FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

盛夏の緑岳へ-Ⅰ  

 昨日も30度で日差しが強烈でした。
 週末に砂利道往復で20kmも走ったので、土埃払いに水洗いしたのですが、
 日差しが強すぎて綺麗に拭く前に乾いてしまい、水垢みたいに残ってしまって...(*_*)

 今日も晴れで30度の予想です。 10時で29度超えてますので・・・
 仁頃山でも行こうと思ってましたが、急用があり登山はやめました。


 なんとか写真整理も落ち着いたので、27日(金)の大雪山『緑岳』の登山記録をUPします。
 一応、二回に分けますが、何れも画像多いので単独の花は基本的にサムネにしました。
 数えてみたら、登山中に撮った花の数は60種ほどありましたので、多すぎです。

 それでは、前半の「緑岳山頂まで」を進めていきますね。
 一日お休みして、31日に続きを掲載します!
 画像多すぎですので、適当にすっ飛ばしてくださいな。


 朝、2時過ぎに一度目覚めウツラウツラ..3時に起きて準備に。
 3:30には家をでました。 ガソリンぎりぎりなので、途中で給油して登山口へ。

 s-Ca-20180727-041829-0.jpg
 薄暗かった空も、既に明るくなっていました。 ドアミラーには昇る朝日が・・・

 s-TG3-20180727-053505-0.jpg
 登山口がある「高原温泉」へは国道から林道を10kmほど走った先にあります。 05:25頃到着です。
 準備をして 05:35には出発です。 果たして今日の体調は問題ないか?

 s-TG3-20180727-053959-0.jpg
 地下から噴煙が吹き出ています。 温泉が出るのもわかりますね。

 s-TG3-20180727-054311-0.jpg
 少し歩くと青空に山の姿も見えてきました。 (これから昇る山ではありません)

 s-TG3-20180727-054435-0.jpg
 山頂まで4.3kmですから、なんでもない距離ですが、キツイ場所も数箇所あります。

 s-TG3-20180727-054730-0.jpg s-TG3-20180727-055008-0.jpg s-TG3-20180727-055457-0.jpg s-TG3-20180727-055653-0.jpg
 すぐに迎えてくれた花たち。「ゴゼンタチバナ」、「エゾイチゲ」、「ミヤマタニタデ」、「コモチミミコウモリ」

 s-TG3-20180727-054930-0.jpg
 林の中から緑岳から連なる「高根ヶ原」が見えてきました。  途中の出っ張りは「平ヶ岳」かな?

 s-TG3-20180727-055604-0.jpg s-TG3-20180727-055739-0.jpg s-TG3-20180727-060111-0.jpg s-TG3-20180727-060832-0.jpg
 「エゾノヨツバムグラ」、「オオハナウド」、「ミゾホオズキ」、「コガネギク」

 s-TG3-20180727-060411-0.jpg
 35分経過で「見晴台」に出ます。 先程見た「高根ヶ原」が見えるだけで特別な変化は無し。

 s-TG3-20180727-061009-0.jpg
 登山口からすぐ、こんな状態の急な上り坂が延々と続きます。

 s-TG3-20180727-061352-0.jpg
 昨年の7/7に登った時は、このような場所はほとんど雪解け水が流れていました。 もうじき階段は終わります。

 s-TG3-20180727-061530-0.jpg
 一気に見通しが効く場所となり、目指す「緑岳」も目の前に。

 s-TG3-20180727-061541-0.jpg
 振り返ると...遠くには「ニペソツ山」や石狩岳などが見えています。

 s-TG3-20180727-061957-0.jpg s-TG3-20180727-062015-0.jpg s-TG3-20180727-062027-0.jpg s-TG3-20180727-062132-0.jpg
 「チングルマ」、「アオノツガザクラ」、「エゾコザクラ」、「ミヤマキンバイ」
 
 s-TG3-20180727-062112-0.jpg
 「第一花畑」に到着です。 昨年はすべて雪の下でした。

s-Ca-20180727-062214-0.jpg
 上の方は「チングルマ」の群生でしょうか。

 s-Ca-20180727-062236-0.jpg
 花畑を貫く木道が続きます。

 s-Ca-20180727-062246-0.jpg
 淡々と歩く野付ウシの影です。

 s-Ca-20180727-062259-0.jpg
 設計の先に緑だけが見えます。

 s-TG3-20180727-062330-0.jpg
 「キバナシャクナゲ」も木道脇に群生していました。

 s-TG3-20180727-062351-0.jpg s-TG3-20180727-062423-0.jpg s-TG3-20180727-062722-0.jpg s-TG3-20180727-062908-0.jpg
 「キバナシャクナゲ」と「ミヤマキンポウゲ」、「キバナシャクナゲ拡大」、「エゾノハクサンイチゲ」

 s-TG3-20180727-062751-0.jpg
 s-TG3-20180727-062740-0.jpg
 s-TG3-20180727-063904-0.jpg
 「エゾノツガザクラ」も群生して広がっていました。

 s-Ca-20180727-062748-0.jpg
 s-Ca-20180727-062755-0.jpg
 雪渓を横切ります。 残り少ない雪はすっかり固くなっていました。 波の模様が綺麗ですね。


 s-Ca-20180727-062821-0.jpg
 お花畑の群生は続きます。

 s-Ca-20180727-062946-0.jpg
 北大雪の方面へ目を向けると・・・表大雪との間は雲海となっています。 ニセイカウシュッペや武利岳などでしょうか。

 s-Ca-20180727-062952-0.jpg
 後方の山並みは先程と変わっていません。

 s-Ca-20180727-063031-0.jpg
 s-TG3-20180727-063023-0.jpg
 s-TG3-20180727-063601-0.jpg
 木道周辺も見事です。 チングルマやエゾコザクラがメインのようですね。

 s-TG3-20180727-063625-0.jpg
 登山口からちょうど一時間ほどで「第二花園」到着です。

 s-TG3-20180727-063807-0.jpg
 後ろを振り返ってみました。 昨年は第二花園も雪に埋まっていたっけ・・・

 s-Ca-20180727-064240-0.jpg s-TG3-20180727-064325-0.jpg s-TG3-20180727-064243-0.jpg s-TG3-20180727-065054-0.jpg
 「ウコンウツギ」、「ヨツバシオガマ」x2、「エゾイチゲ」

 
s-TG3-20180727-064416-0.jpg
 s-TG3-20180727-064440-0.jpg
 木道の終わり頃にはチングルマだらけ・・・

 s-TG3-20180727-064453-0.jpg
 次の雪渓は雪も残り少なく、アチコチに穴もあって雪が薄くなり危険な場所も。
 s-TG3-20180727-064837-0.jpg

 s-Ca-20180727-064401-0.jpg
 大きな穴に入り下側を覗いてみると・・・奥まで雪が解けていていつ落ちてもおかしくない状態でした。

 s-TG3-20180727-065756-0.jpg
 そろそろ7時です。お花畑が終わった辺りで、エネルギー補給。 豆パン登場! 今回は体調も良くお腹も減ります。

 s-TG3-20180727-065810-0.jpg
 雲海の先にある山々を眺めながら、オニギリも一個いただきま~す。


 s-TG3-20180727-070537-0.jpg
 石の壁を登ると、その先はハイマツの中を歩くことになります。 昨年は水が流れていました。


 s-TG3-20180727-070442-0.jpg s-TG3-20180727-070459-0.jpg s-TG3-20180727-071242-0.jpg s-TG3-20180727-070831-0.jpg
 「ウメバチソウ」、「ヤマハハコ」、「マルバシモツケ」、最後は「ミヤマセンキュウ」似ですが少し違う・・・
 葉の形が異なりますので、もしかすると「ミヤマウイキョウ」かもしれません。


 少し低くなった湿地を通ると、目立つ花がたくさん咲いていました。
 s-TG3-20180727-071310-0.jpg s-TG3-20180727-071439-0.jpg s-TG3-20180727-071422-0.jpg s-TG3-20180727-071824-0.jpg
 「チシマノキンバイソウ」、「バイケイソウ」x2、「メアカンキンバイ」
 
 s-TG3-20180727-072005-0.jpg s-TG3-20180727-071938-0.jpg s-TG3-20180727-072430-0.jpg s-TG3-20180727-072312-0.jpg
 「ハイオトギリ」x2、「ウスユキトウヒレン」x2


 s-TG3-20180727-073400-0.jpg
 1,700mあたりまで来ました。 ここからはジグザクの岩場歩きが山頂まで続きます。


 s-TG3-20180727-073410-0.jpg
 登りはそうでも無いですが、下りは相当慎重にしないと転倒・転落の危険がありますね。(忠別岳・トムラウシ方面)
 s-TG3-20180727-074137-0.jpg


 s-TG3-20180727-074142-0.jpg
 見下ろすと岩場よりハイマツが目立ちます。 緑岳と呼ばれる所以でしょうか。


 s-TG3-20180727-074248-0.jpg s-TG3-20180727-074405-0.jpg s-TG3-20180727-075952-0.jpg s-TG3-20180727-080832-0.jpg
 「イワブクロ」x2、「エゾイワツメクサ」、「コケモモ」


 s-TG3-20180727-081237-0.jpg s-TG3-20180727-081300-0.jpg s-TG3-20180727-081344-0.jpg s-TG3-20180727-081429-0.jpg
 黄色い花はこれからドッと増えてくる「チシマキンレイカ(タカネオミナエシ)」です。真ん中は「ヒメイワタデ」。


 s-TG3-20180727-081943-0.jpg
 山頂に到着です! この日は珍しく微風で暑かったですよ。 所要2時間40分ですから道草食った割に標準タイムです。
 正面には旭岳(後旭岳)と、右手に熊ヶ岳、右手前にはこれから行く「白雲岳」が見えてます。
 ここが2,020m地点になります。 緩やかに上り下りを経て白雲岳、小泉岳へ向かいます。


 長々とおつきあいありがとうございます。

 この先は次回(7/31)に掲載します。


  ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top