FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

「音更山」登山 続編  

 イマイチはっきりしない台風(or台風崩れの低気圧)の影響が出そうな週末になるとか。
 凶暴な台風でなくても、雨雲の状況次第では豪雨とかの可能性もありますね。
 不安定な秋の空...昨日の予報は「秋晴れ!」のはずでしたが、朝に一瞬晴れただけでドンヨリ曇りでした。


 さて、山歩きの「音更山」続編になります。
 色んな地図や登山データがありますが、今回の「縦走ルート」は思ったより凄かったですね。
 距離感は事前にわかりましたが、立体的な感覚でみられなかったので、ドッと疲れた感じです。
 それでは、十国峠からの縦走ルートがスタートです。

 00s-K70-20200920-074729-0.jpg
 ①十国峠の目の前にある「ユニ石狩岳 1,756m)」にみを目指す登山者もけっこういますが、今回は「見るだけ」で先へ。
 01s-TG4-20200920-081919-0.jpg
 ②目指すは「音更山 1,932m」ですが、ずーっと山頂は見えないままです。矢印の裏側になるんです。遠いなぁ・・・
 02s-TG4-20200920-082403-0.jpg
 ③花らしきものはほとんど終わっているので、こういった木の実などを楽しむしかないですね。 ウマそうー!
 03s-K70-20200920-083444-0.jpg
 ④十国峠からのルートは、石狩岳、沼ノ原、化雲岳、トムラウシ・・・長大な縦走路へ繋がっています。
 一つ、二つと山を越えてきましたが、まだ大きな山が見えています...
 もう一つ大きな山を越え、一旦谷底まで降りてから、最後の急な傾斜を登ることになりますが...見るだけで辛そう。

 04s-TG4-20200920-083957-0.jpg
 ⑤下に降りた場所にある「ブヨ沼」はキャンプ指定地になっています。
 05s-TG4-20200920-084025-0.jpg
 ⑥ほんの数張り分しかスペースはないですね。下に下がった場所に水場があるようです。
 06s-K70-20200920-085249-0.jpg
 ⑦暫く笹をかき分けながら最後の山を越えますが、その全容が見えてくると気持ちが萎えそうになります。
 正面の山の急斜面の上に、ハイマツがあり、その中に細い道が見えていますね。「アレ登るの?」
 07s-TG4-20200920-090918-0.jpg
 ⑧その手前は登山道が見えません。笹の下に踏み跡は残っていますが、すっかり笹に覆われていました。
 重奏する人がどんどん減っているのでしょうね。(多分) 気をつけないと笹の中に木の枝などが隠れています。
 ビリビリッと音がしましたが...ざっくの左側のポケット大きく破れました。怪我しなくて良かったぁ~。

 08s-TG4-20200920-kuromamenoki-0.jpg
 ⑨今度は黒っぽい木の実ですが「クロマメノキ」? ジャムにしたらウマそうですね。(食べられます)
 09s-TG4-20200920-093358-0.jpg
 ⑩ハイマツの中をくぐり、最大の傾斜地を過ぎました。上が見えてきましたよ。
 10s-TG4-20200920-093559-0.jpg
 ⑪ウラシマツツジの紅葉がビッシリでした。この先の砂礫地にも広がっているようです。
 11s-TG4-20200920-094247-0.jpg
 ⑫ようやく本物の山頂が見えてきました。 残りは緩やかな岩場の登りですが、空が曇って気温が下がってきました。
 12s-TG4-20200920-095421-0.jpg
 ⑬こんな感じの岩場を歩きますが、どこが歩く道なの?? 濃い霧に覆われたら道がわからなくなりますね。
 途中からは鉄の杭が立っていましたが、ボーッとしていると道から逸れてしまいそうです。

 13s-K70-20200920-100147-0.jpg
 ⑭4時間15分で山頂に到着です。何となく殺風景な感じもします。文字が薄くなっていますが、標高 1,932mです。
 少し休憩してパンなど食べていましたが、風が出て寒くなってきたようです。
 14s-K70-20200920-100300-0.jpg
 ⑮大雪山旭岳方面の眺めですが、主峰は雲の中でした。
 15s-K70-20200920-100459-0.jpg
 ⑯石狩岳(1,967m)がすぐ奥に見えていて、そこからの縦走ルートも見えています。(一昨年9月に登頂)
 雲が広がっていて、景色はよく見えないので引き返すことにします。同じルートをたどります。
 16s-Ca-20200920-101602-0.jpg
 ⑰最後にもう一度山頂を、と振り返ったら...アララ、人の姿が見えます。この日初めて見た人間の姿です(笑)
 17s-Ca-20200920-101542-0.jpg
 ⑱石狩岳方面からの折返し登山者でしょう。3名でした。

 18s-Ca-20200920-104541-0.jpg
 ⑲また長い斜面を下り、登り返しを繰り返すことになります。 途中で振り返ると、やはり凄い傾斜の登山道ですね。

 二山、三山を越えて十国峠に戻りましたが、やはりユニ石狩岳は止めときました。

 19s-TG4-20200920-121710-0.jpg
 ⑳同じ道を淡々と下り、なだらかな笹の道を延々と歩いて登山口へ向かいます。

 12:50、無事に登山口へ戻りました。往復で7時間でしたが、距離の長い緩やかな笹の道はペースを上げています。
 普通に歩けば8時間はゆうに掛かったでしょうね。
 シュナイダールートで石狩岳分岐から音更山に登った方が、近いのはわかっていましたが、新たな道を行きたかった。
 それだけの理由でロングコースを往復したわけです。 今回の歩数は?37,000歩超でした。。。

 帰りは三国峠で一息入れてから帰宅しましたが、三国峠の駐車場は満杯状態でした。
 車も多いですが、バイクが凄く目に付きました。ツーリング日和でしたからね。

 長々とお付き合い、ありがとうございました。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

スポンサーサイト



「音更山」登山  

 日曜日(9/22)に東大雪の「音更山(おとふけやま) 1,932m」に登ってきました。
 実はこの山は一昨年に登った「石狩岳」のついでに登ろうと思っていた山なんです。
 急峻な登山道で知られる「シュナイダーコース」で登り、ヘロヘロになったため、音更山はパスしていました。
 前回と同じルートの方が少し近いのはわかっていましたが、ユニ石狩岳からの縦走ルートも見たくて...
  それで遠くキツイのも納得しながらの、ルート決定でした。(少し後悔しましたけどね)

 周辺Map
 まず、所在地ですが、左にトムラウシ、南にニペソツ、北には表大雪の山々があります。
 地図の左上の方面には旭川市があり、右上奥には野付ウシが住む北見市があります。
 自宅から2時間ほど走って、林道に入り更に12km走ったところが登山口です。(標高765m地点)

 s-ユニ・音更・石狩岳
 右下の「ユニ石狩岳登山口」からのスタートです。十国峠から左折して音更山へ向かうルートになります。
 なお、時間と体力の状態により「ユニ石狩岳」は判断することに。

 自宅を03:15に出て、現地には05:30到着・・・計算どおりです。
 駐車スペースは3-4台分しかなく、近くの路肩なども使うしかないですね。

 01s-TG4-20200920-055026-0.jpg
 ①05:45に入山届を記載してスタートです。笹刈りが終わったばかりのようですね。こんな道が延々と続きます。
 02s-TG4-20200920-055222-0.jpg
 ②足元でアチコチ生えていたのは「オシロイシメジ」で、一応は食べることができる種類です。
 03s-TG4-20200920-061119-0.jpg
 ③傾斜の緩やかな道が延々と続きます。ニペソツとかトムラウシもそうでした。
 04s-TG4-20200920-063225-0.jpg
 ④こんな標識とか「◯号目」の看板はほとんどなく、ピンクテープも稀にしかない状態でした。
 05s-TG4-20200920-064259-0.jpg
 ⑤少し傾斜がキツくなるあたりから、「ゴゼンタチバナの赤い実」がやたら多かったですね。
 06s-TG4-20200920-070743-0.jpg
 ⑥途中でチラッと遠くの山が見えますが、昨年登頂した「ニペソツ山」の姿でした。(右端がニペソツ山頂)

 07s-TG4-20200920-114633-0.jpg
 ⑦土と木の根が多く、時に岩がある斜面の道ですが、斜めのままで滑りやすい場所も多いですね。
 08s-TG4-20200920-tsuzuretake-0.jpg
 ⑧ん??キノコがありました。柄のザラザラなどから「ツヅレタケ」かと思いますが、食べられませんね。
 09s-K70-20200920-oobasunoki?-0
 ⑨急速に勾配がキツくなってきました。紅葉した葉の陰に黒い実が見えます。多分「オオバスノキ」かと。
 10s-K70-20200920-072030-0.jpg
 ⑩雰囲気が変わった感じで、十国峠も近いかな?と思ったのですが、まだまだ・・・
 11s-K70-20200920-072103-0.jpg
 ⑪左手遠くに見える山並みは、一昨年登った「石狩岳(1,967m)」と前後の山々です。

 12s-TG4-20200920-114452-0.jpg
 ⑫広い範囲に広がっていたのは、高山でよく見る「ミヤマハナゴケ」(地衣類)でした。
 13s-TG4-20200920-072456-1.jpg
 ⑬何度見ても面白いなぁ、と思います。地上のサンゴ草...そんな感じですよね。
 14s-TG4-20200920-072648-0.jpg
 ⑭いよいよ上が開けて見えるような感じですが・・・? いやいやまだ遠いんです。
 15s-TG4-20200920-072901-0.jpg
 ⑮右手前にドンと現れたのは、「ユニ石狩岳(1,756m)」です。 この先の十国峠が分岐点です。
 16s-K70-20200920-073049-0.jpg
 ⑯左後方の山も気になります。右のトンガリが「ニペソツ山」で、後方の横長の山が「ウペペサンケ山」です。

 17s-K70-20200920-073214-0.jpg
 ⑰バサバサっと音がしたので、上を見れば「アカゲラ」でした。すぐ奥にもう一羽いましたが、よく見えず。
 18s-TG4-20200920-073603-0.jpg
 ⑱高度も上がっていて、紅葉が目につくようになってきました。 いよいよ視界が開けるようです。
 19s-K70-20200920-074633-0.jpg
 ⑲ようやく辿り着いた十国峠(1,576m)です。ん?登山口から3時間半とか掛かるはずですが...2時間で来てしまった?
 先が長いので少しペースを落とさなきゃね。。。
 20s-K70-20200920-074722-0.jpg
 ⑳目の前に「ユニ石狩岳」が...ハイマツの中を縫うように道が見えています。 山頂まで登り1時間?本当?
 今回は見るだけにして、左側の「音更山」へ向かいます。 残りは3.3kmのようですが。
 21s-TG4-20200920-081204-0.jpg
 ㉑この辺からは真っ赤に染まった「ウラシマツツジ」が多くなるようです。

 今回は季節的に花はほぼ無いので、画像も少なくて済んでいます。
 よって、2回で完結させるようにしています。

 この先は次回に続きます・・・


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
野付牛・四季彩々(いろいろ) - にほんブログ村

ニペソツ山:余韻  

 今日は新たな記事更新をお休みします。

 過日に楽しんだ「ニペソツ山」登山時の未掲載画像の中から、「山の全容とナキウサギ」のみUPしておきます。
 (上2枚 1,280x853の大きめ画像、下の1枚は通常の800x533です)

 s-TG3-20190904-110649-0.jpg
 
 s-Ca-20190904-083026-1.jpg


 s-Ca-20190904-075909-0.jpg



  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ニペソツ山:山頂へ到達!  

 昨日は陽射しが強くて、ジリジリ感じるほどでした。(気温は28.6度まで上昇)
 この暑さの中で「北見地方きのこの会」ではキノコの採集会がありました。
 今日も別な会場で行われ、明日には展示会も行われ...慌ただしい週末です。
 日中は曇り空で気温は24度くらいですが、朝まで雨だったので蒸し暑く感じそうです。(-_-)


 さて、ニペソツ山登山の続きになります。 今日も画像多く長めです。m(_ _)m 適当に飛ばしてください。


 01s-Ca-20190904-080322-0.jpg
 さて、もうすぐ前天狗に到着します。ハイマツが広がる道を進みます。
 02s-TG3-20190904-080631-0.jpg
 樹木はハイマツくらいなので、色づくのはウラシマツツジくらいです。 真っ赤に岩場を染めていました。
 03s-TG3-20190904-081558-0.jpg
 08:15..ついに前天狗まで来ました。山頂まで2.5kmです。 後方の山に小さく人影が見えています。
 04s-Ca-20190904-081420-0.jpg
 40倍ズームで見ると、最初の展望地で追い越した山ガール3名+ガイドの一行でした。20分ほど差があるようです。
 05s-TG3-20190904-081758-0.jpg
 ここには小さなテントが一張ありました。看板の後に見えるのは「携帯トイレ回収ブース」で、後方に巨大なケルン。
06s-TG3-20190904-082222-0.jpg
 岩ゴロゴロの急な坂を降りて、再度急な坂道を登ります。その先に天狗岳とニペソツ山がそびえます。
 07s-TG3-20190904-082620-0.jpg
 岩ゴロゴロの道を降りて振り返ったところです。 
 08s-TG3-20190904-083140-0.jpg
 坂道を登ったところが天狗平です。 ここにも小さなテントが一張あり、ちょうど男性が出入りしていました。
 09s-TG3-20190904-083404-0.jpg
 ここから天狗岳の西斜面をトラバースして、一気に高度を下げてニペソツ山本体に取り付きます。
 11s-TG3-20190904-083412-0.jpg
 右手前方には「オプタテシケ山」がみえています。
 12s-TG3-20190904-084003-0.jpg
 後方から日差しがあり、野付ウシの影が長く伸びていました。
 13s-TG3-20190904-084302-0.jpg
 天狗岳をどんどん下っていきます。
 14s-TG3-20190904-084841-0.jpg
 天狗岳から降りてきた道を振り返ります。。。 帰りはこの登り返しがキツそうです。
 15s-TG3-20190904-084216-0.jpg
 ニペソツ山の登山ルートが筋になって見えていますね。中央左手を登り右側に巻いていきます。
 16s-TG3-20190904-085104-0.jpg
 一番下まで折りました。ここから残り1kmです。
 17s-TG3-20190904-091815-0.jpg
 中ほどまで登って振り返った風景です。 天狗岳の登山道の奥に天狗平、その奥に前天狗と続いています。
 18s-TG3-20190904-091830-0.jpg
 後半はガレ場を右に巻きながらトラバース。
 19s-TG3-20190904-093208-0.jpg
 いままで見えていなかった裏側に回り込みます。 山頂へのルートが見えました。
 20s-TG3-20190904-093223-0.jpg
 また後方を振り返ります。 淡々と歩いてきた割には厳しいルートですね。
 21s-Ca-20190904-092903-0.jpg
 最後の一踏ん張りです。右奥に山頂の標識も見えてきました。
 22s-Ca-20190904-092843-0.jpg
 ちょいとズームアップ。
 23s-TG3-20190904-093232-0.jpg
 反対側は切り立った崖で落ちたらアウトですね。 奥には糠平湖。
 24s-TG3-20190904-093315-0.jpg
 さぁ、山頂が右奥に見えてきました。あと数分です。


 25s-TG3-20190904-094145-0.jpg
 09:40 スタートからちょうど5時間でした。ニペソツ山 2,013mの山頂に立ちました。

 27s-TG3-20190904-094551-0.jpg 28s-TG3-20190904-094611-0.jpg 29s-TG3-20190904-094632-0.jpg 30s-TG3-20190904-094635-0.jpg
 南側に「ウペペサンケ」、西側に「オプタテシケ」、北側に「石狩岳、音更山」、その後方に「旭岳などの山々」。
 
 31s-TG3-20190904-094638-0.jpg 32s-Ca-20190904-094708-0.jpg 33s-Ca-20190904-094714-0.jpg
 北側に「トムラウシ」、東の彼方には「斜里岳&知床連山」まで、手前のボコボコは「クマネシリ」の山々です。

 26s-TG3-20190904-094454-0.jpg
 到着時は山頂独り占め~!(久々にタイマーで自撮り) そのうちに単独で2名、更に3名の山ガールたちも到着。

 34s-TG3-20190904-094725-0.jpg
 もう一度、歩いてきた山並みをじっくりと見直して・・・下山することに。
 35s-Ca-20190904-100255-0.jpg
 しばらく歩いて山頂をズームすると、山ガールたちが見えていました。
 36s-TG3-20190904-102503-0.jpg
 さて、キツイ登り返しがこれから繰り返されます。 でも思った以上に足取りは軽かったですよ。
 37s-TG3-20190904-103130-0.jpg
 途中の岩場では色鮮やかに真っ赤な紅葉!!
 38s-TG3-20190904-103143-0.jpg
 他に色づく植物は少ないようですね。 ハイマツが多い岩場でした。
 39s-Ca-20190904-104826-0.jpg
 天狗岳斜面を歩いて、天狗平に戻ってきました。
 40s-Ca-20190904-105123-0.jpg
 もう一度下って、岩場の坂道を登ることになります。 これも思ったほどキツくなかったです。
 41s-Ca-20190904-110600-0.jpg
 下る途中で振り返った眺め。
 42s-TG3-20190904-110948-0.jpg
 大岩のケルンが見えてきました。前天狗はもうすぐです。
 
 43s-TG3-20190904-112040-0.jpg
 最高の眺めとなる前天狗からのニペソツは見納めです。斜面をトラバースして崖を降りることになります。
 44s-Ca-20190904-112314-0.jpg
 ここでまたもや「ナキウサギ」発見! ズームしてシャッターを切ったら...ナッキーのオチリだけ写ってました(笑)

 45s-Ca-20190904-112611-0.jpg
 この斜面はとても綺麗で、眼下に見える山肌には紅葉も。
 46s-Ca-20190904-112522-0.jpg
 
  47s-Ca-20190904-115237-0.jpg
 ちょうど天狗のコルあたりでしょうか。 木々の色づきが見えていました。
 48s-Ca-20190904-112851-0.jpg

 49s-TG3-20190904-120608-0.jpg
 どんどん下って、最初に展望できた場所まで戻りました。
 50s-TG3-20190904-120620-0.jpg
 ここからは林の中をひたすら歩くことになり、展望はなくなります。 これが長いんですよねぇ・・・

 51s-TG3-20190904-133118-0.jpg
 泥だらけの道を抜けて、林道に辿り着きました。一旦左後方に戻って駐車場へ。
 52s-TG3-20190904-133229-0.jpg
 車は8台止まっていますが、朝の段階では4台でした。 正式な登山口は林道の下に2km下った場所です。

 朝、04:40スタートして、戻ったのは13:30でした。およそ9時間歩いたわけです。
 後でスマホの歩数計をみたら、36,000歩を超えていましたよ。
 
 なんとか無事に下山し、車で2時間をかけて帰宅しました。
 朝2時過ぎに出発し、帰宅は夕方4時でした。

 楽しかった「誕生日登山」でした。

 長々とお付き合い、ありがとうございます。

 今日、明日と行事も続くので、一日休憩しま~す! 



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ニペソツ山;憧れの山とナキウサギ編  

 北海道らしいお天気が少し続きましたが、雨雲が入ってきたようで、雲が入ってきました。
 金曜夜から土曜にかけて少し雨になりそうです。

 さて、日本200名山にも名を連ねる北海道の山で「東大雪」にあるニペソツ山(2,013m)。
 何故100名山に入らなかったのでしょうね? 人気度でもは抜群なのですが。
 この山はなんとか今年中に登っておきたかった山でした。
 天気が落ち着いた先日(9月4日)にチャレンジしてきました。

 とにかく長い...登山口からの距離が往復で25kmあり、後半での斜面もキツイんです。
 通常は登りで8時間、下りで5.5時間で、往復12~14時間が必要とされています。
 天気が悪く見通しが利かない状態なら、もっとかかる可能性があり、1泊2日で推奨されています。
 野付ウシのように日帰りの場合は、天気を確認してチャレンジできるのが利点ですね。

 さて、今回は花の画像はほとんどないですが、やはり画像が多めなので二回に分けます。
 トップにルート図を張っておきますね。登山口はR273(層雲峡と糠平湖を結ぶ道)の糠平湖寄りから入ります。

 s-ニペソツ時間配分図
 ※一昨年の豪雨で「十六の沢登山口」は使えなくなり、「幌加温泉コース」を昨年整備したものです。

 自宅を出たのは02:20でした。 登山口から奥へ林道2kmは悪路ながら車で侵入しました。(往復4km短縮)
 01s-TG3-20190904-044211-0.jpg
 薄暗いながらギリギリ見えるのでライトは使用せず。 気温2度でしたが薄い長袖のまま04:40にスタート。

 02s-TG3-20190904-044228-0.jpg
 空が明るくなってきて、5時過ぎに太陽が見えました。
03s-TG3-20190904-050355-0.jpg
 これから延々と針葉樹と笹の中を歩きます。
 04s-TG3-20190904-051352-0.jpg
 背丈を超える大きな笹は刈り払ってあり、助かりました。
 05s-TG3-20190904-132349-0.jpg
 ただ...泥だらけの場所が延々と続いていて、両脇もぬかるんだ状態でした。特に酷いのは最初の20-30分です。
 事前に情報も得ていたので、念入りに防水スプレーを掛け、膝下までの長めのゲーターを装着しました。

 07s-TG3-20190904-052032-0.jpg
 途中で小さな渓流を2-3箇所渡ります。 ポールと靴の下側を水で洗いました。
 06s-TG3-20190904-132356-0.jpg
 ぬかるんだ道はもう少し続きますが、徐々に水気が少なくなり、道路脇も歩ける場所が増えました。
 08s-TG3-20190904-053855-0.jpg
 スタートから1時間経過・・・山頂まで7.5kmです。
 09s-TG3-20190904-053905-0.jpg
 すぐ横に池が見えました。「三条沼」と呼ばれているようです。
 10s-TG3-20190904-055116-0.jpg
 いつまで経っても同じような雰囲気の道ばかりです。笹が刈ってあるので迷いませんが、飽きてきますね。
 11s-TG3-20190904-055155-0.jpg
 僅かながら左側の方に大きな山が見えています。登山口への道が閉鎖されたままの「ウペペサンケ山」(1,848m)です。

 12s-TG3-20190904-061531-0.jpg
 山頂まであと6kmあります。
 13s-TG3-20190904-064245-0.jpg
 2時間経過、ようやく松林が切れて空が広がりました。 色づいた樹の葉と「ウペペサンケ山」です。

 14s-TG3-20190904-064728-0.jpg
 ついに姿を現した「ニペソツ山」(左側)と天狗岳(右側)です。 「ニペどん」とか「ニペ様」等とも呼ばれていますね。
 ここで15分ほど前にスタートした女性3人グループを追い越します。(男性ガイドが同行していました)
 15s-TG3-20190904-065419-0.jpg
 遙か彼方に見えるのは左が「雄阿寒岳」、右手は「雌阿寒岳&阿寒富士」でした。
 16s-Ca-20190904-065639-0.jpg
 後方には「糠平湖」が広がっています。
 17s-Ca-20190904-065703-0.jpg
 そして台形状が特徴の「ウペペサンケ山」です。

 18s-TG3-20190904-070124-0.jpg
 さて、ニペソツが展望できたのはほんの僅かで、藪の中を通るうちに山は見えなくなります。
 19s-Ca-20190904-070233-0.jpg
 尾根道を歩くようになると、右手遠くに大雪山(旭岳周辺)が見えてきました。
 20s-Ca-20190904-070241-0.jpg
 手前には天狗のコルに連なる山、その先は昨年登った「石狩岳」です。
 21s-Ca-20190904-070319-0.jpg
 真ん中が「石狩岳(1,967m)」、右手は「音更山()1,932m)が続いています。
 22s-TG3-20190904-120620-0.jpg
 残り4.5kmですが、頭で考えるキロ数より相当に遠く感じました。上り坂も一層キツくなります。
 23s-TG3-20190904-071006-0.jpg
 ニペソツ山と天狗岳が近くに見えてきた感じがします。

 24s-TG3-20190904-071601-0.jpg
 ここで一旦下って沢に出ます。
 25s-TG3-20190904-071617-0.jpg
 今回初の花らしい花は「ミミコウモリ」でした。
 26s-TG3-20190904-071719-0.jpg
 沢の奥に進むと、画像では感じない相当に険しい山肌に突き当たりました。中央を登ることになります。
 
 27s-TG3-20190904-iwagikyo-0.jpg 28s-TG3-20190904-tsugazakura-0.jpg 29s-TG3-20190904-umebachiso-0.jpg 30s-TG3-20190904-miyamasenkyu-0.jpg
 急斜面には数種の花が残っています。「イワギキョウ」「ツガザクラの花後」「ウメバチソウ」「ミヤマセンキュウ」など。

 31s-TG3-20190904-073925-0.jpg
 岩と泥の上り坂で、ズルズルと滑って危険な状態です。
 
 32s-TG3-20190904-074157-0.jpg 33s-TG3-20190904-074221-0.jpg 34s-TG3-20190904-nagabakitaazami-0.jpg
 必死に捕まりながら撮ったのは「花後のアザミ」、「エンレイソウの実」「花後のナガバキタアザミ」のようです。

 35s-TG3-20190904-075524-0.jpg
 一気に高い場所に出ました。 残りは3kmです。(ホントかなぁ..ずいぶん遠くにニペソツがあるように感じるけど)
 36s-Ca-20190904-075532-0.jpg
 表大雪方面がよく見えるようになります。 中央左手に旭岳が見えます。 
 37s-Ca-20190904-075609-0.jpg
 天狗のコル部分のゴロゴロ石も見えてきました。

 38s-Ca-20190904-075715-0.jpg
 前天狗に出る最後の傾斜地を進みます。この周辺から特に見かける可愛いヤツは・・・ナッキーこと「ナキウサギ」です。
 39s-Ca-20190904-075939-0.jpg
 野付ウシは難聴なので鳴き声は聞こえませんでしたが、動くものが視界に入りました...いた!!ナッキーです。
 40s-Ca-20190904-075904-0.jpg
 ちょっとの間だけ見える場所を移動してくれたので、なんとか撮影に成功しました。初のナッキー撮影です。
 今回はコンデジのみと割り切ったのですが、偶然にも撮影できて良かったです。
 41s-Ca-20190904-080034-0.jpg
 この傾斜地は真っ赤に色づいた「ウラシマツツジ」がとても綺麗でした。

 42s-Ca-20190904-080248-0.jpg
 ついにニペソツ山の全容を見られる位置に辿り着きました! 3時間45分経過しています。(思ったより早かった)


 この先も距離の割には長いので、次回に掲載となります。m(_ _)m

 ※この日は野付ウシの誕生日でした。 ニペソツ山は『誕生日登山』となったわけです。^_^;



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、『こちら』にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top