FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

慌てて桜巡り  

 既に記事でもお知らせの通り、5月6-7日は気温が上がりました。(上がり過ぎ)
 ほぼ満開の状態だった桜は、暑さと強風で散りはじめていました。
 そこで慌てて桜の多い場所を、車で見てまわりました。

 そんな状況での、桜のブログ上でのお花見です。

 市内の公園各所でも桜はたくさんあります。今回は市街地を除いた場所です。

 s-K70_20210506_123715_0.jpg
 ①毎年載せている「フラワーパラダイス」という郊外の公園です。山一つが花の公園であり、車で回れます(無料)
 s-K70_20210506_124457_0.jpg
 ②山肌の全体が花に覆われる場所です。(峰の裏側は雑木林です)
 s-K70_20210506_124843_0.jpg
 ③今回、残念だったのが「モクレン」と「ユキヤナギ」が開花していなかったことです。 (できればもう一度行こうかな)
 s-K70_20210506_125554_0.jpg
 ④山頂展望台から市街地を見たところ、街の後方にそびえる山が野付ウシが通う「仁頃山」です。
 s-K70_20210506_130141_0.jpg
 ⑤車で園内を回れますが、未舗装で一方通行。アチコチで停まって景色を眺めます。
 s-K70_20210506_130426_0.jpg
 ⑥桜は早く開花した一部が散りはじめていました。まさに満開の状態です。
 s-K70_20210506_130514_0.jpg
 ⑦最後の展望場所、おばちゃん三人が座っていたので「写生」かな?と思ったら、椅子持参でお弁当タイムでした。



 そこから車で戻ってくる途中にある、「信善光寺」という山裾の小さなお寺に寄りました。
 s-K70_20210506_131420_0.jpg
 ⑧到着前の道路で全景を撮影です。(手前は草地、後方の山は散策できます)
 s-K70_20210506_131705_0.jpg
 ⑨お寺横にある桜の老木が一番濃いピンクで、八重桜かと思えるほどです。(普通に一重の桜です)
 s-K70_20210506_132001_0.jpg
 ⑩正面入口横にある地蔵さん。
 s-s-K70_20210506_131922_0.jpg
 ⑪今回は中の撮影はしていませんが、開拓に関わった屯田兵の木製像が安置されています。



 そして三箇所目は市内高台にある墓地です。
 市内には大きな墓地が2箇所ありますが、そのうちの一つ「緑ヶ丘霊園」は桜の名所でもあります。
 s-K70_20210506_140554_0.jpg
 ⑫一方通行の道を登り高台へ向かう途中の、大きな桜の木です。
 s-K70_20210506_140830_0.jpg
 ⑬市内全体を見渡せる展望台からの眺め。 市内の西側が写っています。 下に豪華な桜の木が見えますが・・・
 s-K70_20210506_140857_0.jpg
 ⑭毎年のように撮影している見事な桜の木です。

 広い墓地内には他にも数箇所の桜が咲いていて、お墓参りは別にして花見に来る人も多いですね。

 5月6日に駆け足で回った桜の名所です。(同日で自宅裏手公園も回っています)

 桜の名所で、メインの場所がまだありますので、次回もお付き合いください。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

公園の桜ピークか  

 結果として、昨日の気温は26.7度でした。春を通り越して夏の気温ですね。
 3日前までは暖房必須でしたが、冷房ほしいほどの気温になりました。
 でも、実際は夏の空気感とは違うので、朝晩は冷やっとしますよ。

 我が家の裏の公園でも桜が満開となりました。
 途中で雪が降ったりしたので、少し長く持ったようです。
 昨日は夏日の中を他の場所でも、汗をふきふき桜を見てきました(笑)

 今回は裏手の公園での桜をメインに公開しますね。(GW中に撮影分)

 s-K70_20210502_095826_0.jpg
 ①公園内の池周辺を周りながら、アチコチ撮影したものです。
 s-K70_20210502_100453_0.jpg
 ②
 s-K70_20210502_101944_0.jpg
 ③
 s-K70_20210502_101953_0.jpg
 ④
 s-K70_20210504_112715_0.jpg
 ⑤エゾヤマザクラは、花が咲くと葉が出てきます。花の終わることは葉との共演ですね。


 s-K70_20210504_112823_0.jpg
 ⑥
 s-K70_20210504_112845_0.jpg
 ⑦
 s-K70_20210504_112946_0.jpg
 ⑧
 s-K70_20210506_100443_0.jpg
 ⑨色合いの違うものが複数混在していますが、エゾヤマザクラばかりです。 シメも花見に来ていました。


 s-K70_20210506_100458_0.jpg
 ⑩
 s-TG4_20210506_100921_0.jpg
 ⑪
 s-TG4_20210506_100344_0.jpg
 ⑫
 s-TG4_20210502_102046_0.jpg
 ⑬


 s-TG4_20210502_100146_0.jpg
 ⑭池の周りでは桜の他にはエゾムラサキツツジくらいしか、目立った花はみられません。
 s-TG4_20210506_094813_0.jpg
 ⑮ボート乗り場ですが、GW終わりの5日には少し利用者がいました。 そう言えばカルガモは姿を消しました。
 カモたちは子育てが終わった頃に、この池に戻って来ると思っています。


 s-TG4_20210506_084325_0.jpg
 ⑯けっこう古い桜の木もあり、その老木に咲く花がとても好きで、樹影を意図した構成が好きです。他はサムネにて。

 s-TG4_20210506_093221_0.jpg s-TG4_20210506_101908_0.jpg s-TG4_20210506_101923_0.jpg s-TG4_20210506_101935_0.jpg
 ⑰~⑳

 遅咲きの桜もあるので、もう暫くは桜も楽しめます。 公園や庭で見かける八重咲きの濃いピンクもそろそろですね。

 ちなみに、私が通う仁頃山や麓のダム周辺では、一部は咲いていますが、湖畔沿いの桜は
  種類も違うようで、5月中旬が見頃かと思われます。

 アチコチでたくさん撮影しますが、出番なしのものが圧倒的に多いようです(例年と同様ですね)。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

エゾエンゴサクの色違い  

 昨日も5月二度目の仁頃山へ行ってきました。(お天気悪く花を見に出るような雰囲気でもないため)
 30日に降った雪は、まだまだ残っていて春の雪としては溶けるのが異例な遅さです。
 陽射しが無いことと、気温が低いままだからでしょうね。

 ※久々に明日5月5日は、更新お休みとさせていただきます。m(_ _)m


 さて、GWは明日までですが、外出自粛などもあって、思うような休日を過ごせない人も多いかと。
 北海道もいきなり感染者2倍になったり、異様な増え方をしています。(札幌圏が急増です)
 蔓延防止の適用を申請するみたいな話ですよ、どうなりますやら・・・


 今日はちょいと手抜きになりますが、エゾエンゴサクも終わりに近づいていますので、
 そのエンゴサクの花の色合いについて、記事にしてみました。

 以前には葉の形の変異が多いと、画像を掲載してますが、今回は花の色合いです。


 s-K70_20210428_112022_0.jpg
 ①これが最も多いような(平均的な)花の色かと思います。
 s-K70_20210427_104939_2.jpg
 ②先日、旭川で見た群生の場所でも、多くはこのような色合いでした。

 s-TG4_20210428_112755_0.jpg
 ③中には紫により近い色合いの花もありますね。
 s-TG4_20210428_112326_0.jpg
 ④これは紫の花とも言えそうです。筒の部分は白っぽいですけどね。
 s-TG4_20210428_112731_0.jpg
 ⑤そして、これは白に近いブルーとも言える色になります。このタイプは、それなりに見つかります。

 s-TG4_20210428_112120_0.jpg
 ⑥更に白の割合が多いような花ですね。
 s-TG4_20210428_112145_0.jpg
 ⑦青色がもっと薄れてきています。
 s-TG4_20210428_112517_0.jpg
 ⑧これは淡いピンクのような色合いが筒の部分にでてますね。


 s-TG4_20210427_111903_0.jpg
 ⑨そして、これは完全に真っ白とも言える雰囲気です。 (ちょっとクリーム色もどきが入ってますが)
 
 野付ウシは春の時期には凄い数のエゾエンゴサクを撮影します(群生も含め)が、白は本当に少ないのです。
 葉の変異では葉が糸の用に細いものが、稀にしか出てこないですが、白花の比率はそれより低いでしょうね。
 それに、白に近い花の葉ですが、それぞれ異なっていますよね。


 今年も何とか見つけられました。この白が無いとメリハリがなくなるので、記事にしなかったでしょう。

 ※5月5日 明日は久々にお休みさせていただきま~す。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

水芭蕉群生  

 昨日は夕方まで雪がチラつく寒い一日で、日中の最高気温は2度でした。
 風もあって、まるで2月に戻ったかのような感じでした。
 前の日には22.8度まで気温が上がったのに、落差が多き過ぎですね。


 その「前の日4月24日」に行ったのが、網走(呼人)の水芭蕉群生地です。
 毎年のように訪れていますが、既にピークを過ぎようとしていました。(例年より早め?)
 網走市手前の国道39号線沿いの湿地で、我が家からだと車で50分ほどです。


 s-K70_20210424_101653_0.jpg
 ①指定の駐車場は無く、国道や横道沿いに停車して、湿地を歩いてみました。
 s-K70_20210424_101745_0.jpg
 ②毎年のように何箇所かで見ますが、きれいな花だなぁと思います。 今年はちょっと湿地の水も少なめかな?
 s-K70_20210424_102043_0.jpg
 ③国道の両側に延々と広がっていますが、特に「立入禁止」とかの表示もありません。
 s-K70_20210424_102117_0.jpg
 ④まぁ立て札を立てても、マナー違反者は出ますのでね。ロープが張られたりとかもありません。


 s-K70_20210424_102757_0.jpg
 ⑤一応、看板はありますが「子どもたちの世代へ残そう」という看板です。奥の線路をちょうど列車が通りました。
 s-K70_20210424_102855_0.jpg
 ⑥最初に見た場所から、国道の反対側へ移動して撮っています。
 s-K70_20210424_102912_0.jpg
 ⑦やはりこちらも湿地と言うほど水分が無い感じがしました。
 s-K70_20210424_103707_0.jpg
 ⑧雪が少なかった上に、雨も少なかったから? 葉の部分が傷んだものもありますが、芽が出た頃の寒さの影響かと。


 s-K70_20210424_103752_0.jpg
 ⑨すぐそばをJR石北線が通っています。先程の列車はココを通過した普通列車です。
 s-K70_20210424_103923_0.jpg
 ⑩線路を越えて奥の方へ行くと、また別な群落地があります。
 s-K70_20210424_105405_0.jpg
 ⑪こちらまで来る人は周辺をよく見ている人でしょうね。

 s-K70_20210424_104214_0.jpg
 ⑫雪や霜で葉や仏炎苞(白い苞)が焼けたようになっているものも少なくないです。
 s-TG4_20210424_104125_0.jpg
 ⑬その傷んだ部分をできるだけ避けて撮影します。
 s-TG4_20210424_104226_0.jpg
 ⑭仏炎苞に囲まれた中の黄色いトウモロコシみたいな部分が花になります。なぜかカタツムリがいました。
 s-TG4_20210424_104255_0.jpg
  ⑮1つの肉穂花序には数十から数百の小花があり、それらすべてが雄蕊(ゆうずい)と雌蕊(しずい)を持つ両性花です。
 s-TG4_20210424_102230_0.jpg
 ⑯最初は雌蕊だけが見え、やがて雄蕊が出て花粉を放出する開花システムで、イネ科などに似るようです。
   (説明の一部はWikipedia参照)


 車に戻る時に傍らにニョキッとでていたのは、山菜として野付ウシが採取する「ヨブスマソウ」でした。
 s-K70_20210424_105515_0.jpg
 ⑰こんな感じでアチコチにでますが、山菜として意識する人は少ないようです。 周りにあるのはバイケイソウです。

 北海道には多くの群生地がありますが、観光的に知られているのはほんの一部に限られています。
 今年の水芭蕉の「群生記事」は、これでオシマイになるかと。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

近所の春の花 続編  

 先日、雪が降りましたが、今日も未明からミゾレ&雪の状態となっています。
 今日一日は降ったり止んだりで、日中の気温も3度前後で推移しそうです。
 昨日が22.8度にもなったのに、今日の雪ですからねぇ、変化有りすぎですよね。
 s-Can_20210425_062143_0.jpg サムネ (今朝の様子;まだ降り続いています)


 さて、一昨日に掲載した近所の春の花ですが、2日後の状況を続編として載せます。
 撮影の前日には雪が積りましたが、花たちは雪解けと同時に元気に咲いていました。

 
 s-K70_20210423_133932_0.jpg
 ①雪解けまえから咲いた「アカバナマンサク」ですが、ひょろ長い花弁が落ちはじめていました。花が終わる時期です。
 s-K70_20210423_134036_0.jpg
 ②その足元に増えていたのは、何度か登場している「キバナノアマナ」ですが、枯れ葉の下からどんどん顔をだしました。
 s-K70_20210423_134156_0.jpg
 ③すぐ近くではコブシの花「シデコブシ」が咲きだしそうな雰囲気になってきました。
 s-K70_20210423_134433_0.jpg
 ④近くの土手には少しながら、芝桜も咲き出したものがありました。
 s-K70_20210423_134418_0.jpg
 ⑤すぐ横にあったのは白い芝桜でした。 昨年は広大な芝桜公園は行かなかったので、今年は行くぞ!


 s-K70_20210423_140238_0.jpg
 ⑥野付牛公園の池越しの景色です。右奥にはエゾムラサキツツジ、中央と左側に赤みを差した樹木二本。
 s-K70_20210423_141119_0.jpg
 ⑦赤っぽいのは「カツラ」の小さな花の色でした(前回も登場)。 ※雌雄異株でこれは雄株の花です。
 s-K70_20210423_142728harunire_0.jpg
 ⑧すぐ近くで見つけたのは、「ハルニレ」の花ですが、これもわかりにくく目立たない花です。


 s-K70_20210423_140506_0.jpg
 ⑨池の周りがエゾムラサキツツジで賑わってきました。まだ全体の半分ほどでしょうか。
 s-K70_20210423_140457_0.jpg
 ⑩一部の場所限定ですが、白花である「シロバナトキワツツジ」も五分咲きになってきました。
 s-K70_20210423_141848_0.jpg
 ⑪日当たりの良い土手の上の方で群生していた「キジムシロ」の花です。ビタミンカラーがいっぱいですね。
 s-TG4_20210423_142219_0.jpg
 ⑫ソックリさんが多いので、葉の特徴を覚えると良いですね。つる状枝先は葉が三枚でその下に対で葉が1-2組付きます。


 s-K70_20210423_143453_0.jpg
 ⑬戻る途中で面白いものが落ちていました。カラマツ巨木の枝が風で落ちたようです。ちょうど花が付いていました。
 s-K70_20210423_143526_0.jpg
 ⑭とても美しいのは「雌花」で、これがカラマツのマツカサになります(右は古いマツカサ)。雄花は小さく目立ちません。
 s-K70_20210423_143615_0.jpg
 ⑮この時期の雌花は、非常に魅力的な形と色合いです。
 s-TG4_20210424_131327_0.jpg
 ⑯多くは樹木の高い場所に付くことが多く、あまり目にしませんね。 絶妙の色合いだと思いません?

 s-TG4_20210424_130914_0.jpg
 ⑰アチコチ見比べて、比較的蕾が膨らんだ桜の花芽を撮影。既に紅色の花弁が見えそうな状態でした。
 今日は寒くて雪の状態ですが、この後の気温や陽射し次第で開花が決まるのでしょうね。
 月末~月初めも寒い日々が続きそうな予報ですから、見当がつきません。


 おまけの画像・・・
 s-TG4_20210423_125316_0.jpg
 野付ウシが採取してきた春の山菜。昨夜のご飯のおかずで天ぷらとお浸しで頂きました。
 左は「ハンゴンソウ」、中央はヨモギ、右は「ヨブスマソウ」です。ヨモギは天ぷら用に近所で少し採取です。
 ハンゴンソウやヨブスマソウはちょっとした山では、ウジャウジャと生えてきますよ。  
 旬の時に2-3度いただくのですが、美味しいですよぉー!!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。

 ◆午前中は山歩きなどで不在が多いため、前日夜のリコメが遅れがちになります。

 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

▲Page top