FC2ブログ

野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

2017摩周岳(カムイヌプリ)  

 予報がどんどん変わり、登山の計画もどんどん延期・・・
 なんとか雨模様が収まったのですが、どうもイマイチ気が乗らない・・・

 でも、近くの山なら気軽に出掛けられますね。
 ということで、摩周湖からカムイヌプリ(857m)へ登ってきました。
 簡素な登山ですが、少々写真も多目ですので、よろしかったらおつきあいを!

 摩周湖第一展望台(標高546m)に到着後、準備をして 07:30 スタートです。
 駐車場から摩周湖に沿って反時計回りに歩を進めます。
 山頂まで7km超ありますが、本格的な登りは最後の数百メートルのみの初級な山です。

 (昨年は西別岳からの縦走でしたので、今年は摩周展望台からです)

 s-TG3-20170627-073825-1.jpg
 笹と低木の中を淡々と歩きます。 時折摩周湖が見渡せる場所を通ります。

 s-TG3-20170627-083605-0.jpg
 摩周湖の反対側は広~い平原が(ほとんど笹と白樺)が地平線まで広がります。

 s-TG3-20170627-080746-1.jpg
 途中から登山道脇に目立ってくるのが『エゾフウロ』です。ピークは過ぎています。
 s-Ca-20170727-101226-0.jpg


 s-TG3-20170627-084202-0.jpg
 お天気ですが、曇り一時晴れの状態です。風もなく快適でした。 摩周湖も穏やかで一部の湖面が鏡状態です。

 s-TG3-20170627-124645-0.jpg
 歩いても歩いても、こんな感じの緩やかなアップダウンの繰り返しです。 帰りがつまらないですね。

 s-TG3-20170627-084840-0.jpg
 1時間と少しで初めてまともな展望場所があります。青空があるうちは綺麗な景色です。

 s-TG3-20170627-085706-0.jpg
 右手前には昨年登山&摩周岳縦走で歩いた『西別岳』が見えます。

 s-TG3-20170627-085723-0.jpg
 そして左手には目的の『カムイヌプリ(摩周岳)』です。


 s-TG3-20170627-091826-0.jpg
 路脇に『ハクサンチドリ』がたくさん見られました。
 s-TG3-20170627-091852-0.jpg
 途中で1本だけですが、白っぽいハクサンチドリを発見! 珍しかぁーっ。
 s-TG3-20170627-092030-0.jpg
 ※ハクサンチドリは変異も多く花色も様々なものがあるとか..でも初めて見ました。


 s-TG3-20170627-092756-0.jpg
 道端で目立ったのは、圧倒的に多い『ゴゼンタチバナ』、時々あるのは『ツマトリソウ』でした。
 s-TG3-20170621-093045-0.jpg


 s-TG3-20170627-094620-0.jpg
 西別岳との分岐点からは山も間近に見えてきます。

 s-TG3-20170627-094635-0.jpg
 摩周湖から一旦離れて大きく深い噴火口の奥へ回り込むことになります。 (奥の崖の向こう側が摩周湖)

 s-TG3-20170627-094719-0.jpg
 低木の『エゾシモツケ』かと思います。


 s-TG3-20170627-095121-0.jpg
 ようやく開花が始まったと思われる『うつぼ』がアチコチで見られます。
 s-TG3-20170627-095132-0.jpg

 摩周岳本体の斜面に取り掛かります。
 s-TG3-20170627-095523-0.jpg
 急峻な岩壁に咲いていたのは『エゾツツジ』です。 ちょうど見頃かと思います。
 s-TG3-20170627-095550-0.jpg
 ここのすぐ下は数百メートルの崖です。


 s-TG3-20170627-095648-0.jpg
 山頂が間近に見える位置にきました。これからは尾根を離れて裏側へ回ります。

 s-TG3-20170627-100354-0.jpg
 この辺から目立ち始めるのが『ヨツバシオガマ』です。
 s-TG3-20170627-100345-0.jpg

 s-TG3-20170627-100405-0.jpg


 岩と土と木の根のつづら折りの坂を登って山頂へ。
 s-TG3-20170627-102140-0.jpg
 山頂のすぐ手前で見えてくる最初の景色です。 色が素晴らしい!

 s-TG3-20170627-102542-0.jpg
 10:25 カムイヌプリ(摩周岳)山頂へ到着です。標準的な所要時間でした。


 s-TG3-20170627-102202-0.jpg
 大きく深い噴火口の向こうに摩周湖が。左奥の方が出発点の第一展望台側です。

 s-TG3-20170627-102324-0.jpg
 狭い山頂のすぐ下には足がすくむような崖です。

 s-TG3-20170627-102335-0.jpg
 少し右側にはもう一つの峰(855m)も見えます。
 
 s-TG3-20170627-102359-0.jpg
 最初に見た摩周湖の澄んだコバルトブルーが見事。

 
 s-TG3-20170627-102309-0.jpg
 小さくて踏みつけそうになる『キクバクワガタ』が山頂でも見られました。
 s-TG3-20170627-101239-0.jpg


 s-Ca-20170727-101407-0.jpg
 崖の途中にあるヨツバシオガマにカラスアゲハが止まっています。


 s-TG3-20170627-102406-0.jpg
 ほとんど雪が消えた『斜里岳』は少しばかり霞んで見えます。昨年は秋に登りました。

 s-Ca-20170727-095339-0.jpg
 手前の高い方が雄阿寒岳、左後方の山が雌阿寒岳です。 いつ登ろうかな?

 オニギリを食べていると、やたら人懐こいお腹の出たおっちゃんが山頂に到着。
 話し好きで止まらない喋りが続きます。少しばかりおつきあい。。。

 下山開始です。少しずつ雲が広がってきたようです。
 
 s-Ca-20170727-101037-0.jpg
 「ミヤマオダマキ」はまだ元気なようです。

 s-Ca-20170727-101254-0.jpg
 岩場で開花目前のエゾツツジもありました。(少し日当たりが悪く遅咲き)

 s-Ca-20170727-130341-0.jpg
 振り返れば、山頂の岩場がドーンと迫ります。下から見ても狭い山頂なのがわかります。

 s-TG3-20170627-130017-0.jpg
 往路ではまだ花が開いていなかった『カラマツソウ』の白が目を引きます。

 s-TG3-20170627-121839-0.jpg
 そして『ヒオウギアヤメ』ですが、ここでは背丈の低いものが多いようです。

 s-TG3-20170627-092717-0.jpg
 同じような道をまた淡々と歩くことになります。

 s-TG3-20170627-120218-0.jpg
 登山道脇の低木で、小さな綿毛が大量に飛んでいましたが正体はコレでした。(何の木?)

  ブロとものsoraの風さん」が教えてくれました。『エゾノタカネヤナギ』です。  Thank you!!

 s-Ca-20170727-130323-0.jpg
 戻る途中の摩周湖です。曇り空になり摩周湖の色もドンヨリ。 奥に斜里岳が見えています。

 帰り道はさすがに退屈になりますね。
 往復でおよそ15kmあるいたことになります。

 駐車場へ戻ったのは13時を少し回っていました。
 今回は野付ウシにすると、少し遅めのペースだったかもしれません。

 雨模様で順延していた最初の夏山登山がとりあえず終わりました。
 さて、次は? 次々と候補が控えていますが・・・

 長々とおつきあいありがとうございます。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top