FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

野付牛公園の年末  

 昨日も日中は+1度まで上がり、朝方薄っすらと降った雪が溶け、道路は濡れていました。
 今日からはまた真冬日に戻り、徐々に気温も下がるようです。
 現段階では元日の異常低温予想も少し変化して、-22度の予想から-17度くらいに変化しています。
 多分、前日くらいにならないと本当の予想は出来ないでしょうね。
 今の所、元日早朝に登山する予定なので、あまり冷えすぎないで欲しいですが・・・

 さて、雪は無くとも冬になると、めったに人の姿が見られない野付牛公園。
 ちょっと様子を見てきました。

 s-TG4_20201219_100042_0.jpg
 ①公園内の池は既に氷に覆われていて、薄く雪が載っています。
 ベンチの前がボート乗り場で、その先は池ですが、氷の上には足跡がたくさん・・・
 実はつい先日、近くの工業大学が何やら調査に来ていて、その時に付けた足跡のようです。
 
 s-K70_20201224_120130_0.jpg
 ②ひょうたん型の小さい方へ行ってみると...アララ、まだカモたちが残っていました。40-50羽はいますね。
 s-K70_20201224_120145_0.jpg
 ③凍った場所と水面が残る境目に、のんびりしていました。
 s-K70_20201224_120324_0.jpg
 ④これだけの数で食べるものは調達できるのか、不思議です。一時的に餌場に移動しているのでしょうかねぇ。
 
 s-Can_20201224_120351_0.jpg
 ⑤ひょうたん型の小さい方の池にも小型の中島があります。大きな樹木と薮のみですが、カモには隠れやすいのかな。
 s-K70_20201219_100319_0.jpg
 ⑥左側の黄色い部分は水が流れ込む場所。 そちらへ回り込んでみました。
 s-Can_20201224_120445_0.jpg
 ⑦少し手入れをしたようで、以前よりも湧き出る水の量が増えたように感じます。鉄分を含むため石が赤茶けていますね。
 s-TG4_20201219_100520_0.jpg
 ⑧ヒョウタンの首にあたる部分に太鼓橋があり、奥が大きな池です。 カモがいるのは画像左側の方になります。
 湧き水の量が増えたため、全面結氷しないのかな? それにしても、この数のカモが冬を越すことは無いと思いますがね。


 池を離れて林の中をブラブラしながら、反対側の方へ向かいました。
 この日は残念ながらエゾリスには会えませんでした。お昼寝中だったかもしれませんね。

 s-Can_20201224_121558_0.jpg
 ⑨ここは野付ウシが手入れする花園のすぐ前ですが、12月になってから大きな巣箱が設置されました。
 しっかりした造りですが、市が用意したものではないと思います。
 「自然のままにして手を出すな」みたいな表示をするくらいですからね。
 つい先ごろ、近くの人が巣箱の話しをしていましたので、その人(たち)が設置したと推測されます。
 s-K70_20201219_101334_0.jpg
 ⑩全部で6-7個だったと思いますが、かなり高い位置なので脚立程度では届かないくらい。
 まだ野鳥などは入っていませんが、来春には利用する野鳥やエゾリスがいるかもしれませんね。

 ちょっと楽しみが増えたとも思えます。
 大きな公園内の林ですが、どこまで人間が手を加えて良いものか...難しいところですね。
 今まで、さんざん人間の都合で自然に手を加えてきたわけです。
 危険だと巨木を切り倒したものの、その後の植林とかの動きも無いままです。

 今後の公園の維持管理についての「計画・展望」をきちんと示して欲しいなぁと思いました。


 さてさて...いつになれば、深い雪に埋もれるのでしょうか..年内は無理なようです。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



未だ雪の無い公園  

 昨日の北海道は雪の降ったところが多かったようです。
 当地も僅かながら雪は降っていましたが、薄っすらと白くなった程度で積雪としてはゼロです。
 朝の気温は-11度で、最高気温は-3度と「真冬日」となっています。

 真冬とは言え、公的なデータでは未だに積雪ゼロの状態です。
 元々は雪が少なく寒さは厳しいのが、この地方の特色でもありますが・・・

 そんな12月の裏手公園の様子から・・・

 s-K70_20201210_094806_0.jpg
 ①池の表面は氷が張っていて、薄っすらと雪が載った状態になっています。稀に散歩する人がいる程度・・・
 s-K70_20201208_110831_0.jpg
 ②奥に太鼓橋のようなものが見えますが、あの向こう側の小さな池は橋の下で繋がっています。(ひょうたん型) 
 s-K70_20201210_095055_0.jpg
 ③その小さな池の奥に水が湧き出る場所があるため(右奥黄色い場所)、その周辺はまだ氷が張っていません。
 その周辺には40-50羽のカモがまだ残っていました。
 s-K70_20201208_111209_0.jpg
 ④ちょうど氷が張る境目あたりにカモたちは集まっています。 ほとんどがカルガモとマガモです。
 s-K70_20201208_111252_0.jpg
 ⑤エッチラオッチラと氷の上を歩いているカモもいますが、すぐ目の前は水面が出ていますね。

 全部は数えられないのですが、少なくとも40羽は超えていました。
 まだ草などもあり、少しは池の中の水草も食べられるとは思いますが、エサ不足では無いんでしょうか。。。?

 s-K70_20201210_095037_0.jpg
 ⑥多くは水面近くの氷の上でジッとうずくまるようにして、ほとんど動きはありません。 (時間は午前10時前)
 s-K70_20201210_095021_0.jpg
 ⑦少し気温が上がるまで待っているのかなぁ・・・
 s-K70_20201208_111426_0.jpg
 ⑧小さな島があるのですが、その島によりそうように数羽のカモも見られました。
 s-K70_20201208_111522_0.jpg
 ⑨ちょうど境目あたりにいるのは、イザと言う時に水の中へ逃げられるからでしょうか。
 s-K70_20201208_111545_0.jpg
 ⑩右のカモの足元には氷があるようですが、左は完全に水に浮いてますね。
 s-K70_20201208_111558_0.jpg
 ⑪少し近寄ってみると」...スススーっと水の中に入って、野付ウシとの距離を置くようにしました。
 なるほど、思ったとおりだったようです。
 
 寒さがもっと厳しくなると、水の流れ込む場所も完全に凍ってしまいます。
 そうなると、さすがにカモたちも、この場を離れることになり、春までは凍らない湖などへ移動するようです。
 もう少しで、全ての水鳥はいなくなるはずです。

 手が冷たくなってきたので、公園を抜けて戻ることに。
 s-K70_20201208_112441_0.jpg
 ⑫モミジなどの落葉は既にベタベタになり、地面の一部になりつつあります。
 s-K70_20201208_112322_0.jpg
 ⑬こうして残っている分厚い葉は、カシワとミズナラの葉です。その奥に住宅が見えていますが、野付ウシの家もすぐ近くです。

 ここを抜けて自宅へ向かっていると・・・またしても「エゾリス」が出てきました。

 そのエゾリスは次回に掲載します。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

寒々しい野付牛公園  

 紅葉も終わり、一旦は雪も降り、既にシーズンオフとなった野付牛公園。
 そんな公園の様子から・・・

 s-Can_20201117113833_0.jpg
 ①一旦降った雪は既に消えていて、池もまだ凍ってはいません。
 s-K70_20201117113913_0.jpg
 ②車から降りたら頭上の葉っぱが気になり、ズームしてみると葉っぱではなくプロペラ上のカエデの種でした。
 葉はすでに落ちて、種の部分が残ったようですが、徐々に落ちていくでしょう。
 s-K70_20201117114011_0.jpg
 ③葉が落ちて目立っていたのが、ヤドリギです。 こんなところに二つもあったのは気づきませんでした。
 s-K70_20201117114006_0.jpg
 ④赤いものがあるので、ズームしてみると赤い実でした。通常は黄色い実ですが赤は「アカミヤドリギ」という種類です。

 池には小さな中島がありますが、ソコにはたくさんのカモたちが休んでいました。(ほとんどカルガモです)
 s-K70_20201117113440_0.jpg
 ⑤水から上がって寝ているカモや、すぐ下の水に浮いたまま居眠り状態のカモも。
 s-K70_20201117113213_0.jpg
 ⑥昼時でしたので、お昼寝中?人間とは違いますよね。
 s-K70_20201117113345_0.jpg
 ⑦撮影していると、すぐ足元(陸の上)にカモがいました。距離はおよそ1メートルほど。
 s-K70_20201117113249_0.jpg
 ⑧更にすご横の岸辺(水の上)で浮いているカモも、距離は同じく1メートルほど。
 鴨の撮影はよくしていますが、ここまで近づいても逃げないのは珍しいです。

 s-K70_20201117113006_0.jpg
 ⑨ボート乗り場ですが、珍しく人が見えます。とっくに営業終了していて普段から人の姿は稀になっています。
 池の周辺のベンチを見ると、アチコチに学生さんが座っていて、みんなお弁当を食べていました。
 後でわかったのは、上の駐車場にバスが停まっていたので、どこかに用事があって出てきて公園で昼食にしたのでしょう。
 それにしても結構気温低くて、カメラ持つ手が冷え冷えでしたので、弁当食べていても寒かったでしょう。
 s-K70_20201117113229_0.jpg
 ⑩池の周りで目立っていたのは、真っ赤な実を付けたニシキギでした。葉は既に落ちています。

 年のためにと、道路を超えて「落葉の絨毯」で写真を大量に撮った場所を見てみました。
 s-Can_20201117113606_0.jpg
 ⑪一度雪が積り、その後に溶けましたが、ほとんどの落葉は色が抜けたようです。
 s-Can_20201117113532_0.jpg
 ⑫でも雰囲気は残っていて、最後に落ちた真っ赤な落葉は、まだ少し色が残っていました。

 やがて、全てくすんだ茶色になり、雪に覆われるでしょう。
 池の表面は氷で覆われ、カルガモたちも凍らない水辺を求めて移動します。

 春まではひっそりと静かになる『野付牛公園』です。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

上より下の葉が増える公園  

 昨日は曇のち雨の予報でしたが、朝も雨、一時止んだのも2時間ほどでまた雨に・・・
 外れが多い地域なので「またか...」で諦めていますが、山の帰りにびしょ濡れでした(笑)

 多くの行事などが中止の今年は、秋も仁頃山と野付牛公園が多く登場しています。
 今日も野付牛公園ですが、さすがに紅葉も終わりで、木の上よりも地面の葉が圧倒的に多くなりました。
 またもや同じような画像になりますが、ご勘弁を。m(_ _)m
 
 s-K70-20201024-141036-0.jpg
 ①車を降りてすぐの場所にあるモミジです。風の影響でしょうか樹木よりこちら側に落葉が集まっています。
 s-K70-20201024-141153-0.jpg
 ②池と車道の間にある土手の傾斜地にも、落葉が積もっています。
 s-K70-20201024-141311-0.jpg
 ③車道の方に上がります。奥の方に4名ほどグループ見えますが、公園の紅葉を楽しみに来たようです。
 s-K70-20201024-141356-0.jpg
 ④前の方に移動して最初の場所を振り返ったところです。
 s-K70-20201024-144902-0.jpg
 ⑤土手の上から落葉を撮ろうと下を見たら、女性が二人...実は偶然ですが「キノコの会」の会員でした。しばし歓談。

 s-K70-20201024-141500-0.jpg
 ⑥ピカイチのモミジがある場所を車道から見上げました。午後の陽射しが当たると綺麗なので、ここは午後に撮影です。
 s-K70-20201024-141807-0.jpg
 ⑦樹木が逆光で暗くなり、紅葉とのメリハリがつきます。
 s-Ca-20201024-141915-0.jpg
 ⑧この画像は予備で撮ったコンデジのものです。今のコンデジ画像はデジイチに負けないですよね。
 s-K70-20201024-142001-0.jpg
 ⑨モミジの方へ土手を登ってみます。かなり葉も落ちたようで、上下半々程度の状況でしょう。
 s-K70-20201024-142135-0.jpg
 ⑩もうピークも過ぎたことで、カメラを持った人もあまり来ないようです。


 s-K70-20201024-141601-0.jpg
 ⑪一旦、下まで降りて野付ウシお気に入りの緩やかな上り坂の入り口へ。
 s-K70-20201024-144726-0.jpg
 ⑫落葉が積もった後の景色がとても気に入っていますが、もう少し増えた頃がベストでしょう。
 s-K70-20201024-144358-0.jpg
 ⑬傾斜になっている両方から下を見下ろすように撮ってみました。
 s-K70-20201024-144316-0.jpg
 ⑭反対側からの眺めです。落葉だらけになり、午後の陽射しが入る時間が一番綺麗だな、と思っています。

 s-K70-20201024-143902-0.jpg
 ⑮中程に戻り、中央付近の紅葉の最後の姿を撮っておきましょう。
 s-Ca-20201024-144110-0.jpg
 ⑯少し手前からその紅葉を撮ったもの(コンデジ)。
 s-K70-20201024-143908-0.jpg
 ⑰西日が当たる光景は素晴らしいものがあります。 
 s-K70-20201024-142322-0.jpg
 ⑱親子で下を見ながら歩いていますが...綺麗な落葉でも探しているかな?
 s-K70-20201024-143539-0.jpg
 ⑲この場所も落葉の量が増えました。 
 s-K70-20201024-143331-0.jpg
 ⑳ここは朝の少しの時間と、午後の少しの時間だけ日が当たります。

 s-K70-20201024-143414-0.jpg
 ㉑この姿は今年最後になるでしょう。急速に葉が落ちてきました。
 
 樹木に鮮やかな葉が多く残るのは、公園の中央付近にはなくなりました。
 残るは...一番端にあるモミジだけになるでしょう。 追って掲載予定です。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

遊歩道も晩秋へ  

 昨日も落ち着かないお天気で、昼前まで雨でしたが、その後は一気に晴れへ・・・
 ところが一分に晴れ間を残した状態で、急にザァ~っと雨が降ったりしてコロコロ変わりました。
 最高気温は12度と少々寒い感じの気温でした。

 このところは仁頃山と野付牛公園ばかりでしたが、久しぶりに遊歩道を一回りしてきました。
 多くの樹の実は既に終わっていて、木の葉&草の葉の色付きも終わる寸前です。
 ※また画像多いです。
 
 s-K70-20201025-102240-0.jpg
 ①JR高架下の遊歩道から...街路樹はイチョウ、ナナカマド、エゾヤマザクラが多く、ピークの状態でした。
 s-K70-20201025-tsuruume-0.jpg
 ②遊歩道脇の個人宅にあった大きな「ツルウメモドキ」の木(弦)です。 たくさんリースが作れそうですね。
 s-K70-20201025-102842-0.jpg
 ③一本南側にある遊歩道ですが、ナナカマドの葉も実もドッサリ残っていました。
 s-K70-20201025-102934-0.jpg
 ④空は秋らしい雲が流れています。 
 s-K70-20201025-103116-0.jpg
 ⑤「ヒメリンゴ」の実もたわわに実っていました。
 s-K70-20201025-103341-0.jpg
 ⑥今時期は上を見ても下を見ても、カラフルな葉だらけですね。

 s-K70-20201025-103444-0.jpg
 ⑦こちらは小さいながらも美味しそうに実った「エゾノコリンゴ」です。 霜に当たると甘みが出ます。
 s-K70-20201025-103533-0.jpg
 ⑧上の方は一分落葉してますが、この辺りで一番見事なモミジです。右手に栗の木がありますが栗は全部落ちたようです。
 s-K70-20201025-103638-0.jpg
 ⑨遊歩道脇には落ちた山桜やモミジの葉が積もっていました。
 s-K70-20201025-103951-0.jpg
 ⑩今時期はツツジの葉も見事に色づいています。
 s-K70-20201025-104235-0.jpg
 ⑪ツツジの種類や時期によって色合いも変化しています。 この色合いはちょっと珍しいですね。
 s-K70-20201025-104346-0.jpg
 ⑫一際「紅色」が濃いのは「ニシキギ」ですね。
 s-K70-20201025-104416-0.jpg
 ⑬ニシキギは枝にコルク質の翼があるので、すぐ見分けられます。 実も種も赤いです。

 s-K70-20201025-104448-0.jpg
 ⑭遊歩道をどんどん移動します。この辺りはミズナラの木の葉も多いですね。
 s-K70-20201025-104805-0.jpg
 ⑮これは強烈な色で、何枚か色飛びしてボツになりました。
 s-K70-20201025-105818-0.jpg
 ⑯季節を勘違いした「エゾムラサキツツジ」がたくさん咲いていました。(春のGW前後に咲きます)
 s-K70-20201025-105954-0.jpg
 ⑰車道を越えて反対側の遊歩道へ・・・銀杏と白樺などの落葉も増えています。
 s-K70-20201025-105913-0.jpg
 ⑱この落葉は嫌われ者ですね。

 s-K70-20201025-110352-0.jpg
 ⑲少し先にある生協ストアの裏手にある紅葉です。いつも見事に色付きます。
 s-K70-20201025-110434-0.jpg
 ⑳緑から順次染まっていく過程が全部あるような感じですね。
 s-K70-20201025-110644-0.jpg
 ㉑一回りして、またJR高架下の東寄りへ戻りました。
 s-K70-20201025-110918-0.jpg
 ㉒今年はナナカマドの実は豊作のようで、大きな房が凄く目立っていますね。
 s-K70-20201025-111457-0.jpg
 ㉓これもツツジ系の葉です。

 s-K70-20201025-111541-0.jpg
 ㉔出発点の方へ移動します。
 s-K70-20201025-111608-0.jpg
 ㉕これもツツジですが、染まり方が面白いです。
 s-K70-20201025-111841-0.jpg
 ㉖この樹木の裏手は新しく建ったマンションがあります。窓から綺麗な紅葉が見えるでしょうね。
 s-K70-20201025-112106-0.jpg
 ㉗こちらは小さな赤い粒がビッシリですが、「アズキナシ」です。葉が落ちても実が残るので目立ちますね。
 s-K70-20201025-112246-0.jpg
 ㉘「ツリバナ」ですが、既に多くが落ちてしまったようです。
 s-K70-20201025-hakumokuren-0.jpg
 ㉙ちょっとグロテスクな赤い実ですが、これは「ハクモクレン」の実です。赤い実が出る前もキモイ感じです。

 遊歩道沿いはとてもカラフルな秋でした。風や雨でどんどん葉も落ちて、間もなく景色も一変する時期です。
 寂しい遊歩道になります。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top