FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

沼めぐり:沼ノ平&当麻乗越  

 一昨日、昨日と青空が広がっていましたが、今日はドンヨリ曇り空で気温5度でした。
 明日いっぱいは青空が期待できないような予報です。

 このところ行事の合間をぬって、ジタバタと動き回っています。
 昨日は網走の広大なヒマワリ畑をみてきました。
 一昨日は大雪山旭岳の裏側に広がる沼めぐりへ・・・
 とりあえず、沼めぐりから記事をスタートしますね。
 似たような写真ばかりになりましたが、帰ってみれば500枚も!
 一応は全部チェックしますので、ドッと疲れました。(-_-;)

 例によって前半と後半に分けさせていただきます。

 9月25日(月)は少し遅めですが、5時起床で5時30分頃には家を出ました。(前回と同じ道路なので)

 s-TG3-20170925-061323-0.jpg
 朝は雲が広がっていましたが、青空も見えているまずまずの天候。日が昇り紅葉の山を照らします。

 s-TG3-20170925-064334-0.jpg
 石北峠を超え層雲峡に近づく頃には雲(霧)もとれてきたようです。

 s-TG3-20170925-064426-0.jpg
 層雲峡温泉街を通過します。紅葉が見頃ですね、帰りも楽しみです。

 s-TG3-20170925-070520-0.jpg
 上川の街外れで「愛山渓温泉」へ向けて左折します。この先は19kmほど狭い道を走ります。(舗装)

 s-TG3-20170925-072439-0.jpg
 9月1日に来たばかりですが、愛山渓温泉の登山口へ到着です。 所要2時間弱でした。
 ここでトイレを済ませます。(車の後方にある薄青い4つのボックスが仮設トイレ)

 s-TG3-20170925-072501-0.jpg
 大雪山全体のイラストですが、左下が愛山渓温泉で少し右手の湖沼群を回ります。

 s-TG3-20170925-073945-0.jpg
 前置きは終了です。m(_ _)m  07:40入山ポストに記入してスタートです。既に5時頃から5組ほど入山の様子。
 
 s-TG3-20170925-074439-0.jpg
 早速ながら泥だらけの道になります。9月1日の時より水気が多そう。

 s-TG3-20170925-074448-0.jpg
 だが野付ウシには「ゴム長靴」というツオイ見方があるのだ!! (途中で遭う人に羨ましがられる)
 
 s-TG3-20170925-074649-0.jpg
 登山道は秋まっ盛りで、とても良い雰囲気の中を歩きます。

 s-TG3-20170925-075902-0.jpg
 20分ほど歩くと、ひん曲がった鉄の橋を渡ります。

 s-TG3-20170925-080059-0.jpg
 分岐点まで来ました。ここで上下の写真の標識を見ると・・・キロ数が異なっていますね。(愛山渓までは同じ)
 s-TG3-20170925-080107-0.jpg
 実はこの二つの標識はすぐそばにあるのに、永山岳とか北鎮岳までの距離が1kmほど違う・・・当てにならないということです。

 今回は山手のコース『三十三曲(さんじゅうさんまがり)』へ入ります。
 s-TG3-20170925-080705-0.jpg
 階段やら石の坂道を登り、一気に高度を稼ぎます。

 s-TG3-20170925-081141-0.jpg
 途中でチラッと姿を見せたのは、前回登頂を諦めた「愛別岳」のようです。悔しぃ~!!

 s-TG3-20170925-081556-0.jpg
 登山口から1.5kmの標識です。 永山岳方面はまともな標識無かったのに、コッチはしっかり立っています。

 s-TG3-20170925-081604-0.jpg
 泥の多い階段やぬかるみを更に進みます。

 s-K70-20170925-082814-0.jpg
 チョロっと景色が見えました。 左に「愛別岳」、その右には前回通った「永山岳」だ見えます。

 s-TG3-20170925-082819-0.jpg
 45分経過...このあたりから石と水&泥の道になり、両側には2mを超える大きな笹です。

 s-TG3-20170925-084058-0.jpg
 道を補修するための木材が積まれています。 ほんとうにご苦労なことですね。歩きながら感謝です。

 s-TG3-20170925-084207-0.jpg
 大きな笹の次は背丈の高いハイマツ群です。 (背が低いからハイマツなんでしょ?) さっぱり周辺は見えません。

 s-TG3-20170925-084425-0.jpg
 またしても標識があります。分岐点ですが愛山渓からは通常90分かかるようですが、今回は64分でした...早い?

 s-TG3-20170925-084501-0.jpg
 この先は一気に見通しが良くなります。 木道の上を歩いて沼の方へ進みます。

 s-K70-20170925-084636-0.jpg
 ホヨヨ!視界が開けて正面に「当麻岳」の稜線が見えてきました。 最終的にはあの中腹まで行きます。

 s-TG3-20170925-084721-0.jpg s-TG3-20170925-084734-0.jpg s-TG3-20170925-084745-0.jpg
 木道の脇に白い実、赤い実、黒い実がありました。 ♫この実なんの実気になる実♪

 s-TG3-20170925-084806-0.jpg
 湖沼群は草地の中ですから、紅葉する樹木はありません。 地面を這うように少しだけ色づいた葉がありました。
 s-TG3-20170925-084838-0.jpg


 s-TG3-20170925-084858-0.jpg
 またまた標識です。沼ノ平まで400mです。かつては歩けた一ノ沼~四ノ沼方面は通行止めが続いています。

 s-K70-20170925-085356-0.jpg
 ホイッ、お疲れー! 湖沼群が見えてきました。 沼ノ平の看板があるのはもう少し先ですが・・・

 s-K70-20170925-085514-0.jpg
 ズームで見ていると、ずっと先を歩いている男女ペアを発見! 初めて人影を見ました。

 s-TG3-20170925-085517-0.jpg
 立派な木道が続きます。 ところどころ大きな鉄格子もあります。(どうやって運んだのかな?)

 ここからは青空と白い雲、そして大小様々な沼の競演です。
 
 s-TG3-20170925-085655-0.jpg

 s-K70-20170925-085753-0.jpg

 s-K70-20170925-085807-0.jpg

 s-K70-20170925-085902-0.jpg
 半月の沼、五ノ沼を見ながら木道を進みます。

 s-K70-20170925-090338-0.jpg

 s-K70-20170925-090347-0.jpg
 
 六ノ沼へは少し小高い道を通ります。 紅葉した低木が綺麗でした。
 s-K70-20170925-090435-0.jpg

 s-TG3-20170925-091224-0.jpg
 

 s-K70-20170925-091259-0.jpg
 歩いていると、正面に北海道の主峰である『旭岳』が顔を出しました。

 s-K70-20170925-091322-0.jpg
 振り返れば、当麻、永山の山と、左奥には愛別岳が見えます。
 ※この湖沼群周辺の標高はおよそ1400mほどの高さになります。


 s-K70-20170925-091531-0.jpg

 s-K70-20170925-091549-0.jpg

 s-K70-20170925-092333-0.jpg

 s-K70-20170925-092457-0.jpg
 前を見たり、後ろを見たり・・・この景色を見たくて来たのです。 六ノ沼(湖沼群)が広がっています。


 s-TG3-20170925-092512-0.jpg
 奥には旭岳の山頂付近が薄っすらと見えています。

 s-K70-20170925-092523-0.jpg
 六ノ沼の中心まで来ました。

 s-K70-20170925-092559-0.jpg
 左側の山の傾斜を9月1日に登ったのです。


 s-TG3-20170925-093236-0.jpg
 六ノ沼から展望のきく高台へ足を進めます。

 この頃には下界からどんどんガス(雲)が吹き上がっていました。
 青空は少しずつ見えなくなっていますが、風も強くなく問題ないでしょう。

 ・・・ということで、長くなるので一旦終わりまして、次回へ続きます。


※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top