FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

白滝天狗岳&有明山  

 日差しの多い秋らしい天気に戻りつつあるようです。
 でも、朝の気温が例年より相当高い予想になっていますね。
 こうなると綺麗に山が染まらない可能性も出てきます。

 さて、一昨日のことですが「北大雪」でも北の方に位置する「白滝天狗岳」に登ってきました。
 紅葉前の中途半端な季節ですが、天気の崩れも無いようなので決行!

 白滝天狗岳(1,553m)は「旭川ー紋別自動車道」の奥白滝ICで下りて10分ほどの場所。
 かつては「北大雪スキー場」で賑わっていたところです。
 1999年から営業休止、一時再開も3年ほどで停止となり現在に至っています。
 野付ウシも若い時は何度かスキーに行ってる場所ですが、登山は初です。

 今回は隣の山である「有明山(1,635m)」もついでに登りました。
 ※いつもながら画像多いんで、二回に分けさせてもらいます。 m(_ _)m

 朝、眠りが浅いまま3時前から眠れず、面倒なので3時15分起床!
 準備をして4時に自宅を出ます。 自動車道の工事区間があり6時前では一部通行止めで使えません。
 早く出た分、一つ手前のICで国道に下りて、現地へ向かいました。

 s-Ca-20180912-052354-0.jpg
 到着前の車載温度計の表示は『2度』でした。 (薄暗いのでブレてます)

 s-TG3-20180912-060039-0.jpg
 05:40登山口到着、かつてのスキー場「センターハウス」前です。 予想どおり誰もいません。 06:00出発です。

 s-TG3-20180912-061704-0.jpg
 スキー場の上部が見えていますが、上の方のリフトは「第三リフト」の下側です。 リフトに沿うように登ります。

 s-TG3-20180912-061906-0.jpg
 リフトに沿って登れば距離は近いのですが、笹と草に覆われ朝露で濡れてもいるので作業用林道を進みます。

 s-TG3-20180912-062411-0.jpg
 第二リフトまでは道路が続いているはず。 ジグザグ道路を歩くこと約30分、第四リフトの終点です。
 (第一リフトの近くに並行するように、山の裾にもう一本リフトがあるのです)

 s-TG3-20180912-063002-0.jpg
 リフト終点の設備の下で笹に隠れるように一枚の看板発見。 この山では少ない登山用の看板でした。

 s-TG3-20180912-063024-0.jpg
 林を突っ切ると、本来の第一リフト終点&第二リフト乗り場があります。 営業終了から9年・・・朽ちています。

 s-TG3-20180912-063123-0.jpg
 第二リフトの左側に開けた場所がありますが、その急な坂を登っていきます。(従来のスキーコース)

 s-TG3-20180912-063923-0.jpg
 第二リフトのすぐ上で車道は終わり、ジグを切りながらの登山道が続きます。 これがかなりキツイんですよね。

 s-TG3-20180912-063517-0.jpg s-TG3-20180912-064614-0.jpg s-TG3-20180912-064657-0.jpg s-TG3-20180912-065047-0.jpg
 一応、花も少しながら残っています。ヤマハハコ、ヨツバヒヨドリ、アキノキリンソウ、ハンゴンソウです。

 s-TG3-20180912-065606-0.jpg
 第二リフト終わる頃に、朝露と朝日にキラキラ輝く草の穂です。 (ススキではありませんでした)

 s-TG3-20180912-065816-0.jpg
 看板が倒れていますが、文字が無く何だったのかは不明。

 s-TG3-20180912-065819-0.jpg
 リフトの降り場が見えます。

 s-TG3-20180912-065850-0.jpg
 北側に見えている山は今年4月にスノーシューで登った「チトカニウシ山」です。 

 s-TG3-20180912-065901-0.jpg
 中央付近にリフト乗り換え場、ずっと下の左側にセンターハウスの屋根が見えています。

 s-Ca-20180912-065912-0.jpg
 一時間経過、朝ごはんにします。 登山口到着前にパンを食べました。 オニギリ食べ終わる頃に気づいて撮影。

 s-TG3-20180912-070657-0.jpg
 第二リフト降り場は前のほうの床板が抜け落ちていました。 アブナイ!

 s-TG3-20180912-070714-0.jpg
 第三リフトに沿って登山道は続きます。

 s-TG3-20180912-070912-0.jpg
 赤い花が・・・珍しい花? と思ったら、ただの「コウリンタンポポ」でした。
 s-TG3-20180912-071004-0.jpg

 s-TG3-20180912-071224-0.jpg
 第三リフトの後半はかなりキツイ上り坂になっています。 土と砂・石ころで滑ります。

 s-TG3-20180912-071945-0.jpg
 終点が見える頃に、スッと傾斜がゆるくなっていました。 ヤレヤレ暫くは急登は無くなります。

 s-TG3-20180912-072405-0.jpg
 下を回り込んでリフト終点の上へ。 この様子は「廃墟」というイメージでした。

 s-TG3-20180912-072421-0.jpg
 上に回り込むと、ここの床板は残っていました。 ソロリソロリと用心深く歩いて先端で眺望を楽しみます。

 s-TG3-20180912-072457-0.jpg
 ここから暫くは緩やかな道でハイマツの中を通ります。 一部に紅葉が見られました。

 s-TG3-20180912-072928-0.jpg
 ハイマツの中を少しあるくと大きな反射板らしきものが見えます。

 s-TG3-20180912-073008-0.jpg
 大きな反射板ですが、傷みもあって「コレ何?」という感じです。

 s-TG3-20180912-073104-0.jpg
 足元は岩場ですが、休憩にはちょうど良い場所ですね。 登山口から90分経過です。

 s-TG3-20180912-073312-0.jpg
 天狗岳の山頂が見えてきました。 山肌が少しだけ染まりかけています。

 s-TG3-20180912-073449-0.jpg
 反射板からすぐの場所に看板のポールだけが残っていました。 多分ここが「小天狗(1,313m)」でしょう。

 s-TG3-20180912-073822-0.jpg
 ハイマツの緩やかな道を進みます。

 s-TG3-20180912-073926-0.jpg
 一瞬、「霜か?」と思った白いものはコケの一種でした。

 s-TG3-20180912-073952-0.jpg
 何気に経っている「4km」の看板...何が4km? 多分登山口からの距離でしょう。

 s-TG3-20180912-074606-0.jpg
 登りがキツくなってきました。 「前天狗」が近いようです。

 s-TG3-20180912-074627-0.jpg
 「前天狗」に続く稜線が見えています。 (少し紅葉が進んでいる縦の線)

 s-TG3-20180912-074842-0.jpg
 最初「電光板」と読んだのですが、よく見たら「電光坂」でした。 標高差100mを一気に登る坂です。

 s-TG3-20180912-075532-0.jpg
 歩きづらくて急登な道です。

 s-TG3-20180912-075605-0.jpg
 キノコを見つけては立ち止まりゼーゼーハーハー。

 s-TG3-20180912-080358-0.jpg
 ようやく登りきり「前天狗」へ。 特に表示も無し。(戻りで気づいたら看板の棒だけ笹の中にありました)
 山頂が近くに見えるようになります。

 s-Ca-20180912-080456-0.jpg
 コンデジのズームで思い切り引っ張ってみると、山頂が右、左に祠が見えます。

 s-TG3-20180912-080523-0.jpg
 この山は方角から言って「屏風岳(1,793m)」かな?

 s-TG3-20180912-080615-0.jpg
 こちらは「支湧別岳」方面の山並みです。 (支湧別岳は現在林道通行止め)

 s-TG3-20180912-080710-0.jpg
 色づいた木々を見ながら、稜線をたどります。
 s-TG3-20180912-081015-0.jpg

 s-TG3-20180912-081200-0.jpg
 右側の方には「文三岳」、「比麻良山」などが見えます。

 s-TG3-20180912-081224-0.jpg
 色づきはあまり良くありません。 一部は霜にやられたのかチリチリになっていました。

 s-TG3-20180912-081349-0.jpg
 山頂したの傾斜も色づき初めています。

 s-TG3-20180912-081502-0.jpg
 このハイマツ道を過ぎると木の根と岩場の急登が待っています。

 s-TG3-20180912-081615-0.jpg
 山頂の右手にあるトンガリ山も綺麗に色づいています。

 s-TG3-20180912-082139-0.jpg
 ハシゴの岩場1つ目です。 鉄の太いチェーンを使ってますが、こんな重たいものよく運んだものです。

 s-TG3-20180912-082139-0.jpg
 さらに急な上り坂を進みます。

 s-TG3-20180912-082613-0.jpg
 山頂直下の岩場に二つ目のハシゴが。 下りが怖いですね。

 s-TG3-20180912-082727-0.jpg
 岩場を登り切ると祠と山頂が目の前です。

 s-TG3-20180912-082819-0.jpg
 この祠はどっちが正面? しっかり岩に埋められています。

 s-TG3-20180912-082950-0.jpg
 その先の岩場の狭い場所に「天狗岳山頂」標識がありました。(と言ってもただの棒ですが)
 10人も立てばアブナイほどの狭さで岩だらけ、三方は絶壁ですね。 
 08:30ですから、所要約2時間半でした。 標準が3時間ですからまぁまぁですね。

 s-TG3-20180912-082956-0.jpg
 ここで少し休憩をしてから、崖を下り前方に見える少し高い山「有明山」へ向かいます。

 ちなみに朝からずっと人にもクマにも会っていません。もしかしたら最後まで1人かも・・・

 次回へ繰越しです。 m(_ _)m



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top