されるはずです。 突然ですがよろしくおねがいします ■■



 昨日は一時晴れ間があったのですが、風が冷たくて時々雪が降ったりと落ち着かないお天気。
 今日は晴れがちながら、気温は+3度くらいとイマイチな暖かさのようです。

 今日はアレコレ雑多なお話しを。

 この数日、ブラウザ上でのクリック反応がおかしい状態が続いていたため、マウスの状態をチェックしました。
 可能は範囲でゴミや手垢、微細な毛(愛猫のもの?)を掃除しましたが、変わらず・・・
 4-5年使っているLogicoolの無線マウスですが、使用頻度から考えると寿命かな?と思いました。
 そこで新たなマウスを購入し、マットもボロボロになってきたので双方入れ替えました。

 s-TG3-20190328-195345-0.jpg
 マウスは好みのLogcoolのもので、今までより一ランク上のもの(価格差は僅か)で、ラバーが張ってあり使用感抜群!
 ビックリしたのは「カチカチ」というクリック音が聞こえないことです。静かでスムーズ!技術の進歩ですね。
 それと昔は無線の同期を実施したのですが、今はスイッチ・オンでオシマイ!
 電池の寿命も単3乾電池1本で1年以上です。(最大18ヶ月)
 的確にサクサクと動くようになりました。
 写真の整理やHP,ブログ管理等で利用頻度も高いので気分良く使えます。



 さて、平成もあと1ヶ月ですね。
 新たな元号も週明けに発表されるとか・・・

 最近は新元号へ向けた報道が一気に増えていますね。
 「平成の出来事」だとか特集番組が多いようです。(TVあまり見ないですが)
 気になったのは、元号改正におけるお役所の仕事に関してです。

 民間でも和暦と西暦の併用はありますが、西暦に一本化する企業も増えているとか。
 お役所は抜けられないようですが、問題は元号が変わるたびに膨大な業務が発生することです。
 大量のゴム印作成、オンライン・オフラインでのデータの訂正や加筆・・・
 これらの作業に職員を投入し、短期的ながら時間外や臨時職員の人件費も増大しますね。
 更にシステムの修正なども管理業者に委託しなければなりません。

 文書は西暦と併記するものもありますが、自治体の多くは和暦中心ですね。
 昭和から平成になった時は突然でしたから、印刷屋さんやハンコ屋さんはパニックになりました。
 今回は1ヶ月の余裕があるとは言え、パニックには違いないでしょう。
 情報ではプリント用の紙需要が突然増えるので、供給が追いつかないそうです。
 今はデジタル化で「ペーパーレス化」も進んでいるため、需要が急増すると紙不足が起きるとか。

 s-Ca-20190323-124854-0.jpg
 (人間の社会ってめんどくさいニャア)

 これらを考えると、膨大な時間とコストが何とももったいないと思うわけです。
 例えば、和暦と西暦を併記し、急に元号が変わっても次の印刷までは使ってもらうとか
 何らかの手法も考えたらいいのでは? すぐ訂正しないと「混乱する」との意見はわかりますが、
 役所の業務の場合は貴重な税金を使いますから、手立てを考えたほうが良いと思ったわけです。
 どう考えても手間と時間とお金がもったいないはずです。

 日本のお役所って世界でも一番融通が効かない組織かもしれませんね。
 過去のやり方を踏襲するのが「オキテ」みたいなところがありますから。
 責任者も無難に役目を終えるためには、大きな変革は好まない・・・
 平成の30年間に、世界から大きな遅れをとったのも、そんな仕事のやり方があったからかも??
 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という言葉は、すでに神話になったのでしょうか。

 一部に限定すれば「改元で儲ける」業者もいるでしょうが、全国で何億・何十億という金額が
  元号訂正のために消費されるのは壮大な無駄にも思えます。
 生活困窮者がどんどん増えている時代、「国民のため」に血税を使って欲しいですね。

 和暦を残していくのは賛成ですが、業務の進め方は工夫すべきだと思うわけです。
 色んな意見もありますが、借金が膨らみ続ける日本の財政ですから、
  一度考えて欲しいなぁと思ったわけです。

 ※ちなみに、平成が終わるのは4月30日になりますね。^_^;

  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

街の様子と撮影のマナー  


 s-i8-20181213-065039-0.jpg
 朝は太陽が綺麗で、青空も広がったりするんですが安定しません。 (日の出は現在 06:40 頃です)
 まだ寒気の中から抜け出せない状態かもしれませんね。


 12月も半分が終わろうとしていますが、イマイチ年末の実感も薄い野付ウシです。

 昨日、徒歩にて街をブラリと歩いてきました。(途中で喫茶店でのんびり)

 いつものように中心商店街は閑散として、「ほぼ」人の姿が無いに等しい状況です。
 この「いつものように」が寂しい限りです。

 駅横にあるかつての東急デパートですが、今は一部市役所が使い残りはテナントが入っています。
 そこに例年は小ぶりながらもクリスマスのイルミネーションがあるのですが・・・
 今年は見当たりませんでした。 アララ、寂しいなぁ~!
 現在は両脇で工事が行われていることも関係あるんでしょうかねぇ。
 
 旧市役所跡地に立つ日赤北見病院のロビーには、例年クリスマスツリーがお目見えします。
 帰り際に見てみたら・・・今年もありました。 でも大きなガラスの内側にはブラインドが...
 夜になったらブラインドが上がるのかなぁ・・・と。

 そして毎年見ている企業のショーウィンドゥは、今年もイルミネーションはあるのかな?
 帰りに通って見たら・・・いつもの楽しいイルミネーションは無く、ツリーらしいものだけ。。。節約?

 地方都市とは言え、ちょっと寂しい街の中です。(ほんの一部しか歩いてませんが)
 あとは、個人宅で毎年のように凝ったイルミネーションを飾り付けているのに期待!


 s-i8-20181213-143627-0.jpg
 街から戻る途中で振り返ったら、まだ午後の3時前なのに夕暮れのような空模様。

 s-i8-20181213-143623-0.jpg
 すぐ横にあった小学校のグランドをパチリ・・・冬は子供たちのはしゃぐ声もなく、シンと静まり返っていました。
 日が傾くと本当に寒々しい雰囲気になりますね。

 この時期はネタ不足なので、通りがかりの画像にてご勘弁を。



 
 さて、話はニュースな話題についてですが・・・

 今年の一文字は『災』となりましたね。 本当に災害の多い年でしたから、なるほどでした。
 これから温暖化の影響もあって、増えていく可能性もあるんでしょうね。
 一旦狂った環境はおいそれと戻らないのでしょうね。
 温暖化の努力は先進国では日本が最下位? なんて記事も見かけました。

 TVやWebで気になったのは、カメラマンたちの撮影マナーの件です。
 ご存知 『神戸ルミナリエ』 での驚きの出来事・・・
 
 阪神大震災の後に被災者の心に安らぎを・・・との意味も込めて始まったもの。
 そのイルミネーションの会場で水を持ち込んで撒き散らし、そこに映ったイルミネーションを撮影!!
 何という恥知らずな連中でしょうか、さすがに怒りがこみあげてきます。
 そのイルミネーションの経緯を知らなかったとしても、やってはいけないことですね。
 許可も得ずに勝手に水を撒き散らすことだけでもアウトなのに、被災者の心をも踏みにじる行為です。
  自分たちの欲求を満たすためにだけ行動することには憤りを感じますね。

 ニュースで使われた画像では10人ほどの人が、カメラを低く構えて映り込んだものを撮影しています。
 複数で計画したのか、便乗してカメラを構えただけなのか、わかりませんが・・・
 最近話題が途切れていますが、 『マナー無視をする撮り鉄』 を思い起こします。
 (マナーを無視する輩は「撮り鉄」では無い!と言われますね)
 
 この1-2年で「インスタ映え」とか、Youtubでの閲覧数稼ぎのために、無謀な撮影も話題ですね。
 完全にスマホの世界に取り込まれているようで、自制が利かなくなっているようです
 野付ウシの前後の世代でも、撮影に夢中になりすぎた人たちは少なくないようです。
 多くの観光地や名所と呼ばれる場所で、我が物顔で撮影をするのを見かけますね。

 今は「三脚禁止」の名所もありますが、三脚どころか脚立まで持ち込む人さえいるようです。
 こういう人を注意すると、間違いなく逆ギレされますね。 そういう人がやるんですから。

 公的場所ですから神戸のルミナリエでも、いきなり排除するのもできないでしょう。
 わざわざ監視員まで置かなきゃならないとしたら、なんとも情けないことですね。

 日本全国に出没する可能性のある『マナー無視の撮影者』には
 なかなか打つ手がないのかもしれませんね。
 日本人も落ちたもんだなぁ~と思ってしまうのです。。。

 神戸ルミナリエは次の日曜までの開催ですが、残りは少なくとも変な邪魔が入らないことを祈ります。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top